生後8ヶ月の子の寝かしつけと睡眠時間確保のポイント

赤ちゃん

生後8ヶ月の赤ちゃんは、睡眠時間の取り方について工夫をすることが重要です。生後8ヶ月頃になると、離乳食が進むなどこれまでの見守ることが中心の育児とはやや育児の方法が異なってきます。そのため、生後8ヶ月頃は、睡眠時間を確保してあげるとともに、親御さんの健康・睡眠時間にも配慮することが重要です。

スポンサーリンク

生後8ヶ月の赤ちゃんと睡眠時間

双子の赤ちゃん

赤ちゃんも生後8ヶ月の頃になると、生活リズムや性格に少しずつに変化が生じてきます。
これまでの母乳やミルクなどから離乳食が増えてくるようになります。また、精神的にも少しずつ自分というものを意識し始めます。

このような生後8ヶ月ころの赤ちゃんの変化に伴い、育児の方法にも変化を加えることが重要となってきます。具体的には睡眠時間を正常な、規則正しいものとするように支援していくことが重要となります。

少しずつ断乳をしていこう

生後8ヶ月頃になると、概日リズム(サーカディアンリズム)と呼ばれる、朝おきて夜眠るという睡眠時間のリズムが相当定着しつつあるのが一般的です。とはいえ、まだまだ夜泣きをする子や寝つきが良くない子などもいます。子どもの睡眠リズムはやはり個々人でそれぞれであり、生後8ヶ月頃の時点では、寝かしつけは育児にとってまだまだ大きな課題です。

「ねる子は育つ」というように生後8ヶ月の赤ちゃんにとって睡眠時間の確保は非常に重要です。睡眠時間中に子供は成長ホルモンが大量に分泌され、睡眠時間が心身の発育にとても重要な役割を果たします。そのため、生後8ヶ月における個々の赤ちゃんの睡眠リズムに配慮しつつも、睡眠時間確保の支援はとても重要となります。

生後8ヶ月頃の場合、赤ちゃんは寝付きのために、いわゆる「添え乳」を欲しがることが多い傾向にあります。つまり、おっぱいを飲むことで安心して睡眠時間に入るということです。8ヶ月ころの赤ちゃんはまだまだお母さんの肌に触れて安心したい時期ですので、この添え乳を求めることがあります。そして、添え乳をすることで安心して睡眠時間に入るため、思わず、添え乳に頼ってしまいがちとなります。

しかし、あまりに添え乳に頼ると、逆に添え乳がないと生後8ヶ月を過ぎても睡眠時間に入ることができなくなる癖がついてしまうおそれがあります。そのため、ある程度の「断乳」をすることも重要です。いわゆる乳離れです。

添え乳をせずとも、生後8ヶ月の赤ちゃんが睡眠時間に入ることができる癖をつけてあげることが重要です。

昼間に疲れさせて夜の睡眠時間を確保する

疲れれば眠くなるということは、大人であれ生後8ヶ月の赤ちゃんであれ、違いはありません。生後8ヶ月の赤ちゃんは長い睡眠時間を確保するとともに、昼夜逆転しない睡眠時間のリズムを作ってあげることも重要となります。

もちろん、生後8ヶ月の時点ではまだまだ昼間の睡眠時間もたっぷりとることとなります。ただ、それに加えて、夜もしっかりと睡眠時間を取ることができるよう、昼間のあいだに体をよく動かさせるなどして夜自然と眠くなるように「仕向ける」ことも健全な睡眠時間を確保するためにはとても重要となります。

両親の睡眠時間確保にも配慮

生後8ヶ月頃になると、単にベットに寝かし、見守るだけでは不十分であり、色々と「かまって」あげることも必要となります。つまり、育児の負担が生後8ヶ月頃になるとそれ以前よりもさらに大きなものとなります。

この場合に注意したい点としては、育児をするご両親の睡眠時間などの確保です。特に育児に専念されているお母さんなどは、かえって睡眠時間が確保できずに、体を壊してしまう可能性があります。

そこで、生後8ヶ月ころになって育児の疲れがたまってきた場合にはご両親、特にお母さんの睡眠時間が確保できるよう周囲の協力を得ることも重要です。具体的には、赤ちゃんから見て祖父母に当たる方に時々子供を預かってもらうなどして思いっきり睡眠時間を取るなど羽を伸ばす時間をとることも重要です。

生後8ヶ月頃は、赤ちゃんの睡眠時間だけではなく、ご両親の睡眠時間を確保して健康を守ることにも配慮したい時期です。

まとめ:生後8ヶ月の育児と睡眠時間

以上、本文で述べました生後8ヶ月頃の赤ちゃんの睡眠時間や育児についてのポイントをまとめますと、以下のようになります。

  • 生後8ヶ月頃はまだまだ、睡眠時間を確保してあげたい時期です。ただ、生後8ヶ月の頃は、同時に少しずつ断乳をすることも重要です。添え乳に完全に慣れてしまうことで、添え乳なくして睡眠時間に入ることができない状態になってしまいがちなので注意が必要となります
  • 生後8ヶ月の頃になったら、可能な限り昼間に遊ばせるなどして疲れさせて、夜は眠るという生活リズムを構築してあげることが重要です。睡眠時間は夜に多く取るようにさせることが健康的に育つためのポイントです
  • 生後8ヶ月の頃は、親御さんの睡眠時間を確保することも重要です。育児で疲れがたまりだしてしまうのも生後8ヶ月の頃ですので、ご両親の親御さん(祖父母)の協力を得るなどして親御さんも睡眠時間を確保するように努めてください

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment