睡眠中枢と覚醒中枢に影響するオレキシンとは

くすり

まだ、確定ではないようですが、新しいタイプの睡眠薬の発売が予定されているようです。覚醒中枢に働く、1998年に金沢大学の桜井武教授などにより発見されたオレキシンという神経ペプチドを抑え睡眠中枢を亢進する薬だといわれています。                          

睡眠に悩むたくさんの人の手元にこの薬が届くかもしれないその前に、睡眠中枢と覚醒中枢の関係をより深く理解していただきたいと思います。    

本記事では、この発売予定の睡眠薬とうまく付き合ってさらに安眠のための選択肢を増やしていただけることを目指しています。           

スポンサーリンク

                                                               

睡眠中枢、覚醒中枢はどこで、何をしているのでしょうか?

骸骨

睡眠中枢は、脳の視床下部、前部にあります。その言葉通り、睡眠を司る中心部です。ここで働くものはGABA(ギャバ神経系といわれます。                                                      

覚醒中枢は、脳の視床下部、後部にあります。もちろん、脳を刺激して覚醒状態に保つ働きをします。ここでは、<strong>ドーパミン、ノルアドレナリン、アセチルコリン、ヒスタミンといった興奮性神経伝達系が働いています。                   

覚醒中枢と睡眠中枢はシーソーゲーム

日中、起きて活動しているあいだは、ノルアドレナリン神経系とセロトニン神経系がまず亢進してからヒスタミン神経系の働きを強め、覚醒状態を保っています。ここでいうヒスタミン。中枢である脳以外の末梢では花粉アレルギーなどで、鼻水やかゆみなどを引き起こすことで有名な例の物質です。

このヒスタミン、中枢部の脳では大脳皮質を覚醒させるほかに、体温を上昇させ、食欲を制御していることもわかっています。朝の寝覚めが悪く、午後、夕方にかけて食欲が増進してくる人たちは、このヒスタミン作動性神経の働きに不具合があるのかもしれません。
           
抗ヒスタミン薬を耳鼻科で処方されて服用した場合ひどい眠気を経験された方も多いと思いますが、脳の覚醒中枢に働く量が減ってしまうからにほかなりません。
                                                         
1998年に発見されたオレキシンという神経ペプチドはこの覚醒中枢でドーパミン、ノルアドレナリン、などのモノアミン作動性神経とともに亢進に働いています。このオレキシンという物質を抑制する働きのある薬が新しい睡眠薬として発売予定であるとされています。

睡眠中枢でGABA神経系が働きだすと、覚醒中枢は抑えられます。抗ヒスタミン薬を使用したとき経験する眠気のように、ヒスタミン系神経の働きを抑えるGABA神経系によって、睡眠状態へと導かれるのです。

現在使われている睡眠薬のなかで、このGABA神経系に作用するものは翌日へ眠気を持ち越すなど日常生活に副作用をもたらすものも少なくありません。

睡眠中枢と覚醒中枢はシーソーゲームに例えることができるでしょう。つまりどちらも高く保たれることはあり得ないのです。  

睡眠中枢が動き出すきっかけ。睡眠物質を増やす

                                       
ここまでお話してきましたことをまとめます。                                             

・睡眠中枢はGABA神経系が亢進して覚醒中枢を抑えこむ 
・覚醒中枢はドーパミン、ノルアドレナリン、オレキシンなどの神経系が働く                                  
・両者はシーソーゲーム、同時に亢進はしない                                                

ではそのきっかけ。どうすればGABA神経系が亢進してくるのでしょうか。                                  

そこで登場するのが睡眠物質と呼ばれるものたちなのです。現在わかっているものだけで三十種類程度はあるといわれています。まだまだすべてが解明された段階ではないようですが、メラトニン、ウリジン、酸化型グルタチオンそして副腎皮質ホルモン,
ACTH
などは働きも明らかになりつつあるそうです。                                       

朝の光をあびて、睡眠中枢を動かそう

メラトニン                                                     
セロトニンという脳内物質から作られます。朝起きて、太陽の光をあびることでセロトニンが増え、結果としてメラトニンが充分量つくられた結果、GABA神経系の亢進にもつながります。朝の光を浴びた15時間後ぐらいで充分なメラトニンが補充されるといわれています。             

ウリジン、酸化型グルタチオンなどもそれぞれ、結果としてGABA神経系に働き亢進させることがわかっています。                

日中、程よく活動して睡眠中枢を動かそう

副腎皮質ホルモンACTH
大脳皮質からのストレスを視床下部がキャッチすると、脳下垂体前葉からのACTHが副腎皮質に作用し、糖質コルチコイド(コルチゾール)分泌のへとつながります。コルチゾールは血圧、血糖上昇、炎症抑制そして、そしてストレスに対処してゆくことになります。日中活動量が多く適度なストレスによって、ACTHは増え、分解されてできる睡眠物質も増えるというわけです。                              

睡眠中枢を動かすために、選択肢をふやそう

  
覚醒中枢機能を低く抑えることで睡眠中枢機能を高く保つオレキシン抑制系睡眠薬はまだ発売予定の状態です。また市場に出回ってもいろいろな経過を経なければ、新たな副作用も未知な部分もありますが、新しいタイプとして期待したいと思います。

発売予定の 新しい睡眠薬オレキシン抑制剤で覚醒中枢を抑える方法、睡眠物質を増やして睡眠中枢を働かせる方法など、選択肢が増えることで、また睡眠への不安がすこしでも取り除かれることを期待して本記事を終えたいと思います。

ファイン グリシン・プレミアム 30包
ファイン (2013-03-01)
売り上げランキング: 107

                               

まとめ

本記事では、近々発売予定であるとされるオレキシン抑制型の睡眠薬を理解するために、睡眠中枢に関してお話してきました。オレキシンは覚醒中枢系に働くペプチドといわれ、これを抑制して、睡眠中枢を亢進させるという睡眠薬だそうです。睡眠中枢、覚醒中枢はシーソーゲームのように両方高く保つことはありません。覚醒中枢を抑え、睡眠中枢を働かせるということにつながります。薬にたよらず、睡眠物質をふやす方法もお話していますので、ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment