すのこベッド~その効用と楽しみ方~

広告ロゴ
木

「すのこ」ということばから、どんな情景を思い浮かべますか?昔小学校の下駄箱のところに置いてあった木の板や、家族旅行で泊まった旅館の大きなお風呂を思い出す方が多いのでは?濡れた足裏に木の感触がとてもさっぱりと気持ちよかったですね。今日はその「すのこ」をベッドにした「すのこベッド」についてご紹介いたしましょう。

本記事では、
1 すのことは?
2 すのこベッドには、どんな効果があるの?
3 すのこベッドの選び方2つのポイント
という順序でお話していきます。

スポンサーリンク

すのことは?

見て

すのこは「簀」あるいは「簀の子」と書き、太い木の角材の上に薄い木の板を少しずつ隙間を空けて打ち付けたものです。お風呂場に置いて滑り止めにしたり、湿気によるカビ防止用に押し入れの床に置かれたりします。

湿気の多いところで大活躍

すのこは下の部分に隙間があるので通気性に優れています。また木が水分を吸収して発散する、つまり水気を逃がす働きがありますから、湿気の多い場所、湿気をできるだけなくしたい場所で、その持ち味を発揮します。

すのこベッドとは?~その効用をさぐる~

このようなすのこの特性をベッドに活かせないかという発想のもとに開発されたのが、「すのこベッド」です。わたしたちはひと晩でコップ1杯分の汗をかくと言われています。コップ一杯の水を布団にこぼしてしまったら…大変ですよね!このように布団には湿気がこもりやすく、梅雨時ともなれば雑菌やカビの原因にもなります。

そこに登場したのが「すのこベッド」。どんなタイプがあり、どのように使えばより効果があるのでしょうか?

ベッドの床面にすのこ

簡単に言いますと、ベッドの床面がすのこ状になっているのが「すのこベッド」です。わたしたちが眠っているあいだに布団が吸収してしまった水分を、すのこのあいだの隙間から逃がす働きがあります。

それでは次に、すのこベッドの使い方と選び方の3つのポイントをご紹介しますね。

  • その1~敷布団かマットレスか~
  • その2~生活スタイルに合わせて~
  • その3~お値段はいろいろ~

その1~敷布団かマットレスか~

すのこベッドに直接敷布団を置くか、それともマットレスを置くか。ちょっと悩ましいですね。これといって決まりはありませんから、固めの寝心地がお好きなら敷布団、やわらかめが好みの方はマットレスでよいのではないでしょうか?折りたたみ式の軽量のマットレスの上に敷き布団という折衷案もおすすめです。

その2~生活スタイルに合わせて~

すのこベッドが通気性に優れているからとはいえ、敷きっぱなしはよくありません。また布団を抱えてベランダまで運んでいくのか…とお嘆きの方に、折りたたみ式のすのこベッドをご紹介しましょう。布団を乗せたままベッドの中央部分を持ちあげて山型に折ればOKです。すのこベッド専用の除湿シートを敷くのもいいですね。

ほかにもベッドの下の部分が収納スペースになっていて、そこでベッドの高さを好みに合わせて調整できるタイプもあります。

また「すのこ」という和テイストのアイテムを活かし、ベッドルームをくつろぎの和空間にアレンジして楽しむ方もあります。それぞれの生活スタイルに合わせてすのこベッドを選んでみてはいかがでしょうか?

  • その3~お値段はいろいろ~
  • すのこベッドは通販でも購入できますが、専門に扱うお店もあり、お手頃から「一生もの」のまで、お値段はさまざまです。

    1万円代のものもありますが、何年も使わないうちに板が凹んでしまった、寝ているときにギシギシと音がして寝つけないというお話も聞きます。通常ならベッドは4本脚ですが、なかには6本脚の頑丈なタイプもありますし、ご自分やパートナーの体重を考えて、耐荷重が何キロかも検討したほうがいいでしょう。

    ベッドの素材には杉やヒノキや桐はじめ、パイン材といって、松を使ったものなどがあり、味わいや香りもさまざまです。価格を抑えたいなら杉がおすすめ、パイン材、桐、ヒノキの順にお値段がアップしていきます。

    本記事では「通販でじゅうぶん」、あるいは「ぜひオーダーメイドで」など、どちらかをより強くお勧めすることはいたしません。記事をお読みいただき、さまざまな情報を検討された上で、あなたの暮らしにぴったりなものをあなたご自身で選択されることを願っています。

    「すのこベッド」を実用とインテリアを兼ねた寝具と考えて、どんなタイプが好きか、どのような使い方をしてみたいかをいろいろと楽しんでみてください。

    最後にもう一度、すのこベッドの使い方と選び方3つのポイントを挙げておきますね。

    • その1~敷布団かマットレスか~
    • その2~生活スタイルに合わせて~
    • その3~お値段はいろいろ~

    まとめ:すのこベッド

    すのこの持ち味と風合いを活かした「すのこベッド」。手軽な通販からオーダーメイドまでさまざまなタイプがあり、自分の好みに合わせて楽しんでみてください。

    スポンサーリンク

    iGotitに「いいね!」をください

    iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
    いいね!を押して、iGotitを応援してください!

    Twitterでフォローしてください

    iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。