睡眠時無呼吸症候群に対する病院での治療法のいろいろ

医者

睡眠時無呼吸症候群に対しては病院では様々な治療が実施されます。睡眠時無呼吸症候群に対する病院での治療方法の中心となっているのはCPAPと呼ばれる治療方法ですが、骨格の形などが睡眠時無呼吸症候群の原因となっているような場合には、手術などで治療が実施されることもあります。また、肥満解消のための生活指導が行われることもあります。

本稿では、睡眠時無呼吸症候群に対する病院での様々な治療法についてまとめています。

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症候群と病院での治療の必要性

三日月

睡眠時無呼吸症候群は、日本では2000年ころから注目され始めた睡眠障害の一種です。睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が停止してしまうことを主要な症状とする睡眠障害です。

睡眠時無呼吸症候群になると、睡眠中に呼吸が停止してしまうことから睡眠中でも身体などが休まりません。睡眠中にいわば呼吸困難が生じてしまうのが睡眠時無呼吸症候群です。

睡眠時無呼吸症候群になると、睡眠中に十分休むことができないことから、日中のだるさなどの不快症状に加えて、意識喪失などを引き起こすことがあります。睡眠時無呼吸症候群が原因となって大きな事故となったと言われるケースもあるほどです。

睡眠時無呼吸症候群の原因は睡眠中に空気の通り道(上軌道)が狭くなってしまうことが主要な原因となります。この睡眠時無呼吸症候群を解消するためには、病院での治療を受けることが必要です。睡眠時無呼吸症候群の判定、治療ともに専門的な医療技術が必要となるケースがあるためです。睡眠時無呼吸症候群に対する病院での治療法としては具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。

睡眠時無呼吸症候群に対する病院での様々な治療方法

睡眠時無呼吸症候群に対する病院での治療方法として、主要なものとしては以下のような治療があります。

CPAPを利用した治療法

睡眠時無呼吸症候群と病院で診断された場合、その治療方法として病院で用いられるのがCPAP(シーパップ)という器具を利用した治療方法です。

CPAPとは、Continuous Positive Airway Pressureという英語の頭文字を取った略称で、要は、鼻から酸素を送り込むという治療方法です。睡眠時無呼吸症候群になってしまうと気道が狭くなり、空気が通らなくなります。つまり、無呼吸の状態となります。

そこで、空気を人工的に送り込むことで無呼吸の状態を解消するという治療法がCPAPという治療法となります。

CPAPは特殊な器具・マスクを装着してベットで横になり行うものですので、病院での治療が必要不可欠となります。CPAPは比較的継続して病院に通い治療を受けることになりますが、病院での睡眠時無呼吸症候群の治療方法として中心的なものとなっています。

口腔内装具による治療

睡眠時無呼吸症候群に対する病院の治療方法として、口腔内装具をつけるという方法もあります。これは、いわば特殊なマウスピースを装着するという方法です。睡眠時無呼吸症候群に対する口腔内装具による治療は、総合病院などではなくとも、診断書に基づき歯科病院での作製もしてもらうことができます。診断書があるので、保険の適用もあります。

口腔内装具による睡眠時無呼吸症候群に対する治療は、比較的軽い症状の場合に適しているという方法です。

手術による治療方法

睡眠時無呼吸症候群に対しては、まれに病院の手術で治療を行う場合があります。これは、睡眠時無呼吸症候群の原因となる気道の狭まりがあごの骨格が原因となる場合です。まれに子供などで睡眠時無呼吸症候群になってしまう場合、その原因が生来的なあごの骨格が原因で気道が狭くなってしまっているような場合があります。

このような場合には、手術による治療が非常に効果的となります。
一般的には睡眠時無呼吸症候群に対する病院での治療はCPAPなどが中心ですが、骨格の形などが原因である場合には手術が適している場合もあります。

その他病院での生活指導

睡眠時無呼吸症候群は骨格が原因であるような場合を除けば、多くの場合には肥満が睡眠時無呼吸症候群の原因となっています。そのため、病院では、肥満対策の生活指導なども並行して行われます。

肥満体質は睡眠時無呼吸症候群だけではなく、高血圧症などの疾患の原因となりますので、
睡眠時無呼吸症候群を自覚された場合には肥満治療なども兼ねて病院を受診されることもおすすめできます。

ネルネル 21回用 (口閉じテープ)
三晴社 (2006-06-05)
売り上げランキング: 97

まとめ:睡眠時無呼吸症候群に対する病院での治療のまとめ

以上、本文で述べました睡眠時無呼吸症候群に対する病院での治療法をまとめますと以下のようになります。

  • 睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が停止してしまうことが主要な症状です。睡眠時無呼吸症候群の場合、病院では様々な治療が実施されます
  • 睡眠時無呼吸症候群の病院での治療の中心は、CPAPと呼ばれる治療方法です。CPAPは人工的な器具を使い鼻から空気を送り込み睡眠時無呼吸症候群を治療するという方法です。その他ケースによっては手術が実施されることもあります
  • 睡眠時無呼吸症候群に対する治療の一環として、病院で肥満に対する生活指導が行われることがあります。肥満解消は高血圧症などの治療にも効果があるので、睡眠時無呼吸症候群の解消とともに、肥満解消を目指すこともおすすめできます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment