可愛い盛りで気になる睡眠時間。生後2ヶ月の赤ちゃんの眠りについて

赤ちゃん

生後2ヶ月の赤ちゃんに対しては、可能であれば、少しずつ睡眠時間を規則正しいものとしてあげることが重要です。生後2ヶ月の時点では、赤ちゃんの睡眠時間は乱れていてもあまり問題はありません。そのため、可能であれば、少しずつ、睡眠時間をただしていく準備をすることがポイントです。

スポンサーリンク

まだまだ育児が大変な生後2ヶ月。特に睡眠時間は大変

夜景

生後2ヶ月、新しい家族が増えたことに関しては、お母さんもお父さんも慣れてきた頃なのではないでしょうか。しかし、育児に関してはまだまだ大変なことが多いのも生後2ヶ月の頃の特徴です。

生後2ヶ月くらいの時期ではまだ赤ちゃんには時間の概念が希薄です。そのため、睡眠時間が安定しておらず、深夜まで起きているなど、いわば「夜型」の生活リズムとなってしまうことがあるのも生後2ヶ月位の赤ちゃんの特徴です。

生後2ヶ月くらいから少しずつ、いろいろな生活のルールを身につけさせていきたいところです。特に睡眠時間に関しては健康にも関わるので、配慮してあげたいところです。生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間については具体的には以下のような点に注意してあげることが重要です。

生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間の特徴

まず、生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間の特徴としては、まだまだ規則正しい睡眠時間を取らせることは難しいということが特徴です。生後2ヶ月になり、いろいろなことを覚え始める時期ですが、まだまだ「始期」に過ぎません。そのため、客観的な時計の時間を理解して規則正しい睡眠時間を取らせることは難しいということができます。生後2ヶ月の赤ちゃんの時計はまだ体内時計が中心となります。

そのため、生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は時に乱れることもあります。例えば、夜半の1時や2時に起きてしまうこともまれではありません。まだまだ不規則に目を覚まして泣き出すことも多々あります、その一方で睡眠時間が12時間の日があるなど、まさに自由奔放な睡眠時間の取り方をするのが生後2ヶ月頃の赤ちゃんの特徴です。

このような睡眠時間のリズムを見て心配になられる方もおられます。しかし、睡眠時間のリズムが乱れるのは生後2ヶ月くらいではまだまだ当然のことということができます。生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間のリズムは「乱れるのが当然」というくらいの意識で望んでも十分ということができます。

生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間をよくするためには

とはいえ、少しずつ正しい睡眠時間のリズムを身に付ける方向性で育児をしたいのが、生後2ヶ月の頃ということができます。具体的には、朝や昼の時間に可能な限り太陽の光を浴びさせてあげるということが正しい睡眠時間のリズムを身につけさせるためには重要となります。

脳内物質の関係から、人間の体は朝日を浴びることによって睡眠時間のリズムが規則正しいものとなります。そのため、朝日を体いっぱいに浴びせることで睡眠時間のリズムを正常化することが可能となります。また、昼間の起きている時間にしっかりと遊ばせてあげることも重要です。昼間に体を動かすことで、夜の深い睡眠時間確保へとつながります。

ただ、注意すべき点としては、睡眠時間を規則正しいものとすることをあまり急いではいけないということです。睡眠時間のリズムは生後2ヶ月ではまだまだできていない方が普通ということができます。そのため、睡眠時間を規則正しくすることは、「できるのであれば」してあげるのが望ましいですが、それよりも生後2ヶ月の赤ちゃんの生活リズム・睡眠時間のリズムを守ってあげることのほうが重要ということができます。

生後2ヶ月の時点で無理に睡眠時間を矯正しようとしてしまうと、かえって赤ちゃんの深い眠りや現時点の生体リズムに基づく睡眠時間のリズムを壊してしまうことになりかねません。

このような点に配慮しながら、生後2ヶ月の時点では少しずつ正しい睡眠時間のリズムができるよう育児をすることが重要です。また、お母さん・お父さんとしても睡眠時間のリズムの乱れから、体を壊してしまわないようにすることも大切です。

赤ちゃんだけではなく、お母さん・お父さんの睡眠時間や体調の管理が重要となってくるのも生後2ヶ月時点での育児のポイントです。

ディズニー いっしょにねんね ベビーミッキー
タカラトミー (2007-02-01)
売り上げランキング: 14,495

まとめ:生後2ヶ月の赤ちゃんと睡眠時間のポイントのまとめ

以上、本文で述べました生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間についてのポイントをまとめますと、以下のようになります。

  • 生後2ヶ月の時点ではまだ赤ちゃんの睡眠時間のリズムは体内時計のリズムが中心となります。そのため、夜中に起きるなど睡眠時間が不規則になることは生後2ヶ月時点ではあまり問題ではありません。心配しすぎないことが重要です
  • 生後2ヶ月の時点で少しずつ正しい睡眠時間のリズムを取らせてあげるためには、朝日を浴びさせることや昼間に体を使わせて、遊ばせることなどがポイントです。ただ、あまり無理に睡眠時間をただす必要はないと言えます

生後2ヶ月はかわいい盛りでまだまだこれから育児は続きます。お母さん・お父さんも睡眠時間のリズムを壊さないようにして、すくすくと育っていく我が子の成長を見守って行きたいものです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment