男性から社内恋愛をするためのきっかけ作り

広告ロゴ
迷路

職場で素敵な女性がいたら当然男性は少なからず気になるところでしょう。そんな素敵な女性を気にしていたら、だんだん好きという感情が芽生えるのはごく自然なことですね。誰かを好きになるというのはとても素晴らしいことです。

でも、もし失敗してしまったらその後の関係はギクシャクしてしまい、場合によっては最悪の関係になってしまうことも。相手の女性もこちらのことを普段から気にしているのであればうまくいくこともありますが、もし何とも思っていなかったらどうでしょう?やはり社内恋愛を成就するためには徐々に関係を深めていくきっかけというものが必要です。

今回は、社内恋愛でうまくいくための男性からのきっかけ作りについて紹介していきましょう。

スポンサーリンク

きっかけ作りが必要な訳

なぜ社内恋愛を成功させるためにはきっかけ作りが必要なのでしょうか?まずはその理由から見ていきましょう。

相手に心の準備を

見て

相手に告白する前に、まずは相手の女性の気持ちを考えてあげることが大切です。いきなり告白をされたり社内で噂がたったりしてしまってはお互いに気まずい思いをしてしまいます。まずは相手に心の準備をさせてあげることが大切です。

また、告白を受け止めてもらうためにはある程自分のことを知ってもらう必要があります。全く相手のことを何も知らなかったら、女性はきっと困ってしまうことでしょう。「この人はひょっとしたら私に興味があるのかも?」くらいは思ってもらっていたほうが、きっとその後の進展もスムーズにすることができるでしょう。

信頼関係を築く

社内という環境は本来仕事をする場所ですから、まずは仕事上での信頼関係を築くことが大切です。たとえ違う部署で接点が無かったとしても、仕事に対して真剣に打ち込んでいる印象を持ってもらうことはとても大切です。

きちんとやるべきことをやっている姿は、女性からだけでなく男性からも評価されることですから、同じ部署ならなおさらのことです。仕事をまじめにできるということは社内恋愛においては最低条件となりますから、仕事は仕事でしっかりとけじめをつけましょう。

普段きちんと仕事をしているということが、お互いの信頼関係として心の距離を縮めてくれることでしょう。

やわらかい物腰で

よく高圧的な態度で人を不愉快にしてしまう男性の話を聞きますが、このような態度では告白を受け止めてもらうどころか話も聞いてもらえなくなります。

何かを頼むとき、協力を促すとき、何気ない日常の会話、もっと言うと挨拶ひとつとって見ても、男性の口から発する言葉の口調を女性はとっても敏感に受け止めます。普段から「この人って良い人だな」と思われるような話し方を心がけることが大切です。

どんなにルックスが良くてバリバリ仕事ができても、口が悪いとなかなか相手には好意を持ってもらえないものです。優しい物腰とやわらかな笑顔が印象にあれば、それがきっかけにもなり得ますしアプローチもより効果的になることでしょう。

こんな「きっかけ」が効果的

では、実際にどんなきっかけが効果的なのでしょうか?きっかけが必要な理由に沿って、その具体的な方法を紹介していきましょう。

まずは挨拶

子供の頃に「挨拶は一日の始まり」ってよく言われませんでしたか?友達でも家族でも朝あったら「おはよう」から始まります。社内恋愛でもそのきっかけはやはり「挨拶」からです。

挨拶がちゃんとできなければ恋愛対象としてはかなり可能性が低いと考えましょう。普段の何気ない挨拶を積み重ねることで相手との距離を少しずつ縮めることができますし、相手が自分のことを知らなくてもまずは自分の存在を知ってもらうことができます。

人間関係を円滑にする為にも挨拶は基本です。お互い挨拶ができる関係になったら自然と会話も弾みますから、顔を合わせたら明るい顔でさりげなく挨拶をするようにしましょう。

ちょっとした気遣い

女性は男性のふとした優しさにドキッとすることが多いようです。仕事の関係で打ち合わせやミーティングなどのやり取りをしている時、職場の飲み会などで同席している時、大変な仕事をして見るからに大変そうな時など、相手を思いやる言葉や態度を示す絶好のチャンスです。

相手も仕事をしに会社へ来ているという立場がありますから、おおっぴらに声を掛けたりするのではなく何気なく自然に声を掛けたり気遣う態度を示すようにしましょう。

頑張っている姿を誰かに認めてもらったり大変なときに労いの声を掛けられて嫌な気持ちになる女性はいません。「ひょっとして自分の事を気に掛けてくれてるのかも?」と思ってもらえたら、言葉は悪いですが占めたものです。良い印象を持ってもらうことはとても大切なきっかけになるのです。

お気に入りのものを尋ねる

ある程度の人間関係が築けるようになっていたら、普段の何気ない会話の中で相手の女性の好みを聞くというのはとてもいいきっかけ作りになります。その場合、女性にとって関心深いものがいいでしょう。

例えば、オシャレやグルメや趣味などの話題になったときに、「君はどういうものが好みなの?」とか「何かお薦めのものはある?」といった具合です。こういった会話ができれば次へのアプローチもしやすくなりますし、何より相手の女性の好みを知ることができます。

趣味が合うということは共感が持てるということにつながりますから、相手の趣味や好みを理解し、場合によっては自分の好みにも興味を持ってもらうということも大切なきっかけになります。

まとめ:社内恋愛で男性からのきっかけ作りはさりげなく

男性からのアプローチで最もタブーなのは露骨さと下心です。さりげなく相手に気にしてもらえるようにきっかけを作っていくことが、社内恋愛を次のステップに進めていくための条件だということをしっかりと覚えておくようにしましょう。

  • 相手の女性の気持ちを考える行動を
  • まず信頼関係が大切
  • 普段の印象がものを言う
  • きっかけ作りはまず挨拶から
  • さりげない気遣いを忘れずに
  • お互いのことを知ることが最大のきっかけに

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。