エアコンいらず!?涼しい枕の3つの魅力

すいか

みなさんは真夏のあの寝苦しい夜はどんな対策をとっていますか?ついエアコンと扇風機のお世話になりがちですが、エアコンなどは電気代もかかる上に寝冷えを起こす可能性もあります。また、タイマーなどをセットしても一時的に涼しくなるだけでどうしても一晩はもちません。

そんなこんなで暑苦しい夜は寝不足になり、夏バテの餌食になってしまいますね。こんな経験のある方には、是非「涼しくなる枕」を試していただきたいと思います。本記事では、「涼しくなる枕」の3つの魅力をご案内していきます。

スポンサーリンク

暑くて寝られないのはなぜ?

はてな

そもそも人間は体温が下がってくると、眠くなってくる生き物です。よって、気温が高い夏というのは人間の体温が下がりにくく、眠れなくなってしまうのは当たり前の話しなのです。そこで身体が自然にとる処置は、寝る直前にグッと体温を上げ、下げるということです。

私たちは、この「上げている」間がとても不快に感じてしまうのです。そこで、涼しい枕を使い、身体に「それ以上体温をあげなくても外から調整するよ」と合図を送ることが大事になってきます。

魅力1:熱がこもらない

標準の枕と比べて、「涼しい枕」とされているものは熱を放出する機能にすぐれています。また、夏場の蒸れも軽減してくれており、寝起きのベタっとした感じも少ないようです。湿度が3度下がっただけでも人は涼しいと感じますので、湿度を少なくするということも大事な冷感処置なのですね。エアコンを使わずに涼しさを感じられる点ではエコにもつながりますね。

綿性の枕は蒸れやすいので、パイプや発砲ウレタン素材の涼しい枕を選ぶことをおすすめします。

熱を発散するために

人間がウトウトし始めるまでに身体は体温を放熱し始めます。それをもろにうける枕が熱を溜め込むタイプのものだと、せっかく放熱しているのに枕からまた暖かさを感じることになってしまいます。身体が熱を出しているのに、頭だけぽかぽかしていればそれは寝付けるはずがありませんよね。

市場には、冷感をさらに感じることができる小石をつめたものや一つ一つの中生地が離れて作られており、熱が溜め込めない作りになっているものもあります。

魅力2:汗臭さバイバイ!

夏の暑さ用に作られている涼しい枕は、洗濯機で洗える枕が多いのが特徴です。汗をたくさんかいても洗って繰り返し使えるようになっており、清潔感はバツグンです。

また、標準の枕では芯まで乾くのに3日以上かかる場合もあるのですが、涼しい枕とされている夏用枕は、早くて半日で乾く速乾性をとりいれているものがほとんどです。

汗っかきのお父さんや子供さんでも、寝た瞬間と変わらず朝までサラサラとした肌触りでぐっすり眠れそうですね。

普段から汗のにおいが気になる方にも

夏だけではなく、普段から汗のにおいや体臭が気になっている人にもこの涼しい枕はオススメです。寝汗がひどく、忙しい朝なのにシャワーをいちいちあびなければ気になってしまう、なんて方いらっしゃるのではないでしょうか。 そのシャワーの30分、まだ布団の中で寝ることができたら幸せではありませんか。涼しい枕を使い、汗をかいても汗拭きシートや制汗スプレーなどだけでも大丈夫な生活をしてみましょう。

汗をかきやすい方は、毎日枕カバーを洗うことで抜け毛対策にもなりますよ。

魅力3:支出が減る!?

涼しい枕の魅力の3つ目は金銭的な余裕ができるという点です。涼しい枕を使うことで、エアコンの温度をそこまで下げなくても充分涼しくなれます。エアコンの温度を1度あげただけで、10%前後の節電になると言われています。7月〜8月までにエアコンを使うと、普段の電気代に約プラス1〜2万円かかってしまいます。

夏と言えば遊びにお金をかけたい時期ですよね。そこで涼しい枕を使い、エアコンをなるべく使わないようにしましょう。自由に使えるお金がドンと増えるかもしれませんよ。

寝冷えを引き起こす可能性あり

涼しい枕の特徴はそのメーカーによって様々です。例えば、首の周辺までひんやりするものや広い面積で頭頂部をやさしく包み込むものなどです。

それぞれきちんと取扱説明書を読み使用をすれば、とてもよい機能と効果を発揮します。しかし、その使い方を間違えてしまうと身体を冷やしすぎて寝冷えを引き起こす可能性があります

寝冷えとは、睡眠中に身体を冷やし、腹痛や下痢、風邪などの症状を起こすことです。暑すぎるからと言って、頭部のみ涼しくなる枕を肩のあたりまでもってきたりすると、体温が一気に下がりすぎてしまいます。

涼しい枕と相性のよい涼しいシーツ

暑い夏をより快適にするためには、涼しい枕はもちろん涼しいシーツも忘れてはいけません。通常のシーツは熱が逃げにくく蒸れやすいものが多いのです。なにもしていなくても暑い夏に、冬と同じシーツを使っていて快適なはずがありません。

涼しい枕でせっかく頭部が涼しくなっているのに、身体がポカポカしていたらもったいないですよね。シーツは雑菌の宝庫です。1年に1回の買い替え時期がきたら、涼しい枕と涼しいシーツを買い揃えてみてもよいのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?ジメジメとした真夏の夜に、ひんやり涼しい枕で過ごしてみたくなってきたのではありませんか? 汗をかいても速乾性・放熱性をかねそろえ、暑い夏に対応すべく生まれたのが涼しい枕ですね。エアコンをなるべく使わないようにし、自由に使えるお金を増やすこともできる素敵な涼しい枕ですが、注意点もありました。使用する意図を違えず、使用時間を守って使えばその涼しい枕の本領を存分に発揮できます。

本記事がみなさんの素敵な毎日のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment