強い睡眠薬の種類と使用上の注意点について

薬味

強い睡眠薬は医師の正しい処方のもとで利用しなければなりません。

強い睡眠薬の多くは、何らかの副作用が伴うことがありえるとともに、強い睡眠薬が必要な場合には、背後に精神的な病気が潜んでいることもあるので、医師の見解に従って治療を行うことが重要と言えるためです。また、強い睡眠薬を探すという方法以外によって不眠症の改善が可能であれば、そのような方法によることが望ましいといえます。

本稿では強い睡眠薬の具体例や副作用、睡眠薬以外による不眠症の改善法などについてまとめています。

スポンサーリンク

眠れないとついつい頼ってしまう強い睡眠薬

眠い猫

現代のようなストレス社会では様々な理由から不眠症になってしまうことは、誰にでも起きうることです。

不眠症を解消するための手段として即効性がある方法としては、強い睡眠薬を利用するという方法があります。強い睡眠薬は、基本的には医師の処方によらなければ入手することができませんが、最近は市販でも強い睡眠薬は数多く販売されています。

また、インターネットなどで外国から通販で強い睡眠薬を購入することもできます。強い睡眠薬を利用すれば、スピーディーに不眠の悩みを解消することが可能となる一方で、様々な副作用をもたらす可能性があります。強い睡眠薬であるがゆえに、その効能とデメリットについてはしっかりと配慮して使用する必要があります。

強い睡眠薬の具体例

一般的に効果が強い睡眠薬として挙げられるものとしては以下のようなものがあります。

睡眠導入のために効果が期待できる強い睡眠薬

まず、入眠のため(睡眠導入のため)に役立つ、強い睡眠薬としては、例えばマイスリーと呼ばれる睡眠薬が強い睡眠薬として利用されます。

マイスリーは、フランスの製薬会社が開発し、日本でもかなり普及している強い睡眠薬です。マイスリーは、翌朝にも眠気が残ってしまうという問題点や依存性が残ってしまうという問題点を解決し、速やかに睡眠に誘うという睡眠薬であり、とても効果的な強い睡眠薬と言われます。

ただ、マイスリーの場合には、健忘・ふらつきなどの副作用が出るという報告もあり、完全に副作用がないわけではありません。厚生労働省も利用にあたっては注意することを呼びかけています。

その他、ハルシオンやレンドルミンといった睡眠薬が睡眠導入のためには効果がある強い睡眠薬として挙げられます。

深い睡眠に効果があるとされる強い睡眠薬

次に、深い睡眠効果を期待することができる強い睡眠薬として挙げられるのが、ヒルナミンという睡眠薬です。

ヒルナミンは脳の中枢に直接作用する非常に強い睡眠薬です。医師の指導のもとで投薬を受ける必要があります。また、酒類と同時に飲むことや車の運転をすることなどは避けなければなりません。

ヒルナミンは副作用として、血圧低下、筋肉のこわばり、手のふるえ、めまい、よだれ、いらだち、不安などの様々な副作用が起こる場合があると言われます。強い睡眠薬である分その副作用も大きなものが生じる可能性がありえます。その他にも強い睡眠薬としては、サイレースなどがあります。

睡眠薬の副作用への注意と睡眠薬以外による不眠症の改善

このように強い睡眠薬は現在、様々な睡眠障害の症状に対応して、次々に作られています。その効能も非常に強いものとなっています。しかし、上述しましたように、強い睡眠薬には同時に強い副作用もあります。

そのため、強い睡眠薬を使用する際には、医師の正しい処方のもとで利用することが重要です。特に、仕事で自動車の運転などをされる場合には、十分に注意して強い睡眠薬を利用しなければ大変な事故につながる恐れがあります。

強い睡眠薬が必要となる場合には、単に、不眠症だけではなく背後に強度のうつ病や統合失調症などの強い精神的な病気が隠れている可能性があります。そのため、単に強い睡眠薬に頼るだけでは問題の解決につながらない可能性もあります。その意味でも強い睡眠薬の投薬にあたっては、医師の診察を受け、背後の病気の改善も視野に入れて投薬を受けることが重要となります。

また、単に不眠症の程度が強いというだけであれば、強い睡眠薬を探すという方法以外にも不眠症を治す方法はありえます。例えば、朝、光をたっぷりと浴びるという生活リズムを作ることで体内時計のリズムを正しいものに戻し、不眠症を改善することにつながります。

強い睡眠薬にはそれだけの副作用の可能性があることを認識された上で、可能であれば強い睡眠薬以外の方法で不眠症が改善されれば、なお望ましいということができます。

自律神経にやさしい音楽
メンタル・フィジック
デラ (2007-07-25)
売り上げランキング: 357

まとめ:強い睡眠薬は必ず医師の指示のもと利用されてください

本文で述べましたことの再度の繰り返しとなりますが、強い睡眠薬は強力な睡眠効果があると同時に強い副作用をもたらす危険性があります。睡眠薬の種類によっては、正しく利用しなければ突然意識を失うなどしてしまい、日中の大変な事故につながる可能性などもあり得ます。

そのため、強い睡眠薬であればあるほど、医師の処方に従って正しく利用することが非常に重要となります。そして可能であれば、強い睡眠薬を利用するという方法以外の方法によって、不眠症の改善を図ることができれば望ましいということができます。

あまり強い睡眠薬に頼ることなく、不眠症の改善ができますことを願っています。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment