要注意?!睡眠薬の副作用と危険性を理解して正しく利用する方法

画像の説明

睡眠薬を利用する時には、副作用について十分に理解しておくことが非常に重要です。

なぜなら、睡眠薬にはいくつかの副作用があり、あなたの日常に危険をもたらす可能性があるからです。

日中の異常な眠気だけでなく、服用直後の記憶障害や、夜中に目が覚めた時に身体に力が入らずに転倒するなど、睡眠薬の副作用は時にあなたを怪我や事故に巻き込んでしまいます。

そのため、睡眠薬を利用する際には、副作用について十分に理解し、正しい利用方法を守ることが大切になります。

本記事では、睡眠薬の副作用と正しい利用方法についてご紹介していきます。是非、睡眠薬の服用を考えている方は、本記事をご活用いただき、効果的に睡眠薬を利用して下さい。

スポンサーリンク

睡眠薬の副作用を理解する重要性

睡眠薬を利用する際には、「副作用について十分な知識を持ち、正しい利用方法を守る」ことが最も重要になります。

副作用に関する知識を持っていない場合、あなたは様々な危険にさらされることになります。なぜなら、睡眠薬の副作用は、あなたの日常に普段は見られない様な特殊な症状を発生させ、注意をしなければ怪我や事故に繋がってしまうものだからです。

例えば、睡眠薬を服用する時間を間違えた日に、車の運転を行い、抵抗することのできない急激な眠気に襲われて、事故を引き起こしてしまうこともあります。

これらの副作用による事故や怪我などのリスクを避けるためには、副作用について十分に理解し、正しい利用方法を守ることが必要になります。

睡眠薬の副作用を理解していた場合

睡眠薬の副作用を理解していた場合、「副作用による危険性を回避しながら、睡眠薬の効果を得ること」ができます。

睡眠薬の副作用には、それぞれ危険性と対処方法があります。これらを理解することで、副作用による危険に対して対策をとることができるのです。

例えば、上の項で挙げた例の場合、「睡眠薬を服用している期間は、どんな状況であろうとも車の運転はしない」という対策をとることができます。

つまり、睡眠薬の副作用を理解し、正しい利用方法を守ることで、睡眠薬の副作用によるリスクを最低限に抑え、同時に、あなたの眠れない夜を解消する効果を得ることがができるのです。

睡眠薬の副作用を理解して正しく利用する

睡眠薬を正しく利用するためには、効果・副作用・利用方法について十分に理解することが必要になります。

なぜなら、睡眠薬の効果と副作用には深い関係性があり、両方の側面について理解することで、正しい利用方法をより自然に理解することができるからです。

睡眠薬を正しく利用することができれば、眠れなくて辛い夜を解消することができ、快適な夜の時間を手に入れることができるようになります。

では、次の項から、睡眠薬の効果・副作用・利用方法について一つ一つ詳しく見ていきましょう。

睡眠薬の効果

現在の睡眠薬は、その多くが精神安定剤に近いものです。

精神安定剤は、通常不眠症や睡眠障害の治療にも服用され、高ぶった神経を抑える鎮静作用と、あなたを眠くさせる睡眠作用の2つの効果を持っています。

薬の種類によって、この2つの効果のバランスが異なり、あなたを眠くさせる効果が高いものを、睡眠薬として用いられています。

現在は、より副作用が出ないように安全性を高めたベンゾジアゼピン系の睡眠薬が主流になっており、この睡眠薬を利用することで、次の効果を得ることができます。

  • 催眠作用:脳の睡眠中枢の働きが強まることで、眠気が促されます。
  • 筋弛緩作用:筋肉全体が弛緩されることで、リラックスした状態になります。
  • 抗不安作用:緊張がほぐされることで、ストレスや不安を軽減します。

睡眠薬を正しく利用することで、これらのメリットを得ることができます。しかし一方で、これらの作用の反対側に副作用があり、その点について十分に理解しておくことが非常に重要です。

睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用は、睡眠薬による効果の負の側面であり、「あなたの日常生活に様々な危険をもたらす」ものです。

例えば、眠りやすくなる催眠作用は、その作用が翌日まで持ち越されてしまうと、日中でも急激な眠気が襲ってきてしまいます。

これらの危険性を避けるためには、まず睡眠薬の副作用にどのようなものがあるのかを理解することが重要です。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬には、以下の副作用があります。

  • 持越効果:日中の眠気、脱力感、めまい、頭が重い、倦怠感など
  • 記憶障害:用量を守らない多量摂取やアルコールとの併用によって起こる
  • 筋弛緩作用:筋肉に力が入らず、倒れたり転びやすくなる
  • 依存症:身体に睡眠薬の成分に対する抗体ができ、効果を得るために必要となる摂取量が増えてしまう。摂取量が増えるとより副作用の効果も大きくなる。また、睡眠薬を止める時の反動もより大きくなる。

特に、妊婦の方や授乳期間中の女性は、子供にも影響を与えてしまいますので、睡眠薬の使用は控えるようにして下さい。

また、睡眠薬を服用中に寝酒をしてしまうと、より副作用の効果を増大させてしまう危険性があるため、睡眠薬の服用期間中はアルコール類は控えるようにしましょう。

では、こういった副作用を抑えて、正しく睡眠薬を利用するためには何をすれば良いのか、次の項で見ていきましょう。

睡眠薬の正しい利用方法

基本的に、現在のベンゾジアゼピン系睡眠薬では、正しい利用方法を守れば、大きな副作用や依存症に悩まされるということはありません。

従来の睡眠薬による副作用があまりに強すぎたため、その作用を軽減しようと開発されたのが、ベンゾジアゼピン系睡眠薬だからです。

しかし、正しい利用方法を守らなければ、副作用の影響を受けるということは確かです。では、睡眠薬の正しい利用方法とはどういうものなのでしょうか?

睡眠薬の利用において重要なのは、次の3点です。

  • 効果が持続する時間を理解すること
  • 内服する時間を守ること
  • 専門の医師に相談し、最初から最後まで、医師の用法用量に対する指示を守ること

睡眠薬は種類によって、効果時間が違うため、正しい時間に内服しなければ、起床後もその効果が続いてしまい、日中の活動に支障が出てきてしまいます。

また、 睡眠薬は止めかたがとても大事です。薬なしでも寝つくことができるようになったからといって、急に辞めてしまうと反跳性不眠という離断症状が出ることもあります。

睡眠薬の利用にあたっては、自分の判断で市販薬を買うよりも、専門の医師と相談し、医師から指示を受けた用法用量を守るようにすることを強くお勧めします。

また、睡眠薬の副作用による危険を避けるため、次の点に注意することが必要です。

  • 服用期間中は車の運転をしない
  • 速効性のある睡眠薬は、布団やベッドの近くで服用し、服用したらすぐに寝る体勢に入る
  • 夜中に目が覚めた時や、朝の起床時は、身体に力が入らないことがあるため転倒に気をつける

睡眠薬の種類と効果時間については、以下のものを参考して下さい。

  • 超短時間作用型(効果時間:3時間程度):
    ハルシオン、アモバン
  • 短時間作用型(効果時間:6時間程度):
    レンドルミン、デパス、リスミー、エバッミール、ロラメット
  • 中時間作用型(効果時間:12時間程度):
    ベンザリン、ネルボン、ニトラゼパム、ロヒプノール、ユーロジン、エリミン
  • 長時間作用型(効果時間:24時間以上):
    ソメリン、インスミン

また、睡眠薬は、その種類によって改善することのできる睡眠の問題が異なります。具体的に、どの睡眠薬がどの睡眠の症状を改善するかについては、適切な睡眠薬を利用しよう!睡眠薬の種類と強さ(効果の持続時間)についての記事に詳しく紹介しておりますので、是非参考にしてみて下さい。

また、睡眠薬は、正しい利用方法を守れば副作用を避けることができるとはいえ、危険性を持っているということは確かです。

そのため、まずはあなたの睡眠の質をチェックして、質の高い睡眠をとる方法を実践してみることも大切です。次の項で具体的な方法についてみていきましょう。

睡眠の質を上げる

睡眠の質を改善するためには、「睡眠のメカニズムを理解し、質の高い睡眠を得るために必要なことを一つ一つ実行すること」が重要になります。

質の高い睡眠を得るために必要なことは、次の通りです。

  • 熟睡するための準備を行う
  • 熟睡を維持するために睡眠環境を整える
  • 体内リズムを正常にする
  • あなたに必要な睡眠時間を把握する

これらの具体的な方法については、睡眠の質を劇的に改善するための誰でも実行できる4つのステップで詳しく紹介していますので、是非参考にして実践して下さい。

また、睡眠を促進するサプリメントを利用することも、快適な睡眠の一助になります。睡眠薬の副作用が怖いという方は、まずはサプリメントの利用から初めてみても良いかもしれません。サプリメントの選び方については、あなたの睡眠の質を改善する成分と効果的なサプリメントの選び方の記事で紹介していますので参考にして下さい。

船橋市 非公認 ご当地 ゆるキャラ ふなっしー ぬいぐるみ 抱き枕 (単品)
グレイ・パーカー・サービス
売り上げランキング: 273

まとめ

ここまでで、睡眠薬の副作用を理解して正しく利用する方法についてご紹介してきました。

最後に、本記事のポイントについてもう一度確認しましょう。

  • 睡眠薬の効果について理解する
  • 睡眠薬の効果の反対側の、副作用について理解する
  • 副作用による危険を避けるため、正しい利用方法について理解する
  • 睡眠薬を利用する前に、まずは睡眠の質を上げる努力をする

睡眠薬は、副作用や危険性がありますが、正しい利用方法を守ることで、あなたの眠れない夜を助けてくれる心強い味方となってくれます。是非本記事を参考にして頂きながら、正しく睡眠薬を利用できるようにして下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment