立ち仕事での腰痛を防ぐための3つのポイント

お菓子作り

立ち仕事をされている方の多くの人達は、腰痛に悩まされたことがあるのではないでしょうか?

特に、長時間同じ姿勢での立ち作業は、全身の血行を悪化させて筋肉にコリを生じさせ、腰痛を引き起こす原因になってしまいます。

立ち仕事での腰痛を予防するためには、立ち仕事を行う際の注意点や、家で行うケアについて理解しておくことが大切です。

そこで、本記事では、立ち仕事での腰痛を防ぐための3つのポイントについてご紹介していきます。立ち仕事をされる機会が多い方は、是非本記事を参考にして、立ち仕事による腰痛を予防できるようにして下さい。

スポンサーリンク

立ち仕事で腰痛になる原因

腰痛

立ち仕事での腰痛は、「長時間同じ姿勢で作業していることによる、血行の流れの悪化」が原因です。

長時間同じ姿勢で立ち仕事を続けていると、足や腰に疲労が蓄積していきます。疲労の蓄積は、筋肉のコリに変わり、足や腰だけでなく、お尻やお腹の筋肉も固くしていってしまいます。

当然、筋肉が固くなっていくと血流が悪くなり、余計に疲労がその部分に蓄積していくため、結果として腰痛が引き起こされてしまうのです。

立ち仕事での腰痛を防ぐためには、次の3つの点について十分に理解し、実践していくことが必要です。

  • 立ち仕事をする際の注意点
  • 家で行うケア
  • 腰痛を予防するアイテム

それでは、それぞれの項目について、下記で詳しく見ていきましょう。

腰痛を予防するための立ち仕事の注意点

立ち仕事をする際には、「足腰への負担を軽減し、血流が良くなるように工夫すること」が大切です。

血行を促進し、足腰の疲労を溜めないようにすることで、立ち仕事での腰痛を予防することができます。

立ち仕事をする際には、次の3つの点に気を付けるようにしましょう。

  • 体の正面で作業をする:体をひねりながら作業を続けていると、余計な負荷が腰にかかる
  • 両足に均等に体重をかける:片方の足のみに体重をかけていると、姿勢のバランスが崩れ、腰痛を引き起こす可能性がある
  • ストレッチを定期的に行うことが大切:足腰の血行を促進し、筋肉のこりをほぐしてあげることが大切

これらの注意点を守ることで、立ち仕事での疲労の蓄積を軽減し、腰痛を予防することができます。立ち仕事に従事されている方は、是非今日から実践してみて下さい。

立ち仕事での腰痛を防ぐための家でのケア

立ち仕事での腰痛を防ぐためには、「仕事で疲労が蓄積された体を十分にケアしてあげること」が大切です。

立ち仕事は特に、足腰への負担がかかりやすい仕事です。そのため、家に帰ってからも体を丁寧にケアしてあげることが大切になっていきます。体が商売道具ですから、常にコンディションを良い状態にしてあげることで、仕事での成果も高まっていくでしょう。

家でのケアには、次の3点を実行してみて下さい。

  • ぬるめのお湯に20分以上のんびりつかり、体の芯から温める
  • お風呂上がりにストレッチを行う
  • あなたに合う高さの枕を利用する

お風呂やストレッチは、あなたの血行を促進し、その日に蓄積された疲労物質をいち早く除去することに役立ちます。特に疲れたなと感じる日には、念入りに体のお手入れをするようにしましょう。

また、あなたの適切な高さの枕よりも高い枕を使用していることも、腰痛の原因になってしまいます。 こちら の記事であなたに合う枕の高さを理解して、適切な高さの枕を使うようにしましょう。

立ち仕事での腰痛を予防できるアイテム

資金面で余裕がある場合は、「コルセット」を利用することも効果的です。

コルセットは、あなたの腰を支え、姿勢の崩れによる負荷の増大などを防いでくれます。疲労を溜めないようにする効果があるため、特に腰痛に気をつけたいという方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

コルセットを購入するには、「お医者さんにかかって専用のコルセットを作ってもらう」という選択肢と「市販のコルセットを使う」という選択肢があります。

可能であれば、一度お医者さんにかかり、あなたに合うコルセットについて指示を頂く方が良いでしょう。市販のコルセットに興味がある場合には、次のものを参照してみて下さい。

コンビ腰椎保護ベルト パワフルギア ワイドタイプL
コナミスポーツ&ライフ
売り上げランキング: 1,545

まとめ:気を付けることで防ぐことができる

ここまでで、立ち仕事での腰痛を防ぐための3つのポイントについてご紹介してきました。最後にもう一度、3つのポイントについて振り返りましょう。

  • 立ち仕事をする際の注意点
  • 家で行うケア
  • 腰痛を予防するアイテム

これらのポイントを遵守することで、立ち仕事での腰痛を予防することができます。

腰痛になってしまうと、常に痛みや違和感を感じて、日常生活に悪影響がきたします。そのため、まだなっていないうちに、可能な限り予防や対策をとることが何よりも大切になるのです。

立ち仕事をする機会が多いという方は、是非本記事を参考にして頂き、立ち仕事による腰痛を予防できるようにしていって下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment