疲れすぎて眠れない原因と対策

疲労している男

疲れすぎて眠れないといった場合にはその原因は交感神経が活発化しすぎてしまっていることや体内時計のリズムが乱れてしまっていることなどが考えられます。疲れすぎて眠れないといった場合には、広い意味で生活の見直しをする機会として捉えることが大切と言えます。

スポンサーリンク

疲れすぎて眠れない

夜景

日常忙しく働いている私たちにとって、睡眠は大きな安らぎの時間でしょう。一日の疲れを取るために、睡眠はとても大切であり、疲労感があればなお一層よく眠ることが出来るのが一般的です。心地よい眠りのために適度な疲労感を得ることの重要性が強調されることもあります。

しかし、何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」という言葉があるように、度を越してしまうとかえって逆効果を及ぼします。睡眠についても同じことが言えます。つまり、疲れすぎて眠れないということが私たちの体ではよくあります。

例えば、1日、バリバリと仕事をして疲れているので、夜眠ろうとしても、疲れすぎて眠れないということもあります。このように疲れすぎて眠れないといった場合、その原因はどのような点にあるのでしょうか。

疲れすぎて眠れない時の原因

疲れすぎて眠れないといった場合には、その原因は主として2つの理由が考えられます。

交感神経が活発化したままであること

疲れすぎて眠れないといった場合、その原因としては、まず交感神経が活発化したままである可能性をあげることができます。交感神経は私たちの体で興奮や覚醒をつかさどります。この交感神経は過剰に仕事をしたりするなどして活発化しすぎてしまうと沈静化せずに、作用を続けます。その結果、夜になっても交感神経が働きすぎて疲れすぎて眠れないといった状況を引き起こすことになります。

この場合、疲れすぎて眠れないといった状況は、いわば、一時的な自律神経失調症の状態によるものということができます。

体内時計のリズムの乱れ

疲れすぎて眠れないといった場合、その原因として、体内時計のリズムが乱れてしまっている可能性も挙げることができます。

私たちの体は基本的に太陽の光とともに起き出して、日の入りに従って眠くなるというリズムを取っています。これを概日リズム(サーカディアンリズム)と呼びます。

しかし、仕事が忙しいなどの理由から生活のリズムが乱れてしまっている場合(例えば眠りに入る時間が深夜になりすぎてしまった場合など)には、このサーカディアンリズムが乱れ、いわゆる体内時計のリズムが乱れてしまいます。

その結果、夜になっても、また、体自体は疲れていても眠気がやってこないということになり、疲れすぎて眠れないという症状が出ることとなります。

疲れすぎて眠れない時には

疲れすぎて眠れない場合、まず、第一には交感神経の活発化という可能性を考えることができます。仕事をこなした達成感などが大きく残っていることはないでしょうか?このような場合には、疲れすぎて眠れないことの原因は交感神経が活発化しているという可能性が高いため、気持ちをリラックスさせることが大切です。

具体的にはカモミールティやホットミルクなどノンカフェイン・ノンアルコールで鎮静効果が高い飲み物を飲みながら気持ちを落ち着けましょう。また、軽度の睡眠導入剤を用意しておき、服用されることもよいでしょう。疲れすぎて眠れないといった場合には、これら気持ちをリラックスさせて副交感神経の働きを優位にすることを目指すことがポイントです。

一方で、疲れすぎて眠れない場合、生活の時間帯はどうでしょうか?最近、深夜まで起きている日が続いてはいないでしょうか?そのような場合には、体内時計の乱れから疲れすぎて眠れないといった症状となっている可能性があります。

体内時計の乱れから疲れすぎて眠れないといった状況にあることが考えられる場合には、
一度ご自身の生活リズムを見直してみることが大切です。中長期的に生活リズムの改善を計画することで次第に疲れすぎて眠れないといった状況は改善されていくことになります。

疲れすぎて眠れないという時には、交感神経が活発化している場合であっても、体内時計の乱れがある場合であっても、ご自身の生活を見直されるひとつのチャンスということができます。疲れすぎて眠れない場合、健康な生活に切り替えるためのひとつの体からのサインとして受け取ることが大切と言えます。

まとめ:疲れすぎて眠れない場合の原因と対処方法のまとめ

以上、本文で述べました、疲れすぎて眠れないという場合の原因と対処法のポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 疲れすぎて眠れない場合、その原因としては交感神経が活発化しすぎてしまい、体は疲れているのに眠れないということが考えられます。この場合にはノンカフェイン・ノンアルコールの飲み物を飲みつつ気持ちをリラックスさせるなどして副交感神経の働きを優位にすることが疲れすぎて眠れないといった状況を改善するためには効果的です。
  • 疲れすぎて眠れない場合には、原因として体内時計のリズムが乱れてしまっているという可能性も考えられます。体内時計のリズムの乱れは、生活時間帯が通常よりもずれてしまっているような場合にありえることです。このような場合には、中長期的に生活リズムの改善を計画されることが大切です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment