睡眠時無呼吸症候群の手術を含めた様々な治療法

寝てる男

睡眠時無呼吸症候群の治療法として、手術は一般的には最終的な治療方法になります。

睡眠時無呼吸症候群の治療は原因となっている部位を特定できるような場合を除いては手術を実施することはリスクが高いので、あまり行われません。睡眠時無呼吸症候群の治療法として手術が行われるのはまれということができます。

本稿では手術も含めた様々な睡眠時無呼吸症候群の治療方法についてまとめています。

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症候群がもたらす様々な問題

医者

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が停止してしまう症状を伴う疾患です。

睡眠時無呼吸症候群を患ってしまった場合、睡眠中の呼吸困難から、いくら睡眠時間をとったとしても睡眠を十分に取ることができずに、体が休まることがないことになります。その結果、昼間の集中力欠落や意識障害などを起こし、場合によっては事故を引き起こしてしまうなど深刻な問題となることがあります。

また、睡眠時無呼吸症候群は肥満などを伴って発症した場合には(なお、必ずしも肥満の方だけが睡眠時無呼吸症候群になるわけではありません)健康への悪影響も生じる可能性があります。このように睡眠時無呼吸症候群は様々な問題を引き起こす原因となるため、早めに医療機関での治療を受けることが重要となります。そして、睡眠時無呼吸症候群の治療方法として手術が用いられる場合もあります。

睡眠時無呼吸症候群の治療のために手術が行われるケース

睡眠時無呼吸症候群の治療方法として手術が行われるケースは、実は非常に少ないのが実際のところです。睡眠時無呼吸症候群の治療法として手術を実施しても効果が期待できないケースが多いことと、リスクが伴うためです。

睡眠時無呼吸症候群の場合、原因は上気道(空気の通り道)が狭まることにあるため、手術によって気道を広げることは睡眠時無呼吸症候群の治療としては考えられます。しかし、睡眠中における気道の狭まる箇所は人により異なるので、手術によって睡眠時無呼吸症候群を感知させること難しいことや、手術によって、かえって気道に悪影響を与えてしまうこともあることなどから手術による治療は実施されないことが多いのが現状です。

つまり、睡眠時無呼吸症候群の治療方法として手術が実施されることは少ないのです。
ただ、子どもの睡眠時無呼吸症候群の場合には、原因が扁桃肥大であるということが多いので、子供の睡眠時無呼吸症候群の治療には扁桃を摘出する手術が効果的です。そのため、子供の睡眠時無呼吸症候群の治療のためには手術が行われることが一般的です。しかし、大人の睡眠時無呼吸症候群の場合には手術はあまり行われません。

手術以外の睡眠時無呼吸症候群の治療方法

手術以外の方法で睡眠時無呼吸症候群の治療はされることが一般的です。手術以外の方法による睡眠時無呼吸症候群の治療方法としては以下のようなものがあります。

まず、手術以外の睡眠時無呼吸症候群の治療方法でもっともよく用いられる方法は、CPAPと呼ばれる治療方法です。このCPAPは、睡眠中に鼻マスクを付けて空気を一定のリズムで送り込むことで、気道が狭くなることを防止する治療方法です。睡眠時無呼吸症候群の治療方法としては手術などよりもCPAPの方が非常によく用いられます。

睡眠時無呼吸症候群の治療方法としてCPAPを実施する場合には、健康保険の適用となるために、3割を負担すれば治療を受けることができます。具体的には月々の治療費は5000円程度で済むことが一般的です。睡眠時無呼吸症候群の治療はこのCPAPを用いれば比較的安価で治療をすることができます。

次に、手術以外の方法による睡眠時無呼吸症候群の治療方法として、マウスピースを利用した睡眠時無呼吸症候群の治療があります。このマウスピースを利用した睡眠時無呼吸症候群の治療方法は、ボクシング用のマウスピースとは異なって、顎の下部を前に押し出すようにするものです。顎の下部を前に押し出すことで睡眠中に呼吸ができなくなる状態を解消して睡眠時無呼吸症候群の治療を図るものです。

このマウスピースを利用した睡眠時無呼吸症候群の治療方法も手術よりも多用される方法です。この治療法も健康保険の対象となるので3割負担で治療を受けることができます。
このように睡眠時無呼吸症候群の治療方法は最終的には医師の判断によりますが、一般的には手術を利用することは大人の場合にはまれということになります。

ネルネル 21回用 (口閉じテープ)
三晴社 (2006-06-05)
売り上げランキング: 108

睡眠時無呼吸症候群の治療方法のいろいろ

以上述べましたことをまとめますと以下のようになります。

  • 睡眠時無呼吸症候群の治療方法としては、CPAPと呼ばれる方法・マウスピースを使用した方法・そして手術を行う方法とがあることになります。
  • 睡眠時無呼吸症候群の治療方法として手術を行うことはまれで実際には、CPAPによる方法、マウスピースを利用した方法によることが通常です。

このように睡眠時無呼吸症候群の治療方法として手術を実施することは例外的な方法となります。最終的には医師の診療のもと、ご自身にマッチした治療方法を選ぶこととなります。睡眠時無呼吸症候群は重篤な病気ですので、決して侮らず、早めに医師の診察を受けることが重要です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment