睡眠薬「ハルシオン」の特徴と正しく利用するための注意点

薬

「睡眠薬のハルシオンってよく聞くけれど副作用とか大丈夫なのかな?」「ハルシオンっていう睡眠薬を処方されたんだけど何に注意して利用すれば良いのだろう?」あなたはこのような疑問をお持ちではないでしょうか?

睡眠薬は種類によって作用時間などの特徴や注意すべき点があります。ハルシオンを利用して睡眠を改善するためには、ハルシオンの特徴について十分に理解することが必要です。

本記事では、睡眠薬「ハルシオン」の特徴、利用する際の注意点についてご紹介していきます。是非ご参考にして頂き、ハルシオンを正しく有効に利用して下さい。

スポンサーリンク

1.睡眠薬の「ハルシオン」について理解しよう

睡眠薬を利用する際には、その種類の 特徴 注意点 について理解することが大切です。

以下で、ハルシオンに関するそれぞれの項目について見ていきましょう。

1−1.ハルシオンの特徴

睡眠薬「ハルシオン」の特徴には、次のものがあります。

  • 包装:銀色や金色の包装
  • 用量:0.25mgか0.125mg
  • 半減期による分類:超短時間作用型
  • 作用出現までの時間:10〜20分程度
  • 作用持続時間:2〜4時間程度

ハルシオンは、 ベンゾジアゼピン系の超短時間作用型の睡眠薬 です。催眠作用が出現するまでの時間が短く、作用持続時間も短いことから、寝つきを良くするために処方される睡眠薬の代表です。

ハルシオンは、夜になかなか寝つくことの出来ない 入眠障害 の方に効果的です。一方で、作用時間が短いため、夜中に何度も起きてしまう中途覚醒の症状の方や、早朝に目が覚めてしまう早朝覚醒の症状の方には効果が乏しい可能性があります。

1−2.ハルシオンを利用する際の注意点

ハルシオンを利用する際には、以下の注意点を理解しておくことが大切です。

  • 効果が強いため、服用直後や夜中に起床した時に、一時的に記憶がなくなったり、意識がぼんやりとハッキリしない状態になることがあります。
  • ハルシオンは強い効果の反面依存性があり、服用を中止した際に不眠症状が強く出る場合があります。

ハルシオンを服用する際は、 就寝する準備を済ませて後は寝るだけという時に飲むようにすること が大切です。また、依存性などの副作用の可能性があるため、専門の医師にかかり、専門的なアドバイスをもらいながら用法用量を決めていくことが大切です。 特に、自己判断で服用を辞めると辛い反発症状が出る場合があるので、注意して下さい

また、「中々眠れない」という場合、就寝前の行動や体内リズムの乱れなど、根本的な原因を解消することが大切です。睡眠薬は長期的な利用を考慮して作られているものではありません。あなたが根本的な原因を解消し、質の高い睡眠をとるまでの間の一時的な利用にしておくことが大切です。

質の高い睡眠を取る方法については、今晩から安眠しよう!4つのステップでばちっと安眠する方法の記事を参考にして下さい。また、現代は不眠症になりやすい時代でもあるため、現代型不眠とは?!あなたの不眠を引き起こしている原因と解消方法の記事も一度ご覧になってみて下さい。

ドギーマン アニマル安眠まくら キリン丸
ドギーマン
売り上げランキング: 137

まとめ

睡眠薬「ハルシオン」はすぐに寝つくことのできる睡眠であるため、なかなか寝つくことのできない人にとっては心強いアイテムでしょう。一方で、その効果の強さから、記憶を失ったり依存性が生じる場合があるため、利用の際には正しい用法用量を守ることが大切です。

是非、本記事を活用して正しく睡眠薬を利用し、なかなか眠れない夜を解消して下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment