すのこベッドでも、カビは生えるんです!カビを防ぐ方法を教えます

驚く

すのこベッドとは、ベッドフレームがすのこ状になっていて、通気性の良いベッド。湿気に悩まされる日本特有の、じめじめした気候が生み出した寝具なんです。

すのこベッドといっても、その種類は様々。すのこに使われている木の種類も桐やヒノキなどにより特徴があります。機能やデザインを見ても収納付きや折りたたみタイプなど、最近では、たくさんの種類のすのこベッドが増えてきました。

すのこベッドは、寝ている間に布団が吸収した汗や湿気が、すのこの間からベッド下に逃げていくので、カビにくく、快適に利用できる優れもの、と言われています。布団にカビが生えたから、すのこベッドを購入された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際に使用されて、すのこベッドにカビが生えるなんて思ってもいなかった!と、驚かれる方も多いのですが、カビが生えにくいすのこベッドと言えど、カビは生えてしまうのです。

そこで、今回は、すのこベッドにカビが生えてしまう原因と、カビ対策のポイントをお話しします。

スポンサーリンク

すのこベッドのカビの原因と対策

すのこベッドでカビが生える原因

見て

科学的にお話しすると難しくなってきますので、わかりやすく説明したいと思います。

昭和の時代になりますが、昔は、畳の上に布団を敷いて寝ても、布団の裏にカビが生えるなんてことはありませんでした。家は木造が多かった事、また、現代はエアコンをつけて、窓を閉めきった状態が多いですが、昔は窓を開ければ、夏でも涼しい風が吹き込み、家の中に湿気がこもるということもありませんでした。

布団は、敷きっぱなしというのも、現在では普通の方も多いようですが、昔は布団は押し入れにしまうものであり、寝る時、押し入れから出して敷く、というのが普通でした。

現代の家は、昔の家と構造が異なります。高気密高断熱が当たり前。ですので、必然的に、部屋のなかに湿気がこもるような造りになっているのです。

ある温度の空気のなかに存在できる水蒸気の量は決まっているので、湿気が増える、あるいは温度が下がれば、部屋のなかの冷たい部分に接した水蒸気は、気体として存在できなくなって水に変わり、結露します。

フローリングの上に敷いた布団の場合、寝ている間に人体から生じた水蒸気が布団に入り、それが冷たい床に触れて結露します。

それを放っておくと、布団はじめじめ。ちゃんと布団を干さないでいると、カビが生えてくる、というわけです。

ですので、布団とフローリングの間にすのこを噛ませて、空気の層を作ることができれば、布団下の湿気を布団の外に逃がすことができます。と、言ってしまうと、すのこがあれば(すのこベッドなら)カビは生えないと思ってしまいますよね。そこがポイントです。

すのこベッドは、他のベッドに比べて湿気に強いのですが、それは、寝ている間の汗が、すのこの隙間から逃げていくからです。逆に言うと、すのこの板の部分は布団に触れているので、普通のベッドと同じです。

「湿気に強いから」という理由で、布団を敷きっぱなしにしたりすると、布団と板の接触部分がカビやすくなります。すのこベッドといえども、こまめに布団を干してあげる必要があるのです。

すのこベッドのカビ対策

すのこベッドにカビを生えさせないためには、何といっても「布団(またはマットレス派の人はマットレス)を干すこと」です。布団(またはマットレス)を干すのには、2つの理由があります。

1.一晩寝て汗が染みこんだ湿気を失くすこと
2.布団の中の空気を入れ替えること

この2つをしっかりと行えば、カビを抑えることができます。干すときは日のあたるベランダに干すのが1番ですが、湿気を失くす事と、空気の入れ替えが最大の目的ですので、ベランダに干すのが難しい場合は、部屋干しでもOKです。毎日、干すように心がけましょう。

すのこベッドの上に敷くのは布団?マットレス?

先ほどまで、すのこベッドの上に布団を敷く場合を例にしてお話ししてきましたが、すのこベッドの上にマットレスを敷いて頂くのもOKです。布団派とマットレス派と両方いらっしゃいますので、自分の好みの方を敷いて頂けたらと思います。

ただし、カビを生えないようにするためには、布団(マットレス)を干すことなので、マットレスをご使用されている場合、マットレスを干すというのは、とても大がかりな仕事になります。重たいものだと、無理な方もいらっしゃるでしょう。

マットレスを干す事が出来ない場合は、除湿効果のあるマットレスを使用して頂いたり、すのこベッドとマットレスの間に、除湿シートを挟むのも効果的です。マットレスには、もちろんシーツやベッドパッドを使用し、汗を吸収させて下さい。シーツ・ベッドパッドはこまめに洗濯します。基本的に、マットレスにカビが生えてしまった場合、どうする事も出来ませんので、衛生の面から考えて、廃棄した方が良いです。

マットレスにカビが生えないようにするためには、お部屋の環境を変える事も重要。除湿をし、部屋の温度をある一定の温度(24度前後)にする事で、結露しにくくなりますので、カビを抑える事が出来ます。

つまり、毎日、簡単に干せる布団・マットレスを使用して頂くのが一番良いかと思います。自分の力で移動させられるものを使用すれば、毎日干す事が出来ますよね。重たいものだと、移動させるのが億劫になり、敷きっぱなしという流れになる可能性が高いですので、布団・マットレス選びも、カビを抑えるための重要なポイントになります。

まとめ:すのこベッドでもカビは生えます。通常のベッド同様、布団を干す・除湿をする・シーツ等こまめに洗うは、必ず行う

すのこベッドなら、カビは生えない、というわけではありません。すのこの板と布団やマットレスと密着している部分が多少ありますので、普通のベッドと同じ考えで、清潔にしておかなければ、カビは生えてしまいます。

再度、すのこベッドのカビ対策をまとめます。

  • 布団(またはマットレス派の人はマットレス)を干すこと
  • マットレスの場合、除湿効果のあるマットレスや除湿シートを使用する 
  • 部屋の環境を変える。除湿をし、部屋の温度をある一定の温度(24度前後)にする

カビを生えさせないためには、布団・マットレス選びも重要である事がわかりました。自分の力で持ち運び出来るものの方が、お手入れがしやすいですよね。出来るだけ、布団は毎日干しましょう。マットレスの場合は、動かせない事が多いと思いますので、常に除湿を心がけてください。

すのこベッドだからと、カビに対して油断してしまいがちです。普通のベッドと変わらないお手入れが必要だという事を忘れないでください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment