睡眠時間と基礎体温の関係とは?よく眠りしっかりと体温を計測

温かい飲み物

基礎体温と睡眠時間には関連があります。睡眠時間が短いと基礎体温が低くなるなどして、基礎体温を正しく測ることができなくなります。基礎体温を正しく測るためには適正な睡眠時間を確保することが重要となります。睡眠時間を確保するためには、ある程度生活のリズムを工夫するなどすることが重要です。本稿では、睡眠時間と基礎体温の関係についてのポイントをまとめています。

妊娠などのために基礎体温を測りたい方の参考として頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

基礎体温の測定と睡眠時間

寝る女性

基礎体温は起床時点での体の体温をいいます。基礎体温の高低は妊娠や生理周期などに影響し、特に女性の健康には大きな影響があります。そのため健康維持や妊娠のために基礎体温を測定される女性の方は非常に多くおられます。

基礎体温を正確に測り続けるためには睡眠時間を適正に取ることが大切になってきます。

基礎体温をしっかり測るための睡眠時間

基礎体温を適正に測り続けるためには、睡眠時間は最低でも、おおむね5時間程度を取ることが大切です。睡眠時間が不足すると基礎体温は低くなってしまいがちです。睡眠時間中は体温が下がるため、その下がった状態で体温を測定することになります。

そのため、仕事が忙しいなどのために睡眠時間が少なかった日については、基礎体温のグラフなどにその旨を付記しておくなどして基礎体温測定から除外することが良いということができるでしょう。

一方で睡眠時間が長くなりすぎると基礎体温が高くなってしまう傾向にあります。一般には10時間を超えて睡眠時間を取ってしまった日も基礎体温の測定基礎からは除外したほうが良いということができます。つまり、基礎体温を適正に測るためには、睡眠時間を短すぎず、かつ長すぎず取ることが大切ということになります。

適正な基礎体温のための睡眠時間確保法

このように基礎体温を正確に計測するためには、睡眠時間の長さを適正にすることが重要となります。では、効率的に睡眠時間を取り、基礎体温を平均的に保つためにはどうすれば良いのでしょうか。

まず、基礎体温を図る目的を明確にすることが大切です。基礎体温を測る方は主として女性の方で妊娠を希望されている方が多いかと思われます。そこで、基礎体温のリズムを把握して妊娠につなげるために、一定期間は仕事や娯楽などをコントロールして睡眠時間を確保するよう努めることが大事になります。

妊娠までは、例えば深夜はパソコンの閲覧を控えることなどが睡眠時間確保のためには効果的です。パソコンは睡眠時間を削ってしまうだけではなく、その光は睡眠時間中の睡眠の質にも悪影響を及ぼします。その他にも可能な限り、睡眠時間を確保することができるよう、周囲の人に家事を協力してもらうことなどが重要です。

このように目的達成までは睡眠時間をコントロールすることが適正な基礎体温を維持する上では重要となります。

次に、睡眠時間のリズムに配慮されることも重要となります。人間の体は基本的には日中に覚醒して夜は眠るというリズム(サーカディアンリズム・概日リズム)を持っていますが、夜ふかしなどが続いてしまうと睡眠時間のリズムが崩れてしまい、なかなか夜に眠るというリズムが取れなくなってしまいます。

そのため、基礎体温を測る期間などには睡眠時間のリズムに配慮して規則正しい生活を続けることが重要となります。

その他メンタル面に配慮することも適正な基礎体温を維持するためには重要です。つまり、精神的なストレスがあると自律神経の働きが乱れてしまい、基礎体温が低くなってしまうことがあります。基礎体温は副次的な要素としてメンタル面の影響も受けるということも理解しておくことがポイントです。

基礎体温の測り方としては起床後、すぐに体温を測ることが重要です。基礎体温は起床時に全く運動などをしていない状態での体温を測定する必要がありますので、睡眠時間が終了した時点ですぐに体温を測定しましょう。そのため、毎日枕元に体温計を用意しておくことが必要です。

基礎体温を測るための専門の婦人体温計なども販売されておりますので、そういったものを購入して体温を測られることも正しく基礎体温を測るためには効果的です。

まとめ:基礎体温と睡眠時間の関係のまとめ

以上、本文で述べました基礎体温と睡眠時間の関係についてまとめますと以下のようになります。

  • 基礎体温は睡眠時間によって影響を受けます。適正な基礎体温を測るためには最低でも5時間程度の睡眠時間を確保することが大切です。ただ、長時間の睡眠時間も適正な基礎体温を維持することを阻害しますので、適正な睡眠時間をとることが重要です
  • 妊娠などのために基礎体温を正しく測定するためには、睡眠時間を確保するために生活リズムを整えることなどが大切です。また、精神的なストレスなども基礎体温を低くする要因になるので、可能な限り精神的なストレスをためないことも大切です
  • 基礎体温を測るために専門の体温計なども販売されていますので、正しく基礎体温を測るためにはそのような体温計を利用することも効果的です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。