今年は父の日の由来に基づいたプレゼントを贈ろう!意外と知らない父の日の由来

父の日のプレゼントを持つ父

毎年6月の第3日曜日にくる「父の日」。毎年プレゼントについて悩まされる方も多いのではないでしょうか?

他の文化についても同じことが言えますが、文化の由来について理解することで、より深くその日を味わうことができるようになります。

本記事では、父の日の由来と現在までの変遷についてご紹介していきます。今年のプレゼントがまだ決まっていないという方は、是非本記事を参考にして、父の日の由来に基づいたプレゼントを贈ってみましょう。

スポンサーリンク

父の日の由来

父の日は、アメリカ合衆国ワシントン州に住んでいた「ジョン・ブルース・ドット夫人」の提唱から誕生しました。

ドット夫人の父、ウィリアム・ジャクソン・スマート氏は、1861〜1865年にアメリカ国内でおこった南北戦争に北軍の軍人として招集されました。

ドット夫人の母親は、父親が南北戦争に招集されている間、女手一つで男5人、女1人の6人兄妹を育てますが、その後過労によって亡くなってしまいます。

ドット夫人の父は、その後再婚もせず、戦後の大変な状況の中で懸命に働き、6人兄妹を育て上げ、全員成人させます。そして、末子であるドット夫人が成人した後、この世から去りました。

男手一つ、戦後の時代、6人兄妹という大変な状況の中、自分たちを育て上げてくれた父を讃えるために、ドット夫人が「父親の誕生日である6月」に父の日を作ろうと提唱し、それが現在の父の日に繋がっています。

父の日と母の日の関係

また、ドット夫人が「父の日」を提唱し、国によって制定されるまでには、母の日の影響がありました。

母の日は、1907年にアンナ・ジャービスという女性が提唱したことが由来です。アンナの母親は、南北戦争の間、敵味方問わずに負傷兵の治療を行うために、地元の女性達を結束させた方です。

この母の日を知ったドット夫人が、その意義に感銘を受け、「父の日」を提唱しました。

そしてその後、

  • 母の日:1914年に政府によって、5月の第2日曜日を「母の日」として制定し、国民の休日になる
  • 父の日:1972年に政府によって、6月の第3日曜日を「父の日」として制定し、国民の休日になる

といった文化の広がりをうけたのです。

日本への広がり

日本の「父の日」は、1950年代から認知され始めましたが、一般的な行事となったのは1980年代頃からです。

1981年に「FDC 日本ファザーズデイ委員会」が設立され、 幸福、希望、大切な人の無事といった意味をもつ「黄色」をシンボルに、「父の日黄色いリボンキャンペーン」を興しました。そして、その年の話題になったお父さんに「イエローリボン賞」を贈り、そのことが契機となって、一般的なイベントになっていきました。

由来に基づいた父の日のプレゼント

ここまでで、父の日の由来についてご紹介してきました。

由来をひも解いていくと、日本では「黄色いリボン」といったものが伝統的に受け継がれていることが分かります。

アメリカでは、健在の父には赤いバラ、亡くなった父には白いバラを贈ることが一般的ですが、日本では「黄色いバラ」や子の愛という花言葉の「ユリ」を贈ることが主流です。

また、現在は、父の日のプレゼントとして様々な選択肢があります。どのようなプレゼントを贈るにしても、是非プレゼントと一緒に「黄色いリボン」をつけ、父の日の歴史を感じてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment