生後7ヶ月頃に始まる!夜泣きと睡眠時間の関係

子供

生後7ヶ月の赤ちゃんというのは、おすわりができるようになったり離乳食が始まったりと、どんどん成長を感じられる時期です。

そんな生後7ヶ月は睡眠リズムが確率してくる時期でもあります。

中でもこの頃から「夜泣き」が始まることが多く、睡眠リズムの確率に大きく関わっています。

ここでは、生後7ヶ月頃の赤ちゃんの特徴と、夜泣きと睡眠時間の関係を説明していきます。

スポンサーリンク

生後7ヶ月頃の赤ちゃんの特徴

ペンギン

生後7ヶ月になると赤ちゃんにも知識がついてきて、いろんな反応が楽しめたり一緒に遊べるようになったりします。

体重増加が落ち着いてくる

生後半年を過ぎると、体重の増加が緩やかになってきます。動きが活発になり運動量が増えるからだと言われていますが、少しずつでも増えていれば問題ないです。一方、身長がぐんぐんと伸びる時期でもありますので、体重は変わらないのに痩せたように見えることもあります。母子手帳などに記載のある「成長曲線」を参考にし、同じようなカーブを描けていれば心配する必要はありません。

離乳食が進む

早い子であれば生後5ヶ月から離乳食が始まります。遅くとも生後7ヶ月までには離乳食を始めるよう医療機関でも指導がありますので、この頃の赤ちゃんは母乳以外からも栄養を摂る練習をしています。
まだこの頃の離乳食は「栄養を摂る」ためではなく「食事を食べるための練習」を目的としていますので、栄養はまだまだ母乳から摂っています。

おすわりやハイハイができるように

運動面では個人差が大きいですが、この頃になるとおすわりができるようになる赤ちゃんが多く、また早い子ではハイハイができるようになります。
おすわりができるようになるとオモチャで遊んだり同じくらいの赤ちゃんと交流できるようになったりと興味がどんどん増えていきます。

人見知りが始まる

こちらも個人差が大きく、早い子ではもっと低い月齢から始まりますが、この頃になると人見知りが始まる赤ちゃんが多いです。
人見知りをするということは大人の区別がつくようになった証拠であり、また自分の近くからいなくなる不安を表現できるようになった証拠でもあり、成長の証です。

生後7ヶ月は夜泣きが始まる

生後7ヶ月ころは、夜泣きが始まる赤ちゃんが多いです。夜泣きの原因はまだはっきりとはわかっていませんが、睡眠リズムを確率させるための大切なことであるということはわかっています。

夜泣きの原因は?

様々な研究がすすめられていますが、はっきりとした原因はわかっておらず、いくつかの要因が重なるのではないかと言われています。
この頃の赤ちゃんはまだ周囲からの刺激に敏感で、日中の興奮や周囲の大人の不安感なども影響しているのではないかと言われています。

睡眠時間との関係は?

昼間に寝ている時間が長いと、夜泣きを誘発しやすくなるのではないかという研究があります。この頃の赤ちゃんは一日に睡眠時間が一気に短くなり、日中は午前午後一回ずつのお昼寝程度で大丈夫になります。そのため、お昼寝を長くさせすぎたり、夜ふかしや朝寝坊が癖づいてしまうと睡眠リズムが整いません。
毎日同じ時間のお昼寝を心がけ、早寝早起きできるようにしましょう。

質の良い睡眠のためには

夜間、ぐっすりと質の良い睡眠をとってもらうためにできることがあります。
まずは日中しっかりと運動させること。お散歩に行ったり体を動かして遊んだり、動ける範囲でたくさん運動をさせると、夜は疲れてよく眠るようになります。
そして寝る前の環境を整えること。寝る直前までテレビがついた騒がしい部屋にいるよりも、静かな部屋で優しい音楽を流したり、ゆっくりと話しかけることで赤ちゃんの心も落ち着き、健やかな眠りに誘うことができます。

どうしても夜泣きが治らないときは?

夜泣きをすることは睡眠リズムを確率させるための大切な登竜門であるとも言われています。もちろん個人差があるので、全く夜泣きをしない赤ちゃんもいますし、一言に夜泣きといってもグズグズするだけの赤ちゃんもいればギャーギャー泣き叫ぶ赤ちゃんもいます。どうしても泣き止まないときは一度起こして落ち着かせるといいでしょう。
多くの赤ちゃんが1ヶ月前後で夜泣きが治る傾向にありますので、成長の証と割り切って付き合ってあげてください。

赤ちゃんが朝までぐっすり眠る方法
エリザベス・パントリー 竹迫 仁子
エクスナレッジ
売り上げランキング: 4,779

睡眠時間は大事な成長のもと

一日の睡眠時間が一気に短くなってくる時期であり、しっかりと夜の睡眠とお昼寝とを区別しておく必要があります。とくにお昼寝は毎日決まった時間に短時間を、を心がけましょう。昼間にしっかりと運動をさせ、規則正しい生活を送ることで、夜間にまとまった時間眠ることができるようになってきます。
たくさん眠ることで赤ちゃんは記憶の整理をするとも言われています。中には夜泣きをしてしまう赤ちゃんもいますが、それも成長のためには大切なひとつです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment