生後四か月の赤ちゃんの睡眠時間はママの工夫次第

広告ロゴ
目

赤ちゃんも生後4か月の頃から活発に動き出す子も居ればまだまだ新生児の延長のような子もいますこのような個人差がどうしても目立つ時期でもあります。そして睡眠時間も長くなってきて、これまでの新生児時代を振り返るとずいぶんと楽になった、と感じるママも多いのでは?

その一方で生後4か月の睡眠時間の悩みを持つママも増えてくるのも否めません。これは赤ちゃん自身の睡眠と家族の関わり方によって大きく左右される場合があるからです。赤ちゃん側の事情とママができる工夫についてもまとめてみましたので新米ママさんのお力になれたら幸いです。

スポンサーリンク

授乳中にママができる工夫

今はねんねの時間だよ

母子

夜中の授乳時間はママもとても辛いことです。勿論可愛いわが子のために頑張って昼夜問わずに授乳をしてあげるのは母親としての役割です。けれども真夜中から朝方にかけて赤ちゃんの目がぱっちりと醒めてしまうのはちょっと・・・。

もしかしてその授乳時間に赤ちゃんのスイッチを入れてしまってませんか?すこしご自身の行動パターンを見直してみてください。例えば寝室から明るい居間など授乳のたびに移動をして家族みんなであやしたりすると赤ちゃんはすっかりと遊びモードにはいってしまものです。

こうすることで4か月頃の赤ちゃんの睡眠時間はとても細切れになってします恐れがあるのです。そんな時には授乳を終えたらまたすぐ眠れるような環境を作ってあげてください。例えば寝室に小さな灯りを用意してその中で授乳をしてすぐにまたねんねの時間だよ・・と促すのです。そうです、寝るモードを演出するのです。

ちょっとしたコツで乗り切ろう

幼い頃から寝室と居間の使い分けをすることをおすすめします。特に生後4か月の赤ちゃんにとっての睡眠時間を大きく左右するのは度重なる授乳のたびの覚醒だと思います。お昼寝以外の時、特に夜の時間の睡眠は静かで落ち着いた場所を確保してあげてください。こうすることで生後4か月の赤ちゃんでしたら徐々に暗い部屋では眠るという習慣が育ってくるものです。

夜はねんね、昼間はおあそび

小さな赤ちゃんにも体内時計というものが備わっています。生後4か月のころになるとしっかりと眠る時間と起きている時間をコントロールできるように一応なってくるものです。昼間で起きている時間には気温などの様子を見て外の風に当たってみたり少々の刺激を与えてあげましょう。そうすることで赤ちゃんも心地よい疲れを感じやすくなります。

ママもこの時期の赤ちゃんに接するときにはおあそびにつきあってあげてください。ママが一生懸命遊ぶとあかちゃんもつられて遊ぶものです。そして夜の授乳には工夫をしてそのまま遊び時間に突入しないように心がけて少々心を鬼にしながら、「今はねんねの時間だよ」という言葉を掛けてあげましょう。

生後4か月の赤ちゃんに対するママの気持ち

周りのママとの会話から

どうしてもママ友さんとの会話の中で「うちの子はよく眠るの・・」「朝までぐっすりなの・・」などという声を聴いてしまうと自分の所の赤ちゃんが夜中にぐずっているとそれが何となく劣等感に繋がってしまうママの心理があります。

でも大丈夫です。同じ生後4か月赤ちゃん同士でも個人差はあるものです。ほんの一時的なものだと捉えて少々夜中に起きて寝ぐずっても出来るだけドンと構えてみてください。
家族の協力を仰いで昼間はママも横になったり家事は後回しにしてください。

そこで、間違っても赤ちゃんに八つ当たりをしたりするのはNGです。気持ちはわかります。イライラもしますよね、けれどもママになった以上こうしてわが子との時間の流れを共にすることは最初のスタートラインなのです。

生後4か月頃から

赤ちゃんにも自我が芽生え始めます。先月はまだわかっていなかったことが急にわかりだす、そんな時期なのです。夜の睡眠時間も少しの刺激で少なくなってみたりママの心のイライラを敏感に感じ取って夜泣きに繋がったりもするのです。

生後4か月の睡眠時間に正解はありません。しかしながらママにわかっていて欲しいのは赤ちゃんはママの感情や顔色を見ています。ちゃんと察知できるようになっているのです。睡眠時間をしっかり取ってもらいたいと赤ちゃん側に要求するだけでは何も改善されません。

極力、今の時期の赤ちゃんとの関わりには気持ちを添えて睡眠時間がより深く取れるような環境作りから始めてみてください。

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド
清水悦子
かんき出版
売り上げランキング: 333

生後4か月の赤ちゃんにとっての睡眠時間まとめ

  • 赤ちゃんには個性があるので一時的な睡眠時間の長短は気にしない
  • 昼間は赤ちゃんに刺激を与えてメリハリのある時間の過ごし方をする
  • 赤ちゃんを変える前にママの気持ちを入れ替える

生後4か月の赤ちゃんにとっての睡眠時間に一番深く関係しているのはママや家族との関わりだ思います。真っ新な状態の赤ちゃんにとってより心地よく生活のリズムを学びそして睡眠時間をより効率的に取れるようにするためには、ママ側の努力も不可欠なのです。頑張ってくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。