どう眠らせてあげればいいの?子犬の睡眠時間確保のためのポイント

子犬

子犬の睡眠時間を確保してあげるためには、環境や空間に確保してあげることが重要です。
子犬の睡眠時間は長いのですが、その睡眠の質は、実はあまり深く眠っているものではありません。そのため、子犬が安心して眠ることができるように、環境や空間を確保してあげることが重要です。

本稿では子犬の睡眠時間や良質な睡眠時間を確保するためのポイントをまとめています。

スポンサーリンク

愛らしい睡眠中の子犬の姿

砂時計

眠っている子犬の姿はとても可愛く、愛らしい姿です。睡眠時間中の子犬の姿を見ることも子犬を飼う楽しみの一つということができます。子犬の健全な成長のために睡眠時間はしっかりと確保してあげたいものです。

愛らしい子犬がゆっくりと眠ることができるよう、睡眠時間について少し詳しく学んでみましょう。

子犬の睡眠時間とそのリズム

まず、子犬の睡眠時間は、1日18時間にもなります。実に1日の75パーセントもの時間を睡眠時間にあてているのが子犬の睡眠時間の特徴です。子犬は、総睡眠時間は長いのですが、実は睡眠時間中、あまり深くは眠っていません。

子犬の睡眠時間は人間と同じように、ノンレム睡眠とレム睡眠の睡眠時間があります。つまり子犬の睡眠時間には、深く眠っている時間とそうでない時間時間とがあるのです。そして、睡眠時間の2割程度が浅い睡眠時間であるレム睡眠時間であるのが、子犬の特徴です。なお、この特徴は成人犬となっても異なるところはありません。

本来、犬は自然の中で生活し外敵から身を守る必要があったために、睡眠時間中も意識をはっきりとさせておく必要があったためではないかと一説には言われています。このように子犬は睡眠時間は長いものの、その質は決して深いものではないということは押さえておきたいポイントです。子犬の睡眠時間中は浅い睡眠から起こさないように、配慮をしてあげたいところです。

レム睡眠(浅い睡眠時間)かノンレム睡眠(深い睡眠時間)かについては、子犬の睡眠時間中の動作などから判断することができます。子犬がまどろむような仕草をとっていれば、まだ子犬は外的に対応する浅い睡眠時間の間です。一方で、深い睡眠時間は仕草や態様から熟睡しているのがわかります。短い熟睡時間中はゆっくりと寝かせてあげましょう。

子犬の睡眠環境を確保してあげる方法

このように、子犬は長い睡眠時間をとります。また、その睡眠時間中は、あまり深く眠っていないということが大きな特徴です。このような子犬の睡眠時間の性質を考慮した場合、以下のような点に配慮して睡眠環境を整えてあげることが重要です。

場所の確保

子犬の健全な睡眠時間を確保するためには、まず、眠りやすい場所を確保してあげることが重要です。具体的には、空間や光、空調などに配慮します。

まず、空間としては、子犬のためにあまり広くない睡眠スペースをとってあげることが重要です。というのは、睡眠のためのスペースがあまりに広いと広い場所を常に確保しなければならないという学習を子犬がしてしまうことによって、広いスペースでなくては眠れない体質になってしまうためです。このため、子犬の睡眠のための空間はあまり広くしすぎないことが重要です。

具体的には、睡眠時間が来たら子犬をかごなどに寝かすことがおすすめできます。

光や空調への配慮

次に、子犬の睡眠時間においては、光や空調を工夫してあげることも重要です。例えば、睡眠時間中に太陽の直射日光が当たってしまう場所では、子犬も安心して眠ることはできません。

そのため、子犬がリラックスして睡眠時間を取ることができるよう、直射日光の当たる場所ではないところを寝床に選んであげることが重要です。また、空調にも注意したいところです。クーラーの冷風が直接当たるところを寝床とした場合には子犬が睡眠時間中に風邪をひいてしまいます。

このように、子犬がよく眠ることができるよう、場所や空調等の環境に配慮してあげることがとても重要です。
その他、睡眠時間を確保してあげるために、寝床をいつも清潔にしてあげることも大切なポイントとなります。

睡眠時間以外にも、食事や散歩、部屋で遊ばせる時間など様々な点に配慮することが子犬を育てる上では大切となります。

新版  子犬の育て方完璧宣言!: 子犬が来た日から始める16週間のしつけと健康管理
戸田 美由紀 鏑木 英明 渡辺 格 土居 誠
誠文堂新光社
売り上げランキング: 396,947

まとめ:子犬の睡眠時間確保のためのポイント

以上、本文で述べました子犬の睡眠時間確保のためのポイントなどをまとめますと以下のようになります。

  • 子犬は1日18時間程度の睡眠時間をとりますが、実はあまり深くは眠ってはいません。そのため、睡眠時間中に安心して眠ることができる環境を整えてあげることが重要です
  • 子犬の良質な睡眠時間を確保するためには、空間や環境に配慮することが重要です。空間としてはあまり広すぎない寝床を確保すること、環境としては直射日光があまり当たらない環境とすることやクーラーの冷風が直接当たらない環境とすることなどが大切です

子犬を育てるのは、子供を育てることと、とても近いものがあります。小さい子供のうちは、しっかりと睡眠時間を確保してあげて、成長を見守ってあげることがとても重要です。
かわいい子犬が元気に、すくすくと成長していくことをお祈りしています。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment