自分で簡単に作れる手作り枕で熟睡しよう

タオル

ほとんどの方は購入した枕を利用して睡眠をとられていると思われます。枕を自分で作る、「手作り枕」というものは一般的ではないでしょう。ただ、手作り枕といっても、素材から入手して作るという意味ではなく、ご自身の頭の高さなどにフィットする枕をつくるという意味であれば非常に簡単で良く眠ることが出来ます。本稿では簡単にできる手作り枕について3つのケースをあげてご説明します。

スポンサーリンク

枕は買うものだけじゃない?

考える

私たちの生活の中で枕というと当然に「買うもの」としてイメージされているかと思われます。たしかに、そばがらや羽根など枕の素材などを入手することは一般には困難ですので、枕は「買うもの」であることが一般的です。

しかし、自分自身で枕を作ったほうが良い場合もあります。つまり、手作り枕です。
手作り枕がおすすめできる場面はいくつかありますが具体的には次のような場合には手作り枕がおすすめできます。

手作り枕がおすすめできるケース1-自分自身で枕の望ましい高さがわかる時

手作り枕をおすすめすることができるケースとして、ご自身で望ましい枕の高さが十分に分かる場合を挙げることができます。

枕の高さは睡眠中の血流の流れなどに影響します。市販の枕は一般的な規格で製造していますので、一般的に販売されている枕では高さが合わない場合があります。

一方で、座布団を折り曲げるなどして横になられた際にご自身にとって望ましい枕の高さがわかるという場合があります。このような時にはご自身専用の手作り枕を作ってしまわれることがおすすめできます。

具体的な手作り枕の作り方としては、バスタオル1枚と普通のタオル2枚を用意します。

そして、バスタオルをまるめてご自身のちょうどいい高さにします。バスタオルの丸めた部分がご自身の首に当たるようにします。そして、2枚のタオルはバスタオルの丸めていない部分に乗せて頭を当てるようにします。

こうすることでバスタオルとタオルだけで簡単に手作り枕をつくることが可能です。市販の枕ではどうにも高さが合わないという場合には一度手作り枕を試してみられることがおすすめできます。

手作り枕がおすすめできるケース2-赤ちゃんのための首枕

次に、赤ちゃんのために手作り枕をつくるということもおすすめできます。そもそも赤ちゃんは、枕がなくとも、タオルを四つ折りにしてそこに頭をのせてあげるだけでも十分です。

ただ、赤ちゃんによっては少し高さがないと嫌がる場合があります。このような場合に市販の枕を使用すると、首の負担になったり、間違ってうつ伏せになってしまったときに呼吸困難となってしまう可能性があり得ます(特に赤ちゃんにはやわらかい枕は大変危険です)

このような場合にタオルを縫い合わせて赤ちゃんがちょうどよく眠ることが出来る高さまでの手作り枕を作ってあげるということがお勧めできます。

手作り枕がおすすめできるケース3-炭枕を作ってみるという場合

さらに、手作り枕として炭枕を作ってみるということも可能です。一般的に購入しやすいのは竹の炭(竹粒炭)です。竹の炭を購入してきて枕の中に入れて枕を手作りの炭枕にしてしまうという方法です。

炭には高い安眠効果があります(昔は炭焼き職人の方は炭焼きの隣にむしろを敷いて昼寝をしていたといいます)。そのため、炭を用いてオリジナルの手作り枕をつくることで気持ち良く眠ることが可能となります。

竹粒炭は1000円で購入することが可能です。

手作り枕の作成に当たっては整体師などのアドバイスも有効

手作り枕は、ご自身(2つ目のケースであれば赤ちゃん)に合う良いものを作れば非常に高い安眠効果を得ることが出来ます。安眠効果が高い手作り枕について、整体師などでアドバイスをしてくれる人もいます。

整体師などの中には睡眠時にどのようにして眠れば安眠することが出来るかを研究している人もおり、そのような人であれば、手作り枕についてアドバイスを得ることも期待できます。不眠対策の施術などをしている整体院が身近にあれば手作り枕について相談してみることもおすすめすることが出来ます。

さらに、手作り枕をつくることでコミュニケーションの場とすることもできると言えます。例えば赤ちゃん用の手作り枕をお母さん同士で集まって作ってみることで一つのコミュニケーションの場が成立することでしょう。また、みんなで集まって手作りの炭枕を作ってみることも楽しいかもしれません。

手作り枕をつくることは安眠だけではなく、周りの人とのコミュニケーションの手段となるということもできるでしょう。

竹炭 1kg 小粒
竹炭 1kg 小粒
posted with amazlet at 14.04.15
遊恵盆栽
売り上げランキング: 30,630

まとめ:手作り枕についてのまとめ

以上、本文で述べました手作り枕についてのポイントをまとめますと以下のように言うことが出来ます。

  • ご自身の好ましい枕の高さがわかるような場合には、手作りで枕をつくることがおすすめです。作り方はバスタオルとタオルだけで簡単に作ることが可能です
  • 赤ちゃんのために手作り枕をつくるということもできます。赤ちゃんに対しては市販のやわらかい枕などを使うことはあまり望ましくありませんが、タオルで少しだけ高さがある手作り枕をつくってあげることも赤ちゃんの安眠のためには効果的です
  • 竹炭などを利用して手作りで炭枕をつくるということもできます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment