飛行機で睡眠薬を服用するとエコノミー症候群になりやすくなる理由

飛行機雲

飛行機のフライト中に睡眠薬を服用すると、エコノミー症候群にかかりやすくなると考えられています。

エコノミー症候群は、長時間同じ姿勢でいることによる下肢への圧迫と、脱水症状によって引き起こされますが、飛行機の中で睡眠薬を服用し、熟睡してしまうと、体勢を変えることや水分補給をすることができなくなってしまうからです。

そのため、飛行機の中で睡眠をとりたいという場合には、睡眠薬を服用せずに眠れるよう対策をしていくことが大切になります。

本記事では、飛行機で睡眠薬を服用するとエコノミー症候群になりやすくなる理由についてご紹介していきます。飛行機の中での睡眠薬の服用をお考えの方は、是非本記事と一緒に、飛行機の中で睡眠薬の服用を避けた方が良い理由について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

飛行機での睡眠薬が危険な理由

馬の鼻

飛行機の中で睡眠薬を服用して熟睡すると、「エコノミー症候群」になる可能性が高くなってしまいます。

エコノミー症候群は、肺の血管が詰まることによって生じる症状のことであり、胸の痛みや呼吸困難、意識喪失などを引き起こし、場合によっては急死の原因となることもあります。

飛行機の中では、長時間同じ姿勢で座っていることになるため、下半身が圧迫され、下肢の静脈の流れが滞っていってしまいます。加えて、長時間のフライトの場合、飛行機の中の湿度が10~20%以下と大変低くなることもあり、毎時80ml程度の水分が体から蒸発するため、脱水症状を引き起こしやすくなります。

この「下半身への圧迫」と「脱水状態」によって下半身の静脈に血の固まりができます。そして、フライトが終わり、立ち上がった時など血流が流れる時に、血の固まりが肺の血管に流れることで、呼吸困難や失神といった症状を引き起こすのです。

そのため、飛行機の中で睡眠薬を服用して熟睡してしまうと、下半身をストレッチしたり、こまめに水分補給を行ったりすることができなくなるため、エコノミー症候群を引き起こしやすくなってしまうのです。

飛行機で睡眠薬を利用せずに眠るためには

飛行機で睡眠薬を利用せずに眠るためには、「眠気が促されるように準備をしておくこと」が大切です。

眠気を促したい時間に合わせて準備をしておくことで、長時間のフライトでも目が冴えてしまって困るといった状態を改善することができます。可能な限り睡眠薬を服用せず、自然な眠気で眠りにつくことが大切です。

自然な眠りを得る方法については、こちらの記事で詳しく紹介しておりますので、是非参考にしてみて下さい。

立体型アイマスク ナイトブルー
ラッキーシップ
売り上げランキング: 330

まとめ:むやみにリスクを増加させる行動は避けよう

ここまでで、飛行機で睡眠薬を服用するとエコノミー症候群になりやすくなる理由についてご紹介してきました。

飛行機の中で睡眠薬を服用すると、すぐに熟睡してしまい、長時間同じ姿勢でいることでの下半身への圧迫と脱水状態により、エコノミー症候群にかかりやすくなってしまいます。

エコノミー症候群は時に命に関わる重大な症状を引き起こすこともありますので、可能な限りそういったリスクは軽減することが大切になるでしょう。

飛行機の中での睡眠薬の服用をお考えの方は、是非本記事を参考にして頂き、可能な限り睡眠薬を服用せず、飛行機の中で自然な眠りを得られるようにしていって下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment