睡眠時間が確保できない忙しい社会人のための睡眠のポイント

ビジネスマン

忙しい社会人は、午後10時から午前2時までの時間帯を睡眠時間にあてる事で、睡眠時間が短くとも健康的な生活を維持することが可能となります。

睡眠時間は、出来るのであれば、1日7時間程度の睡眠時間を確保することが社会人の健康維持のためには望ましいと言えます。しかし、仕事などで忙しい社会人にとって7時間の睡眠時間を確保することは困難です。

そこで、成長ホルモンが分泌される午後10時から午前2時までを睡眠時間とすることで短時間でも効率的な睡眠をとることができます。

スポンサーリンク

十分な睡眠時間を確保することが難しい社会人

社会人

睡眠時間を十分に取ることができないという社会人の方は多いと思われます。毎日の残業や家での家事・育児などゆっくり睡眠時間を確保することは現代の社会人にとっては大変難しいのが現実です。

しかし、睡眠時間が減ってしまうことで健康に対する悪影響が生じる可能性は大きくなります。経験的に、睡眠時間の減少は健康に良くないことを私たちは知っています。また、科学的にも睡眠は、脳や体の疲れを取るとともに、睡眠中に分泌されるホルモンの働きによって新陳代謝・体細胞の活性化など健康維持のために重要な働きをすることが分かっています。

そのため、忙しい社会人ほど睡眠時間をしっかりと確保することが重要にもかかわらず、忙しい社会人ほどかえって睡眠時間を確保することが難しくなるという矛盾が生じてきます。そのため、長い睡眠時間を確保することが難しい社会人が健康的な毎日を送るためには、効率的な短時間睡眠を取ることが重要です。

睡眠時間を効率的に、短時間で取得するためにはどのような点に配慮することが重要なのでしょうか。

社会人にとって理想的な睡眠時間

社会人のための効率的な短時間睡眠の方法をご説明する前提として、まず、本来的に望ましい睡眠時間について述べます。忙しい毎日の中でも、もし可能であれば、次のような睡眠時間を確保することが健康維持のためにはもっとも望ましいということができます。

社会人にとって、もっとも望ましいとされる睡眠時間量は1日7時間程度の睡眠時間であると言われます。これは、アメリカの大規模な睡眠時間についての社会人(成人)を対象とした実験において、睡眠時間が7時間程度であったグループがもっとも長寿で健康的であったという研究データから言われるようになりました。

これに類似した研究結果は日本でも実験されており、成人(社会人)の場合、可能であれば、睡眠時間は1日7時間程度がもっとも望ましいと言えます。もし、お仕事の関係などから、可能であれば、1日の睡眠時間を7時間と設定することが健康的な毎日を送ることにつながるということができます。

短時間睡眠をとるポイント

1日7時間の睡眠時間を確保することが健康に良いとしても、忙しい社会人の場合、実際には1日7時間の睡眠時間を確保することは事実上困難である場合が多いと思われます。実際には仕事の関係から睡眠時間は4時間や5時間であるという社会人の方も多いのではないでしょうか。

そこで、忙しい社会人の場合、睡眠時間は短くとも効率的に睡眠をとる方法、つまり、短時間睡眠の方法が重要となってきます。忙しい社会人の方が短時間で効率的な睡眠を取るためには、ずばり、午後10時から午前2時までの間を睡眠時間にあてるという方法がもっともおすすめできる方法です。この時間を睡眠時間に当てることで、最低4時間程度を睡眠時間とすることでも社会人の健康には大きく寄与します。

午後10時から午前2時までの間の睡眠時間は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれます。その理由は、体の新陳代謝や疲労回復などに作用する脳内物質である成長ホルモンが最大限分泌されるのが、この4時間の時間帯であるためです。そのため、この午後10時から午前2時までの時間を睡眠時間にあてる事で、忙しい社会人でも健康を維持することにつながるということができます。

実際にも午後10時から午前2という時間帯は、社会人でも比較的外部からの連絡などを遮断して、時間を自由に使うことができる場合が多いのではないでしょうか。忙しい社会人の方であればあるほど、この睡眠時間のゴールデンタイムである午後10時から午前2時までの間を睡眠時間とすることがおすすめできます。また、社会人の方の場合、昼休みに15分程度の仮眠をとることもおすすめできます。

まとめ:忙しい社会人のための睡眠のポイント

以上本文で述べました社会人のための睡眠時間についてのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 社会人にとってもっとも望ましい睡眠時間は1日7時間の睡眠時間を確保することです。
  • しかし、仕事などで忙しく睡眠時間を確保することが難しい場合には成長ホルモンが分泌される午後10時から午前2時までを睡眠時間とすることで健康に良い影響を与えることが可能となります
  • 社会人の方の場合、昼休みに15分程度仮眠をとることもおすすめです

短時間でも効率的な睡眠時間を確保されて、社会人として活き活きとお仕事に専念されることを心よりお祈りします。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment