生まれたばかり。生後1ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間確保について

睡眠中の赤ちゃん

生後1ヶ月の赤ちゃんは睡眠時間確保のために配慮してあげることや親の睡眠時間を確保することなどが大切です。生後1ヶ月の赤ちゃんは長い睡眠時間を確保することですくすくと育っていきます。

また、生後1ヶ月の後も育児は続きますので、両親が睡眠不足で疲れてしまうような事態は避けなければなりません。生後1ヶ月の赤ちゃんを育児するためには、赤ちゃんだけではなく両親の睡眠時間を確保することも重要です。

本稿では、生後1ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間確保のための方法などについてまとめています。生まれたばかりの生後1ヶ月の赤ちゃんをお持ちの方のご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

生後1ヶ月の赤ちゃんの睡眠状況

夜景

家族が増えました。新しい赤ちゃんは、大切な、大切な新しい家族です。生後1ヶ月程度を経た赤ちゃんの睡眠時間は1日の大半であり、昼夜の区別なく睡眠時間となります。

生後1ヶ月の赤ちゃんは、長い睡眠時間の間に大量の成長ホルモンを脳内から分泌させています。そのため、生後1ヶ月の赤ちゃんにとって睡眠時間を大量にとることはとても重要です。

そのため、生後1ヶ月の赤ちゃんのためには、その大量の睡眠時間を確保するための環境を整えてあげることがとても大切です。

生後1ヶ月の赤ちゃんのための睡眠環境確保の方法

具体的に、生後1ヶ月の赤ちゃんのために整えてあげることが望ましい睡眠環境としては以下のような点に配慮することが重要です。

夜安眠できる環境づくり

生後1ヶ月の赤ちゃんは昼夜の区別なく睡眠時間となりますが、睡眠時間の中心となるのはやはり夜となります。夜は特に睡眠時間としてしっかりと寝かせてあげることが、生後1ヶ月の以降の睡眠時間リズムを正しくするためにとても意味があります。

具体的には、生後1ヶ月の赤ちゃんがいる場合、テレビや照明の影響がない場所に寝かしてあげることが大切です。生後1ヶ月の赤ちゃんでも、もちろん、音がうるさければ気になってリラックスした眠りにつくことが出来ないことは大人と全く変わりはありません。
そのため、テレビなどの音は特に気をつけてあげることが夜の睡眠時間を確保するために大切です。

また、生後1ヶ月程度の赤ちゃんは肌の接触で強い安心感を覚えます。そのため、眠る前に髪の毛・うなじをなでてあげたり、背中を軽くゆすってあげることなどがおすすめできます。もちろん、子守唄を歌ってあげることなども赤ちゃんの安心につながります。

このようにして生後1ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間を確保してあげるためには、静かな環境を整えてあげることと、お父さん・お母さんのスキンシップを高めることが大切となります。

生後1ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間確保するための寝具

次に、眠りやすい寝具を確保してあげることも、生後1ヶ月の赤ちゃんの良質な睡眠時間を確保するためには重要です。具体的には、生後1ヶ月の赤ちゃんに良質な睡眠時間を与えてあげることができる寝具は以下のようなものが大切となります。

まず、枕については、生後1ヶ月の赤ちゃんの安心した睡眠時間確保のためには、バスタオルを4つ折りにしたものを枕にすることがおすすめできます。生後1ヶ月赤ちゃんは汗をかきやすく、嘔吐をする場合などもあります。そのため、バスタオルを枕として利用することがおすすめです。なお、バスタオルは、生後1ヶ月の赤ちゃんの顔にかかってしまわないようには極力注意されてください。

次に、キルトパットの使用がおすすめできます。生後1ヶ月くらいの赤ちゃんの場合、汗やおしっこを吸収させるために利用がおすすめです。

お父さん・お母さんの睡眠時間確保

生後1ヶ月に限らず、育児期間は、お父さん・お母さんの睡眠時間を確保することも重要です。

生後1ヶ月くらいの場合には、特にお母さんは何度も目を覚まさなければなりません。そのため、お母さんの睡眠時間確保がとても重要です。生後1ヶ月以降も育児はずっと続きます。そのため、生後1ヶ月の時点で睡眠時間が足りずにノイローゼになってしまっては十分な育児を続けることができません。

生後1ヶ月を経てから後も育児を協力的にできるよう夫婦で互いに協力関係のもと、睡眠時間を確保することが重要です。また、生後1ヶ月の赤ちゃんから見た場合に祖父・祖母にあたる、両親の協力を得ることでお父さん・お母さんの睡眠時間を確保することも意味があります。育児は家庭一丸となって行うものであることや祖父母の実体験に基づく育児を学ぶ事も赤ちゃんをよりよく育てる上では役に立ちます。

生後1ヶ月の赤ちゃんの育児はこれから

本稿で述べましたことをまとめさせていただくと、以下のようになります。

  • 生後1ヶ月の赤ちゃんは1日のほとんどが睡眠時間となりますが、主として夜の時間に睡眠時間をたくさん取ることが出来るようにすることが大切です。具体的には、テレビや照明が当たらないように配慮してあげることが大切です。
  • 生後1ヶ月の時点では育児はさらにずっと続きます。そのため、両親、特にお母さんが睡眠時間を確保することができるように家族で配慮することが重要です

育児は長く続きます。家族一丸となって育児をしていくことが家族の絆につながります。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment