父の日のプレゼントをもらう時に気をつけるべき5つのポイント

プレゼントを渡すカップル

6月の第3日曜日は、日本中のお父さんが待望している父の日です。

父の日のプレゼントをきっかけに、会話や愛情表現を行うことで、奥さんや子供達との関係をより良く築いていくことができます。

しかし、無粋にプレゼントをもらっては、「もう来年はあげない」ということにもなりかねません。

そこで、本記事では、父の日のプレゼントをもらう時に気をつけるべき5つのポイントについてご紹介していきます。全国のお父さん、是非本記事をご参考にして頂き、父の日のプレゼントをきっかけに、家族との関係をさらに良くしていきましょう。

スポンサーリンク

なぜ父の日のプレゼントのもらい方にまで気を使うのか?

人間関係は、ささいなことの積み重ねで構築されていきます。

そして、父の日などのイベントでは、特に人の記憶に残りやすいため、振る舞い方などに注意しておくことが大切なのです。

実際には、当たり前に感じるようなことが多いかもしれませんが、意識しておくことがより良い振る舞い・姿勢に繋がります。

次の項で、父の日のプレゼントをもらう時に気をつけておくべきポイントについて、詳しく見ていきましょう。

父の日のプレゼントをもらう時の5つのポイント

父の日のプレゼントをもらう時に最も重要なことは、「相手にありがとうを伝えること」です。

それは、言葉だけではありません。仕草や雰囲気、間の使い方など、あらゆる面で相手にありがとうを伝えることが大切です。

父の日は、子供や奥さんが「日頃の感謝とお父さんの健康という願い」を込めてプレゼントを渡すのです。しっかりと、その気持ちに答えるようにして、心を込めてもらうようにしましょう。

1.ながら作業をやめる

奥さんや子供達がプレゼントを持って登場した時には、「全てのその他の作業をやめて、相手だけに注意を向ける」ようにしましょう。

なぜなら、相手と向き合うことで、相手が伝えたいことを受け止め、あなたが伝えたいことを相手に伝えることができるからです。

TVなどを消して、新聞や雑誌に目を向けるのをやめ、相手と向き合ってもらうようにしましょう。

2.一瞬止まる

プレゼントを出してくれた時に、「驚いたように一瞬止まること」が大切です。

父の日は、お父さんの健康と日頃の感謝をこめて、プレゼントを渡すものです。良いお父さんでなければ、プレゼントをもらえないかもしれません。

子供や奥さんからプレゼントをもらえることは、当たり前のことではないのです。プレゼントもって現れたときには、「当たり前だ」という気持ちではなく、「自分のためにプレゼントを用意してくれたのか!ありがとう!」という気持ちで相手と向き合うようにしましょう。

3.相手の目を見てありがとうと言う

プレゼントをもらう時に大切なことは、「相手の目を見てありがとうと伝えること」です。

アイコンタクトは、言葉以上に多くのものを伝えてくれます。そして、心を込めて「ありがとう」を言うことで、相手も「プレゼントをして良かった」という気になってくれます。

プレゼントの大小は関係ありません。値段も、あなた好みであるかどうかも関係ありません。相手が、あなたのためにわざわざプレゼントを用意してくれたことに対して、「ありがとう」を伝えることが大切です。

4.実際にすぐにプレゼントを使ってみる

プレゼントをもらった時に大切なことは、実際にすぐに使ってみることです。

プレゼントをあげた側としては、あなたが気に入るかどうかということが、非常に気にかける部分です。

そのため、実際にすぐに使って、喜ぶことで、相手もプレゼントをあげて良かったと思うようになるでしょう。

自分も嬉しくて、相手も嬉しいのであれば、その気持ちの共有が最も大きなプレゼントとなるでしょう。

5.雰囲気を変えて抱きしめる

プレゼントを実際に使用して喜んだ後は、雰囲気を変えて奥さんや子供を抱きしめてあげましょう。

これは、あなたからの、奥さんや子供に対しての無言のありがとうです。

父の日で、お父さんがありがとうと言ってはいけない決まりはありません。父の日のプレゼントは、ただ単に、日頃のお互いへの思いを確かめるきっかけに過ぎないのです。

相手がプレゼントで「ありがとう」を伝えてくれているのですから、あなたも抱きしめることで「ありがとう」を伝えましょう。お互いに思い合っていることが分かれば、父の日以降も、とても心地よく、幸福に溢れた毎日が訪れるようになるでしょう。

是非、父の日のプレゼントをきっかけに、奥さんや子供との関係をより良くしていって下さい。

まとめ:ささいなことに心を込める

ここまでで、父の日のプレゼントをもらう時に気をつける3つのポイントについてご紹介してきました。最後に、5つのポイントについてもう一度振り返りましょう。

  • ながら作業をやめる
  • 一瞬止まる
  • 相手の目を見てありがとうと言う
  • 実際にすぐにプレゼントを使ってみる
  • 雰囲気を変えて抱きしめる

これらのポイントに気をつけてプレゼントをもらうことで、奥さんや子供との関係をより深く、愛情のこもった関係にしていくことができるでしょう。

全国のお父さんは、是非本記事を参考にして、父の日を素晴らしい日にしていって下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment