成人にとって睡眠時間が果たす役割とベストな眠りの長さとは?

成人式

成人の方にとって睡眠時間は脳と体の休息を図るとともに、健康維持のために重要な作用をすることとなります。睡眠時間の長さは、成人の場合には6時間が健康維持のためには最もよいと言われますが、実際には、個々人にとって必要となる長さは異なります。

本稿では成人の方の睡眠時間の特徴や一般的おすすめできる睡眠時間の長さなどについてまとめています。

スポンサーリンク

睡眠時間確保は現代の成人の課題

眠る男

睡眠は、健康を維持し、健やかな毎日を送る上で欠かすことができません。しかし、毎日が忙しい現代では十分な睡眠時間を確保することができないという方も多いのではないでしょうか。

睡眠時間があまりにも短いと健康を害したり、極端な場合には過労死などというケースもありえます。現代の大人・成人の方にとって十分な睡眠時間を確保することは非常に重要な課題ということができます。

成人にとって睡眠時間が果たす役割

ここで、睡眠時間の重要性を確認するために、睡眠時間が果たす役割について確認してみたいと思います。まず、睡眠時間中は脳と身体が休息を取ることになります。この脳と体を休ませるという睡眠時間が持つ機能は、子供でも成人でも異なるところはありません。

しかし、一方で、子供と成人とで睡眠時間が果たす役割は次の点では異なります。即ち、
子供の場合、睡眠時間は成長ホルモンが直接身体の成長に作用し、睡眠時間をとることが身体の発育に欠かすことができないものとして作用するという特徴があります。

他方、成人の場合には身体の成長は完了していますので、睡眠時間をとることで身体が成長するということはありません。しかし、成人の場合、睡眠時間を通して体の新陳代謝をはかるという作用が認められます。

具体的に言うと、成人は睡眠時間中に肌の荒れが回復したり、傷が回復したりします。また、風邪などを引いている場合には新陳代謝の促進により風邪の回復が早まることとなります。つまり、成人にとって睡眠時間は健康維持のために重要な役割を果たすということになります。

睡眠時間は子供には成長にとって重要である一方、成人にとっては、健康にとって重要ということになります。

望ましい睡眠時間の長さと睡眠障害

では、成人の場合、具体的にはどのくらいの長さの睡眠時間をとることが健康には効果的なのでしょうか。

かつては睡眠時間は8時間が良いと言われていました。しかし、近時では、成人の睡眠時間は6時間がもっともよいと言われます。これは、6時間の睡眠時間をとり続けた成人のグループが最も平均余命が長かったという研究があるためです。

そのため、一般的には成人の望ましい睡眠時間の長さは6時間ということができます。ただ、成人の方の場合、睡眠時間の長さについてはそれぞれの体質、環境、遺伝的要素、睡眠方法など様々な条件によってもっともご自身の健康に良いと感じられる睡眠時間を取られることが良いということができます。

例えば、4時間の睡眠時間でも十分効率的な仕事をこなす成人の方もいれば、10時間の睡眠時間で健康的な生活を送られる成人の方もおられます。つまり、成人の方の場合、どのくらいの睡眠時間がベストかという点は個々人によって異なることになります。ご自身がもっとも快適に日常生活を送ることが可能な睡眠時間がもっとも良い睡眠時間ということになります。

一方で成人の方の場合には睡眠時間に関するトラブル、即ち、睡眠障害を患ってしまう場合も多くあります。睡眠時間が極端に短かったり、充実した睡眠時間をとることができないような不眠症や中途覚醒といったケース、逆に睡眠時間が異常に長すぎて生活に支障をきたしてしまうという過眠症というケースがありえます。

睡眠障害は子供でも発症することはありますが、成人の発症の方が多いということができます。睡眠時間の障害が生じた場合には成人の場合、仕事への差支えなど社会生活上の問題へとつながります。また、成人の睡眠障害の場合には、とても大きな精神的なストレスや疾患を抱えているケースもありえます(例えば、過眠症の場合には睡眠時無呼吸症候群が背後に隠れていることが考えられます)

成人の方にとって充実した睡眠時間をとることは、健康のためにも健全な社会生活を送るためにも非常に重要となりますので、睡眠時間に問題を感じられた場合には、早めにクリニックを受診されることが重要となります。

まとめ:成人の方の睡眠時間に関するポイントのまとめ

以上、本文で述べました成人の睡眠時間に関するポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 睡眠時間には脳と体に休息を与えるという働きがあります。これは成人でも子供でも共通となります。
  • 睡眠時間は子供の場合には、成長のために重要となる一方、成人の場合には健康維持のために重要となります。この点が子供と成人とで睡眠時間が果たす役割の大きな違いということができます
  • 睡眠時間として適切な長さは成人の場合には6時間と言われます。ただ、個々人によってベストな睡眠時間の長さは異なるので6時間という基準はひとつの目安とされることが良いということができます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment