カビる?すのこベッドの間違った使い方

広告ロゴ
猫

床に、布団を直接敷いて使うとカビが・・・。という人にオススメがすのこベッドです。すのこベッドとは、ベッドの布団を敷く部分が、木材ですのこ状になっているベッドのことです。通気性に優れているといわれています。

しかし、使い方を間違えると、通気性に優れたすのこベッドでも、布団やベッド本体にカビが…。とういう事態が…。

本記事では、すのこベッドを快適に使うポイントを紹介します。

スポンサーリンク

すのこベッドだからカビない?

見て

すのこベッドを使えば、布団を敷きっぱなしでもカビない!と思ってらっしゃる方がいます。それは大きな間違いです。普通のベッドより、すのこベッドにカビが生えにくいのは、確かですが、まったくカビが生えないわけではありません!

すのこベッドの木材の隙間は通気性があり、カビは生えにくいですが、木材が直接布団に触れる部分は、普通のベッドと同じで通気性が少ないためカビやすいのです。

すのこベッドを使えばカビない!と思い込まず、正しく使用しましょう。

どうしてすのこベッドなのにカビが生えるの?

人は、眠っている間にコップ1杯分の汗をかくというのは、よく聞きますよね。そうです。このコップ1杯分もの汗がカビの原因の1つです。

布団に、コップ1杯分の水をこぼし毎日放置したらどうなるでしょう?そうです。その部分が湿気り生乾きとなりカビが繁殖します。毎晩コップ1杯分もの水を布団にこぼしていると同じことを日々繰り返しているのです。

コップ1杯分の水分を毎日布団から逃がしてあげることがカビの防止になります。

湿度の高いつゆの時季は毎晩の汗にプラス、部屋の湿度を布団は吸収します。いくら通気性に優れたすのこベッドとはいえ、沢山の湿度を全て通気性の良さでカバー出来るわけではありません。

しかし、普通のベッドより、通気性が良い分、カビが生えづらいのは確かです。

すのこベッドにはマットレスがオススメ

すのこベッドは敷き布団を敷くものと思っている人も少なくないようです。すのこも、日本の和のものですし、敷き布団も日本の和のものだからでしょうか?しかし、あくまで、すのこベッドはベッドなので、マットレスがオススメです。

敷き布団でもよいのですが、マットレスのように、スプリングなどは入っていない為、直接すのこベッドの上に敷き布団を敷くと、眠り心地が堅く感じる人も多いようです。敷き布団は本来和室の畳の上に敷くものです。畳は柔らかいですよね。その為、木製のすのこベッドの上に敷くと堅く感じるのです。

すのこベッドに、敷き布団を使うと、マットレスのようなスプリングが無いため通気性に優れていません。敷き布団をすのこベッドに敷きっぱなしにするとカビやすさが倍増するのです。

もし、敷き布団をすのこベッドに敷きたい場合は、毎日お布団をあげたり、定期的に布団を干して湿気をとばしたりと、メンテナンスが必要です。
マットレス使用時も同様に、定期的に布団をあげたりし、湿度をしっかり飛ばし使用しましょう。

すのこベッドに布団を敷きっぱなしにしたい!

布団のメンテナンスはできない!大掃除以外はマットレスをあげることはないし、干すのだって無理!と言う人は、すのこベッドの足が高いものを利用したり、すのこベッドとマットレスの間に除湿シートを敷きましょう。

除湿シートはお安いものだと、シングルサイズで1500円程から発売されています。つゆの時期だけ使用しても良いでしょう。カビが生える前に除湿シートを敷き、カビを防止しましょう。

すのこベッドにカビが生えてしまったら?

すのこベッドは木材で出来ています。木材へのカビはアルコールでカビを除去しましょう。もしくは、漂白剤も効果的です。すのこベッド本体に生えたカビの緑や黒の色素を完全に落とすのは難しいですが、カビ菌を死滅させ除去出来れば、色素が残っていても問題ないとされています。

まず、ベッドが湿気ている場合は、十分に乾燥させます。乾燥したら、アルコールや漂白剤を布に浸し、カビにパックするように、覆います。しばらく置いたらカビを拭き取りましょう。そして、再び乾燥させます。

カビの根源から除菌することが大切なので、表面だけを拭くのだけではなく、木材の中までアルコールや漂白剤がしみるようにしましょう。

すのこベッド本体にカビが生えてしまった場合には、上に敷いていた布団やマットレスもカビていることでしょう。表面だけではなく、中までカビが繁殖している可能性がありますので、クリーニング店でのクリーニング、もしくは買い換えをオススメします。

まとめ:すのこベッドでも、マッドレスや敷き布団のお手入れを

カビは人体に悪影響を及ぼすものです。見た目が悪いだけではなく、健康を害してしまってからでは対策が遅いのです。もしカビてしまっていたら、清掃や買い換えを。カビが生えていない場合は日々や定期的なメンテナンスを怠らずにしましょう。寝具は直接肌に触れ、一日で最も長く過ごす場所をいっても過言ではありません。

カビの生えていない、清潔はすのこベッドとマットレスで快適な眠りを確保しましょう。

すのこベッドをカビから守り、快適に過ごすポイントは

  • すのこベッドでも、カビは生える事を頭に置きましょう
  • 眠っている間の汗などの湿気を逃がしましょう
  • すのこベッドにはマットレスを使いましょう
  • マットレスや布団はあげたり、干したり定期的なメンテナンスを
  • カビてしまったら、清掃や買い換えを

快適にすのこベッドを使用してくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。