これからうさぎを飼い始める方へ。睡眠時間の特徴とは?

うさぎ

うさぎの睡眠時間の態度は、うさぎ自身の警戒心の程度を表しています。うさぎは捕食される動物であるため、警戒心が強く、警戒している時には睡眠時間中も目を開けたままで眠ります。他方で安心すると睡眠時間中は目を閉じて熟睡します。うさぎを長く飼うためには、睡眠時間の特徴を掴むことが1つのポイントです。

スポンサーリンク

うさぎを飼い始めたい

夜景

うさぎはとても可愛いので、飼いたいと思われる方も多いと思います。しかし、うさぎは犬や猫ほど飼われることが一般的ではありませんし、初めて飼われる方はどのようにしてうさぎを飼えばいいのか様々な点について学ばなければなりません。

うさぎの飼い方としては食事や運動なども気をつけなければなりませんが、睡眠時間についても配慮することが必要です。うさぎの睡眠時間の特徴をつかんで、ゆっくり睡眠時間を確保してあげることが大切です。

うさぎの睡眠の特徴

まず、うさぎの睡眠について特徴的な点として是非とも知っておいていただきたいポイントとしては、うさぎは目を開けたまま睡眠時間に入ることがあるということです。

うさぎは他の動物や人間から捕食されることが多かったため、非常に警戒心が強いものとなっています。そのため、うさぎは睡眠時間中も警戒をしており、目を開けたまま睡眠時間に入ることがあるということは、とても大きな特徴です。

そのため、うさぎが目を開けているため、起きていると思って接した場合、実は既に睡眠時間中であったということもあります。目を開けたままで睡眠時間に入るという特徴は、特に新しい家に連れてきたばかりのような時に顕著にあらわれます。新しい環境はうさぎにとってはストレスを感じてしまう要因となりますので、目を開けて睡眠時間に入ることが多くなります。

うさぎは目を開けているからといって起きているとは限らないという点は、ぜひとも注意していただきたいポイントということができます。

一方で、うさぎも安心をすると深い睡眠時間を取ることができるようになります。つまり、新しい環境に慣れて、この環境であれば深く眠っても身に危険が及ぶことがないとわかると、深い睡眠時間に入り、目を閉じて眠るようになります。うさぎの睡眠時間で目を閉じる時間が増えてきた場合、うさぎはとても安心していると理解することができます。うさぎとの信頼関係ができた瞬間ということができるでしょう。

このように、うさぎの睡眠時間は、目を閉じるかどうかによって警戒度がわかるという面白い特徴があります。

うさぎの深い睡眠時間のための環境づくり

では、うさぎに深い睡眠時間をとらせてあげるためには、どのようにすることがポイントなのでしょうか。うさぎを安心させてあげるための環境づくりのためには以下のような点がポイントとなります。

まず、睡眠時間は静かな環境を確保してあげることが重要です。静かな環境の方がゆっくりと睡眠時間をとることができるのは、うさぎでも人間でも(あるいは、他の動物であっても)全く同じです。例えば、マンションであれば、高い部屋で外部からの音があまり聞こえない場所で飼うことがおすすめできます。

他方で静かな環境を提供できない場合には、うさぎを飼うこと自体を見合わせることも重要です。うるさい環境で飼ってしまい、うさぎの睡眠時間を確保してあげることができない場合、極端な場合うさぎが死亡してしまうこともありえます。これは飼い主にとってもうさぎにとっても不幸なことですので、静かな睡眠時間を確保して上げる環境を整えることができるまでうさぎを飼うのは待つのがおすすめできます。

また、適度に運動をさせてあげることも重要です。うさぎは1日30分から1時間程度運動をすることでストレス発散になると同時にゆっくりと睡眠時間に入ることができます。

その他、食事などに配慮してあげることも質の良い睡眠時間確保のためには大切となります。

このようにうさぎの睡眠時間確保のためにはリラックスすることができる環境を作ることと同時に運動や食事など当然の生活をさせてあげることに配慮するということがポイントとなります。

KAWAI わらっこ倶楽部 うさぎハウス S
川井
売り上げランキング: 1,170

まとめ:うさぎとの信頼関係を作ることが重要

以上、本文で述べましたうさぎの睡眠時間に関してのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • うさぎは睡眠時間中、目を開けたままで眠ることがあります。これはまだうさぎが警戒心をもっている証であり、目を閉じて熟睡するようになるとうさぎは安心して睡眠時間に入っているということができます
  • うさぎの睡眠時間を確保してあげるためには、何より静かな環境を整えてあげられることが重要です。仮に、うさぎのために静かな睡眠環境を提供することが難しい場合には、うさぎを飼うこと自体を差し控えることも必要です
  • うさぎの睡眠時間を良質なものとしてあげるためには、30分から1時間程度の運動をさせることや食事に配慮することなどがポイントとなります

環境などの問題もありますが、最終的にはうさぎと飼い主のとの間で信頼関係が構築出来るかどうかがうさぎを飼う上では最重要のポイントとなります。睡眠時間中に目を閉じて眠るようになった時が飼い主とうさぎの間に信頼関係ができた時点ということができるでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment