たっぷり寝かせてあげたい。1歳児の睡眠時間を確保するためには

赤ちゃんの足

1歳児の子の睡眠時間を確保してあげるためには、入眠儀式などを行うことがおすすめできます。1歳児の子は大量の睡眠をとることで心身ともに成長しますが、成長を促すための方法がある程度確立しており、入眠儀式などが代表的な方法の一つです。また、眠りやすい環境を整えてあげたり、精神的にリラックスさせてあげることも重要となります。

スポンサーリンク

1歳児の平均睡眠時間

1歳児

「ねる子は育つ」というように子供はたっぷりと寝るのが仕事です。特に、1歳児くらいの子供はまだまだたくさん睡眠時間が必要です。1歳児の子に必要な平均睡眠時間は、夜の睡眠時間としてはおおむね12時間程度です。さらに、昼寝の睡眠時間を取るのが通常です。

1歳児にとって睡眠時間が重要となるのは、睡眠時間が心身の成長に必要不可欠であるためです。長い睡眠時間をとることによって、成長に必要なホルモンが大量に分泌され成長を助けます。また、睡眠時間が少ないと精神的にも不安定となります。さらに、睡眠時間が短い子の場合には肥満につながるという説もあります。
このような理由から1歳児の子には大量の睡眠時間を確保していあげることが重要となります。

1歳児の子の睡眠時間を確保してあげるためには

上述のように1歳児の子に対しては睡眠時間を大量に確保してあげることが重要となります。では、1歳児の子の睡眠時間を伸ばしてあげるためには、親としては具体的にどのような援助をしてあげることが良いのでしょうか。

入眠儀式をしてあげること

まず、1歳児の子の睡眠時間を伸ばしてあげるポイントとしては、入眠儀式をしてあげることがおすすめできます。儀式というと大げさな言い方に感じるかもしれませんが、要は、子守唄を歌ってあげたり、となりに寝てあげるなど1歳児のが安心して眠ることができる環境を整えてあげることが睡眠時間を伸ばしてあげることにつながります。

子供の頃の記憶として、お母さんなどに子守唄を歌って欲しいとねだったことや、絵本を読んで欲しいとお願いしたことはないでしょうか。子供が睡眠時間に入る前には親などが一定の所作をすることをルールとすると、子供は入眠しやすいという研究があり、これが入眠儀式ということになります。

入眠儀式の種類は、1歳児の場合には子守唄などが典型的ですが、おんぶをしてあげることなどで安心して眠ることができる子供もいます。早く子供を睡眠時間に誘ってあげるためにはそれぞれの入眠儀式を決めておくことがおすすめできます。

部屋を暗くするなど眠りやすい環境を作ってあげること

次に、1歳児の睡眠時間を確保してあげるためには、眠りやすい環境を整えてあげることが重要です。1歳児の子の場合には、まだまだ睡眠時間は長く必要であり、1日の半分以上は睡眠時間にあてることとなります。

そして、睡眠時間中はあまり照明が当たらない部屋・静かな環境を保持してあげることが重要です。暗かったり、静かな部屋の方が眠りやすく質の良い睡眠時間をとることができるという点は1歳児であっても大人であっても変わりません。この場合、1歳児の睡眠時間は長いので、その長い睡眠時間でゆっくりと眠ることができるように環境を整えてあげることが重要です。

夜はテレビの音や電気の光などがあまりささない部屋に寝かしてあげることが重要ということができます。

精神的にリラックスさせてあげること・安心感を与えてあげること

次に、1歳児の子の睡眠時間を確保するためには、常日頃からリラックスする気持ち・安心感をもって過ごすことができるように常日頃から接してあげることがとても重要となります。どういうことかというと、1歳児の子供は睡眠時間中に何度か目を覚まします。その際に精神的に安心感を持っている子供の場合には、目を覚ましても、その後、再度眠りに入ることが可能となる傾向にあるとのことです。

一方で精神的に不安定であったり、十分な安心感を持つことができない子の場合には、親が何度も抱いてあげるなどしなければ、再度眠りにつくことができず、結果として1歳児睡眠時間が短くなってしまうということです。このように1歳児睡眠時間の長さは、精神的な安定性にも影響されることとなります。

やや抽象的ではありますが、1歳児の子が睡眠時間中に何度も目を覚ましてしまうようであれば、常日頃からの接し方などを再考することが重要となります。

Hello Kitty やすらぎふわふわメリー No.5361
ローヤル (2013-02-28)
売り上げランキング: 31,577

まとめ:1歳児の子の安心した睡眠時間確保のために

以上、本文で述べました1歳児の子の睡眠時間確保のためのポイントなどをまとめますと
以下のようになります。

  • 1歳児の子は、夜間に12時間程度の睡眠時間をとります。さらに、昼間も昼寝をしてさらに睡眠時間をとることが通常です。1歳児の子の睡眠時間が短い場合には成長に対して悪影響が出たり、肥満の原因となったりします
  • 1歳児の子の睡眠時間を確保してあげるためには子守唄を歌ってあげるなどの形で入眠儀式を取ると安心して眠る週刊が身に付くことになります
  • 1歳児の睡眠時間を確保してあげるためには、入眠儀式以外の方法として、眠りやすい環境を整えてあげることや精神的にリラックスできるように育児をすることが重要となります

可愛い盛りの1歳児の子が十分な睡眠時間をとってさらにすくすくと育っていかれることをお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment