夜勤の方におすすめできる睡眠時間のとり方とは?

夜景

夜勤の方が健康的な睡眠時間を確保するためには、シフトを工夫したり生活リズムに配慮されることが重要となります。シフト型の夜勤の方の場合には、シフトに配慮することで可能な限り昼型の生活リズムを取ることが健康に良く、おすすめできます。一方で深夜の夜勤が中心の方などは質が良い睡眠をとるための生活リズムが重要となります。

スポンサーリンク

夜勤と睡眠時間

眠る女性

24時間稼動する社会の中で夜勤は欠かすことができない仕事となっています。現在の社会、例えば、都会の物流を支えるためには夜勤の方がいなければ、都市機能は運営できません。このように現代社会にとって夜勤のお仕事の方は不可欠な存在です。厚生労働省の調査によっても、労働人口の7分の1程度は夜勤の仕事に就いているという調査データがあります。

ただ、一方で夜勤によって睡眠時間のリズムが乱れてしまうことも否定することができません。人間は本来、朝に目を覚まして活動し夜は眠るようにできています。そのため、夜勤を続けることで体調などに支障をきたすことがありえます。

夜勤の方が健康を害さないための睡眠時間の取り方としてはどのような方法があるのでしょうか

正循環の勤務ローテーションを考える

夜勤の方が良質な睡眠時間を確保するためには、まず、仕事のローテーション(いわゆるシフト)を工夫するという方法が考えられます。これは職場によりますので、必ずしも可能となるわけではありませんが、シフトをある程度自由に選ぶことができるのであれば、効果があります。

睡眠時間は、「夜型から昼型」へと調整することで健康へは良い影響を与えることが可能となります。日常の経験として、生活が夜型となってしまった場合には心身へ悪影響が生じますが、逆に夜型から昼型に回復した場合には健康に良い影響を与えることはご経験があるのではないかと思います。このような睡眠時間のリズムを正循環と呼びます。

夜勤のお仕事の方でシフトを組むことが可能な方は、この正循環のリズムを作るようにシフトを組むことで睡眠時間を健康的なものとすることが可能となります。具体的には、深夜のシフト・少し早目の時間のシフト・昼間や夕方の時間のシフト・休日は正常なリズムとなる具合で夜勤の仕事をとることがおすすめできます。

このリズムの中で、昼間・夕方のシフトの日の睡眠時間は、なるべく夜間の時間帯にあてる事で一時的に生活リズムが健康的なものに回復することが期待できます。このように夜勤の方は、お仕事の時間を正循環とすることで健康的な睡眠時間の確保につとめることがひとつの方法としておすすめすることができます。

深夜夜勤が続く方の効率的な睡眠時間確保方法

お仕事によっては、深夜の夜勤が継続する方もおられると思います。深夜の夜勤が継続する場合には、シフトをずらして昼型の生活を時折でもすることが難しい事となります。このような深夜の夜勤が継続する方は生活リズムの中で良質な睡眠時間を確保することができるリズムを作ることが重要となります。

具体的には、まず、夜勤の前にわずかであっても仮眠の睡眠時間をとることがおすすめできます。つまり、夜勤からお帰りになられて一度睡眠時間を取ったあと、夜勤に出る前に再度少しだけ睡眠時間を取るというリズムです。わずかな仮眠をとることで夜勤中の眠気を覚ます効果があり、夜勤中は仕事に集中して、帰宅後の睡眠時間を良質なものとすることが期待できます。

また、コーヒーやお茶などは夜勤の後半には摂らないことが重要です。コーヒーなどに含まれるカフェインは摂取してから30分後に効果が出て、4時間程度は効果が持続します。そのため、帰宅後の睡眠時間に悪影響を及ぼします。

さらに、夜勤から帰って睡眠時間を取る際には、アイマスクをしたりカーテンを締め切るなどして光を遮断した環境で睡眠時間を確保することが良質な睡眠のためには役立ちます。

夜勤の方が良質な睡眠時間を確保するためには、食事も重要となります。夜勤が終わって食事をしてから睡眠時間までの間は、なるべく長い時間を確保することが重要です。胃に食べ物があると消化のために体内は活発に動いているため、睡眠時間中もあまり体が休まらないこととなります。

このように深夜の夜勤が続く方が健康的な睡眠時間を確保するためには、生活リズムに配慮されることが重要です。

Dream Essentials 立体型アイマスク Sweet Dreams ブラック
Dream Essentials
売り上げランキング: 647

まとめ:夜勤の方は良質な睡眠時間確保が重要

以上、本文で述べました夜勤の方のための睡眠時間の確保についてまとめると以下のようになります。

  • 夜勤の方で、シフト制などで時間の都合がつく方は、正循環のリズムを作ることが健康のためには役立ちます。具体的には、深夜の夜勤・少し早い時間の夜勤・日中の勤務・休日といった形で、徐々に昼間のリズムを作っていくことが重要です。日中の勤務と休日は睡眠時間は正しいものとするようにします。
  • 深夜の夜勤が続くなどシフトを組むことが難しいような方は、生活リズムに注意することで睡眠時間の質を高めることがおすすめできます。具体的には、深夜の出勤前に仮眠をとることや飲み物・食事などに注意することが重要です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment