大学生よ、睡眠時間を管理して時間活用しよう

大学生

大学生は自由な時間を効率的に使うために睡眠時間をコントロールすることが重要です。

大学生は目の前には自由に使うことができる時間がとても多い反面、将来のためにはその自由な時間も効率的に活用することが重要です。そして時間の効率的な活用のためには、睡眠時間をコントロールして本来自分自身がやりたいことに意識を向けることが重要ということができます。

本記事では締切効果に着目して、大学生の睡眠時間コントロール法についてまとめています。

スポンサーリンク

自由な大学生時代と睡眠のリズム

イェール大学

大学生は、大学入学以前や将来職業に就いた後とは異なって、自由に使うことができる時間が大幅にあります。大学生は自らやりたいことを模索し、将来のために自由に活動することができる立場にあります。勉強を中心としつつも、アルバイトや遊びなどを通して机上では学ぶことができない様々な実学を学ぶことができるのが大学生ということができます。

しかし、一方で大学生は自由に使う時間が多いことから(特に文系学生の場合)生活リズムが乱れがちです。深夜までレポートを作成していたり、アルバイトをしたり、友人と遊んでいたりなどによって、特に大学生の睡眠時間は規則正しいと言えないものとなっているケースが多くあります。

大学生の方であれば、ほとんど睡眠時間がないままに授業を受けに行ったり、逆に大量の睡眠時間を取ってしまったりなどという経験がある方も多いのではないでしょうか。
このように一般に大学生の生活リズム、特に睡眠時間のリズムは乱れてしまいがちになります。

大学時代の時間活用のための睡眠時間コントロール

大学生にとっては睡眠時間よりも自由に使うことができる時間の方が重要ということができるかもしれません。

自らのやりたいことを本気でやるためには睡眠時間などは「取りたい時に取る」ことで十分ということができます。また、睡眠時間は、規則正しい生活を送るという意味では、午後10時から午前2時までを中心として成長ホルモンの分泌が盛んな時間帯を睡眠時間にあてることが健康には良いということができます。

しかし、大学生の中心年代である20代前半は気力・体力ともに旺盛な年代ですので、健康に配慮して睡眠時間を考える必要性はそれほど多くはないということができます。(なお、仮に健康を考えるのであれば、夜は10時前には睡眠を取り、7時間以上の睡眠時間を確保することが健康に良いということができます。また、美容のためにもこのような睡眠時間のリズムを作ることが望ましいと言えます。)

このように大学生の睡眠時間は基本的には自己責任で自由に取ることであまり問題はないということができます。

ただ、20代前半の大学生の年代であっても、あまりに睡眠時間のリズムが乱れてしまうと、覚醒時も集中力が欠落したり、体内リズムの乱れから体調を崩してしまったりと問題は生じる可能性があります。集中力が欠落したり、体内リズムが崩れてしまってはせっかくの自由に使うことができる大学生の時間が無駄になってしまいます。

そこで、大学生としての時間活用を効率化するという観点から睡眠時間をある程度コントロールすることが重要ということができます。

大学生のための睡眠時間のコントロール法

大学生として睡眠時間をコントロールすることは効率的に時間を活用することにつながります。例えば、10時間の睡眠時間をとってアルバイトだけをこなすよりも、睡眠時間を7時間にして3時間の勉強時間を確保したほうが将来のために大きな意味を持つことになります。

そこで、具体的な大学生の睡眠時間コントロール方法としては、その日やるべきことをノートや手帳に書き込むという方法がおすすめできます。また、その日のだけではなく、週単位・月単位・年単位でやらなければならないことを書き込んでいくことが意味があります。

人間の脳には、いわゆる締切効果があり、しなければならないことが明確な場合には大きなやる気と行動力が生じてきます。そのため、自由な大学生の場合でも、1日単位・1週間単位・1ヶ月単位・1年単位でやらなければならないことを書き出すことで、脳がその時間管理を意識し、自堕落に睡眠時間をとってしまうことなどを避けることができます。

例えば、翌日の予定として、アルバイトの他に、「法律の資格の勉強・3時間」と明記しておくことで睡眠時間をコントロールすることにつながります。このように大学生の睡眠時間管理は自由な時間をより効率的に活用する目的で行うことがおすすめできます。

まとめ:時間コントロールは一生使うことができるテクニックになる

以上本文で述べました大学生のための睡眠時間コントロール方法をまとめると以下のようになります。

  • 大学生にとって、睡眠時間は自由な大学生活の中で本来やりたいことを十分にやり遂げるために、必要に応じてコントロールすることが重要ということができます
  • 大学生が睡眠時間をコントロールするための方法としては、いわゆる締切効果を意識してノートや手帳などにすべきことを1日単位から年単位で記載することが効果的です

大学生の自由に使うことができる時間は一見長いようですが長期的に見れば、人生のわずか数年間に過ぎません。その大学生の時代を有益に使うために、睡眠時間をしっかりとコントロールされることをおすすめします。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment