睡眠時無呼吸症候群の治療方法と自宅でできる5つの対策

猫

睡眠時無呼吸症候群の治療には3つの方法があります。内科的な治療、歯科装具となる器具での固定、そして手術です。

睡眠時無呼吸症候群の診断基準はありますが、それに満たない場合でもその症状があれば治療の対象になります。自宅で簡単にできる治療から、手術まで、原因や状況によって異ります。

また、睡眠時無呼吸症候群で想像するのは、大人の男性、それも中高年の男性のイメージがありますよね。実は、大人では男性の約4%に治療が必要となる睡眠時無呼吸症候群が存在すると言われています。

睡眠時無呼吸症候群は本人の自覚ができにくいため、治療までにいたる人は少ないようです。しかし、睡眠時無呼吸症候群は、生活習慣病などの合併症がおこりやすいこともわかっており健康不安につながります。

自分自身で睡眠時無呼吸症候群ではないか?心配している方は、自宅でできる対策から始めてみてはいかがでしょうか?本記事では、睡眠時無呼吸症候群の原因や症状、そしてその治療法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に正常な呼吸ができなくなり、そのために引き起こされる様々な症状や兆候の事です。

医学的には、10秒以上の間、気道の流れがない状態を「無呼吸」とします。
その無呼吸の状態が、1時間あたり5回以上、または、一晩の睡眠中(7時間)に30回以上起こる場合に「睡眠時無呼吸」の状態と診断されます。

睡眠時無呼吸症候群の治療が必要だと感じる人や、治療を始めている人はすでに自覚があるということですが、睡眠時の無呼吸に気が付かずに合併症が起こり、その治療から初めて睡眠時無呼吸を知る人も多いようです。

また、睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に気道が狭くなり、空気が通りにくくなるために起こります。その原因は様々で、遺伝的に気道が狭い場合や、喉の筋肉の活動の低下、あごが小さい、扁桃腺の肥大などがあります。

ストレスでも悪化し、アルコールの摂取によっても起こりやすくなることがわかっています。大きないびきなどの症状が特有ですが、日中の眠気や起床時の頭痛なども起こります。また、睡眠時無呼吸症候群が悪化すると心不全や脳卒中などのリスクが高まります。

睡眠時無呼吸症候群の治療方法

昼寝している男性

睡眠時無呼吸症候群の治療方法は、内科的、外科的治療と、歯科装具によるものとなります。

内科的治療は、CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)と呼ばれるもので、圧力を加えた空気を鼻から送り込み、強制的に狭まった気道を広げ、呼吸を確保する方法です。中等度以上であれば保険適応の治療となり、自宅に装置を設置し、治療を行います。

睡眠時無呼吸症候群で外科的な治療となるのは、UPPP(口蓋垂軟口蓋咽頭形成術)という方法になります。扁桃などを切除し、上気道を拡大します。これは、狭まっている気道の場所が咽頭である場合に有効であり、誰でもが行うわけではないようです。手術によって飲み物が鼻に逆流しやすくなるなどの問題が起こることもあるため、きちんと理解した上での治療として選択するようにしましょう。

歯科装具というのは、マウスピースでの治療です。睡眠時無呼吸症候群で軽度の人はこの治療法が一般的なようです。しかし、内科的治療のCPAPが受け入れられない人にとっても、マウスピースでの補助が治療法となります。マウスピースは下あごを少し突き出したような状態になり、睡眠時に気道が開きやすいように固定するものです。ただし、人によっては顎関節の痛みを感じる人もいるようです。

睡眠時無呼吸症候群治療のための自宅でできる5つの対策

睡眠時無呼吸症候群は、軽度の人であれば自宅での対策だけで大きく改善する場合があります。

中等~重症と診断された方にとっては病院で指示される治療が必要ですが、その効果をさらにあげるためにも自宅での対策を取りいれてみましょう。

1.肥満の解消

肥満を自覚している人は、しっかりとダイエットを行いましょう。

肥満によって喉の脂肪が増え、その圧迫で気道が狭くなり、睡眠時に無呼吸になりやすくなります。治療を行うときも肥満の解消は必須です。その他の生活習慣病のリスクも高まりますので、肥満解消は早期に取り組むのをお勧めします。

2.血糖コントロールを行う

すでに糖尿病と診断されている人は、血糖コントロールもシビアに行いたいものです。

睡眠時に起こる低血糖が睡眠時無呼吸症候群の原因の一つではないかとも言われています。睡眠時の低血糖は、交感神経を刺激し、ますます喉の緊張も起こりやすくなります。血糖値が気になる人は、同時進行で治療を行いましょう。

3.アルコールは控える

アルコールによってむくみやすい体質の人は要注意。

飲酒によって喉がむくみ気道が狭くなりやすくなります。飲酒後にいびきが大きい人は睡眠時無呼吸症候群の傾向があります。また、アルコールは低血糖も招きやすくなります。様々な影響があるアルコールは控える方が得策だと言えるでしょう。

4.寝方を変える

睡眠時無呼吸症候群は、舌の肥大も原因の一つになっています。

これは特に仰向けに寝ることで起こりやすくなります。大きないびきをかきやすい人は仰向けで大の字になって寝る人が多いようです。横向きに寝たり、抱き枕などを利用しうつぶせ寝を試してみましょう。気道を確保できる態勢で睡眠をとることも大切です。

5.口呼吸ではなく鼻呼吸の習慣を

睡眠時無呼吸症候群の方は口呼吸をしている場合がほとんどです。

口での呼吸となるからこそいびきが大きくなります。本来、人間は鼻で呼吸する作りになっています。睡眠時に口呼吸だからこそ、口の中が乾き、さらに気道が狭くなったりします。鼻呼吸は普段の習慣です。口がぽかんと開いているなど自覚があれば治していきましょう。特に鼻炎がある人は睡眠時無呼吸症候群になりやすいといえます。鼻炎の治療も行い、鼻呼吸を意識するようにしましょう。

成人の睡眠時無呼吸症候群診断と治療のためのガイドライン
睡眠呼吸障害研究会
メディカルレビュー社
売り上げランキング: 103,932

まとめ

睡眠時無呼吸症候群は、自覚しにくいため治療を考えた頃には重症化している場合も少なくないようです。

生活習慣病のリスクも高くなり、日中の活動の質が低下することが明らかになっています。人生の3分の1は費やしている睡眠…。睡眠時無呼吸症候群になればその大切な時間が失われていくようなものです。

自覚症状がある人も、家族や周囲から治療を勧められる人も、睡眠時無呼吸症候群への理解を深めることで大げさな恐怖感を抱くことなく治療を始められると思います。

この情報が役に立ち、治療の第一歩を進められることを祈っています。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment