薬局やドラッグストアで買える睡眠薬の種類と効果的な使い方

メキシコ

薬局で買える睡眠薬は、睡眠改善薬と呼ばれる種類のものです。

心療内科や睡眠外来などで処方してもらえる睡眠薬は、不眠の症状を解消する効果がありますが、正しい方法で服用しなければ副作用に悩まされる危険性があるため、処方にあたっては必ず医師の診察が必要になります。

そのため、薬局で買うことのできる睡眠薬を利用する場合には、その効果やメカにズムについて十分に理解し、あなたの状態に合わせて効果的に活用することが大切になります。

そこで、本記事では薬局やドラッグストアで買える睡眠薬の種類と効果的な使い方についてご紹介していきます。夜なかなか眠れずに薬局での睡眠薬の購入を検討されている方は、是非本記事と一緒に、薬局の睡眠薬の効果的な使用方法について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

薬局で買える睡眠薬の種類と仕組み

薬

薬局で買える睡眠薬とは睡眠改善薬のことであり、「抗ヒスタミン薬の催眠作用を強くして、眠気を促す薬」のことです。

睡眠改善薬は眠気を促してくれますが、浅い眠りを誘発するため、質の高い深い眠りを阻害する可能性もあり、「睡眠の質自体を改善する薬ではない」ということを考慮しておくことが大切です。

また、薬局の睡眠薬に含まれる抗ヒスタミン薬は風邪薬や鼻炎薬にも含まれておるため、病院にて処方される睡眠薬と比較すると、強い副作用が出にくいと考えられます。しかし、長期間の服用を考慮にいれて開発されたものではなく、また浅い眠りに繋がりやすい点もあり、継続的な利用を行うと、次のような副作用が生じる可能性があります。

  • 日中の急な眠気
  • 夢を見ている時間が長い
  • カッとしやすくなる
  • 朝の頭痛が起きやすくなる

薬局で買える睡眠薬にはこのような副作用があります。また、薬局の睡眠薬に含まれる抗ヒスタミン剤は、他の一般的な薬にも含まれているため、睡眠薬とそれらの薬を併用していると、抗ヒスタミン剤の「作用増強」のリスクが生じるため、併用を避けるように注意しておくことが大切です。抗ヒスタミン剤を含む一般的な薬には次のものがあります。

  • 風邪薬
  • 解熱鎮痛薬
  • アレルギー用薬
  • 乗り物酔い用薬
  • 鼻炎薬

薬局の睡眠薬を利用する際には、上記の薬と併用しないように気をつけましょう。

薬局の睡眠薬の効果的な使い方

薬局の睡眠薬を服用する際には、「どうしても眠れない夜に利用するための緊急的な対応策」として、一時的な利用に留めておくことが大切です。

なぜなら、薬局の睡眠薬は、不眠症状の原因を解決するものではなく、かつ浅い眠りを誘発してしまう可能性があるため、継続的な服用は反対に睡眠の質を低下させる恐れがあるからです。

慢性的な不眠症状を抱えている方は、心療内科や睡眠外来にかかり、専門的な知識を持っている医師の診察を受け、あなたの症状に合う睡眠薬を処方してもらうようにしましょう。

また、薬局で買える睡眠薬であれ、医師から処方される睡眠薬であれ、お酒と一緒に服用することは大変危険な行為です。睡眠薬とお酒の併用の危険性については、こちらの記事で詳しく紹介しておりますので、是非参考にしてみて下さい。

あなたに合う睡眠薬と精神安定剤
福西 勇夫
法研
売り上げランキング: 234,969

まとめ:薬局の睡眠薬は一時的な利用に留める

ここまでで、薬局やドラッグストアで買える睡眠薬の種類と効果的な使い方についてご紹介してきました。

薬局で買うことのできる睡眠薬は、睡眠改善薬と呼ばれるもので、眠気を促してくれる作用があります。しかし、不眠の原因を解決する薬ではなく、また質の低い浅い眠りを誘発する可能性もあるため、その利用に関しては一時的な利用に留め、継続的に服用しないことが大切です。

慢性的な不眠症状で悩まされている方は、お近くの心療内科や睡眠外来にかかり、あなたの不眠の原因を特定し、専門的な医師と一緒に解決していくようにしましょう。

薬局での睡眠薬の購入を検討されている方は、是非本記事を参考にして頂き、副作用を避け、効果的に睡眠薬を服用していくようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment