昼間に1時間程度の睡眠時間を確保することの効果

昼寝したくなる枕

忙しく夜睡眠時間を確保することが難しい方ほど、昼間に1時間程度の昼寝の時間をとることに意味があります。

1時間程度の睡眠時間が確保できれば、短い昼寝とることで午後からの仕事の効率・脳の疲労回復に大きな効果が期待できるためです。忙しい方にとっては昼間の1時間という時間の確保は困難かもしれません。しかし、1時間程度の睡眠時間を確保することで、かえって午後から効率的な仕事に入ることが可能となります。

本記事では、短時間の昼寝の効用などについてまとめています。

スポンサーリンク

しっかりと睡眠時間が取れることが望ましいけれど

昼寝の男

忙しい毎日の中でしっかりとした睡眠時間を確保することが難しいという方も少なくないと思われます。現代は社会は24時間活動「動きっぱなし」であり、そのような中で残業・家事育児(あるいは介護)などで十分に睡眠時間を確保することができないまま毎日を一生懸命過ごしておられる方も多いのではないでしょうか。

睡眠時間に関しては、望むべくは1日7時間程度を睡眠時間にあてることが健康のためには望ましいと言われます。しかし、実際には1日、4時間・5時間程度しか睡眠時間を確保することができないまま、一生懸命毎日を送っておられる方も多いのも事実です。

そうであるならば、長い睡眠時間を確保しようとするのではなく、短い睡眠時間でも十分に深い睡眠をとること、具体的には昼間に仮眠をとることによって健康を維持する方法を検討してみてはいかがでしょうか。つまり、短時間睡眠で効果的な健康生活を送る方法を検討してみてはいかがでしょう。

短時間睡眠の方法

ここでは、仮に確保することができる昼間の睡眠時間(仮眠時間)を1時間と仮定します。1時間という時間を確保されることが難しい場合には、30分でも15分でも構いません。ここでは、一応の目安として昼間・日中に確保することができる睡眠時間を1時間としてその睡眠時間を十二分に活用する具体的方法を述べていきます。

昼寝は実は体に良い

まず、昼寝の効用について簡単にまとめます。1時間程度の時間を昼間の睡眠時間に当てること、つまり昼寝は実は非常に健康に良い影響をもたらします。午後1時から4時頃までには私たちの脳ではセロトニンという睡眠物質が作られます。そのため、脳の作用として午後の時間を睡眠時間にあてること、つまり昼寝は脳の活動と整合します。

ヨーロッパの昼間に眠るという習慣の「シエスタ」は生理学的に理にかなった方法です。
そこで、仕事で忙しい方、家事で忙しい方も1時間程度の昼休みの時間を睡眠時間にあてることが、仕事や家事の効率を上げる上では望ましいということができます。

昼寝の方法

そして、昼間に1時間程度の睡眠時間を取ることができる場合、実際に睡眠時間にあてるのは、15分でも30分でも構いません。実際に睡眠時間を、1時間弱程度取ることが疲れの回復と午後の仕事の効率向上のためには意味があります。

というのは、1時間以上を睡眠時間に当ててしまうことで体内のリズムがずれてしまい、夜の睡眠時間を確保することができないなどかえって弊害が生じます。それに対して、1時間以内の睡眠時間を確保し実際に眠ることで、脳は質の高い休息をとることができ、疲労の回復と午後からの効率アップにつながるという効果が期待できます。

お忙しい方であるほど、お昼に1時間程度、自由な時間を確保して睡眠時間にあてることがおすすめできます。

昼寝のリズムを作るためには

とはいえ、これまで昼寝の習慣がなかった方などがいきなり昼寝の習慣をつけることもまた難しいということができます。昼間に1時間程度の時間を確保すると同時に短時間を睡眠時間にあてることにも、体を慣らす必要があります。具体的には、お茶やコーヒーを取るのは朝8時頃までにしておくことがおすすめできます。

お茶やコーヒーに含まれるカフェインは覚醒効果があり、その効果は摂取後、30分後から4時間程度続きます。そのため、お昼の1時間の睡眠時間に合わせて、午前中にコーヒーやお茶を取ることを避けることが効果的と言えます。

また、1時間の睡眠時間はご自分1人の時間をつくることも重要です。職場などであれば、行きつけの喫茶店などを作り、そこで1時間程度のうち、15分から30分程度を睡眠時間にあてるなどの方法が効率的です。午後の仕事のためには、お昼は睡眠時間確保のために1人で過ごすというリズムをご自身で作ることも重要です。

お昼寝枕 机 デスクでまくらに手を入れチョイ寝
Efficacy
売り上げランキング: 45,150

忙しい方こそ戦略的に1時間を作り出す

以上本文で述べましたことをまとめると以下のようになります。

  • 昼間の短時間の睡眠時間確保は、かえって仕事の効率を高めることにつながります。
  • 具体的な昼寝のとりかたとしては1時間程度の時間を確保して、その時間中、15分から30分程度を実際の睡眠時間にあてることが効果的です。実際に1時間すべてを睡眠時間にあてることが必要というわけではありません。

お忙しい方にとっては、1時間の時間確保がなにより困難かもしれません。しかし、1時間程度の自由時間を確保することで、午後からの仕事効率を非常に高いものとすることができます。お忙しい方ほど、1時間の時間確保に深い意味があるということができます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment