睡眠中にしゃっくりが出ると危険?しゃっくりを止めるための3つの方法

広告ロゴ
驚く

「ヒック」と、突然あらわれるしゃっくり、意外と苦しいものです。周りに誰もいないときならまだ良いですが、会社や学校など大勢の人が周りにいるときは、ちょっと気を遣ってしまいます。また、長く続くしゃっくりは、仕事や勉強などに集中できませんよね。

そんなしゃっくり、睡眠中にでる場合もあるということをご存知でしょうか。本記事では、しゃっくりの正体や睡眠中に起きるしゃっくり、そしてしゃっくりを止めるための3つの方法をご紹介します。しゃっくりがよくでて困っているという方は、本記事を参考にしてしゃっくりについての知識を深めてくださいね。http://igot-it.com/wp-admin/edit.php

スポンサーリンク

しゃっくりの正体

人形

1922年、一人のアメリカ人男性にしゃっくりが始まりました。以後彼は、68年間しゃっくりが止まらなく、その記録はギネスブックにも掲載されています。ただでさえ続くと苦しいしゃっくりが、68年間も続いたなんてすごいなとその話を聞いたときは、驚いたものです。

そんなしゃっくりの正体、それは横隔膜の痙攣といわれています。「吃逆(きつぎゃく)」ともいわれており、そのほとんどは自然に治るとされています。しゃっくりが出る原因は、実はまだ解明されていませんが、考えられる原因としては、次のものが挙げられます。

  • ビールなど炭酸飲料の過剰摂取をよくする
  • 早食いをする
  • 肥満体質
  • 便秘体質

上記に当てはまる方が、必ずしもしゃっくりが出やすいというわけではありませんが、多い傾向として考えられています。上記の内容は、生活習慣病の予防ともなります。そのため、もしよくしゃっくりが出るという方は、参考にしてみてくださいね。
そして、しゃっくりは睡眠中にあらわれる場合もあります。実は、睡眠中にしゃっくりが出るときは、注意が必要な場合があります。次に、睡眠中のしゃっくりについてご説明します。

睡眠中に続くしゃっくりは危険?

起きている最中からしゃっくりが出始め、寝る前にもしゃっくりが続く場合、不安になりますよね。大抵の場合、しゃっくりは自然に治りますが、もししゃっくりが48時間以上、そして睡眠中も続く場合は、何らかの病気がもしかしたら隠れている可能性があるんです。その病気とは、大きく分けて次の3つです。

  • 「横隔膜性しゃっくり」…横隔膜につながっている神経などにより引き起こされるしゃっくりです。胃、肺、肝臓などに原因がある場合が多いです。
  • 「中枢性しゃっくり」…脳の腫瘍などが原因により引き起こされるしゃっくりです。
  • 「全身病性しゃっくり」…アルコールや薬物、糖尿病などにより引き起こされるしゃっくりです。

たかがしゃっくり、すぐに治るはずと思いがちですが、あまりに長くしゃっくりが続くときは、上記3つの可能性があります。そのときは、早めに病院へ行き、診断してもらいましょう。
しかし、まず病院へ行く前に試してほしいのが、次にご紹介する、「しゃっくりを止めるための3つの方法」です。

しゃっくりを止めるための3つの方法

しゃっくりを止めるための3つの方法とは、次の通りです。

  • 呼吸を整える
  • 前屈をする
  • 水を飲む

では次に、上記の3つの方法について詳しくご案内します。

呼吸を整える

しゃっくりを止めるための方法として有効なのが、呼吸を整えるということです。次の手順に沿って試してみてください。もし行っている最中でしゃっくりがでたら、最初からやり直してくださいね。

  • 「1」、10秒ほどかけてゆっくりと息を吸います。
  • 「2」、10秒間息を止めます。
  • 「3」、更に10秒かけて息をゆっくりと吐きます。
  • 「4」、その後5秒間息を吸い、呼吸を整えます。

前屈をする

前屈をする方法も、効果が高いことで知られています。次の手順に沿って行ってみてくださいね。

  • 「1」、立った状態のまま前屈をします。
  • 「2」、前屈をした状態で息を吸い、そのまま止めます。
  • 「3」、息を吐きます。

もし、前屈の状態のまま息を吸うのが難しい場合は、立った状態のときに息を吸っておきましょう。

水を飲む

民間療法として有名なのが、水を飲むという方法です。とっても簡単な方法ですよ。

  • 「1」、冷たい水をコップに用意します。
  • 「2」、用意した冷水を一気に飲み干します。

まとめ:しゃっくりは睡眠をとる前に止めましょう

本記事では、しゃっくりの正体や睡眠中に起きるしゃっくり、そしてしゃっくりを止めるための3つの方法をご紹介してきました。もう1度、3つのしゃっくりを止める方法をおさらいしましょう。

  • 呼吸を整える
  • 前屈をする
  • 水を飲む

前述でもご説明したとおり、しゃっくりが睡眠中をあわせて48時間ほど止まらなければ、病院にて診察してもらう必要があります。本記事でご紹介した方法を試してもしゃっくりが止まらなく、睡眠中も続くようであれば、しっかりと医師に相談してくださいね。また、就寝中もしゃっくりが続いているか家族などに確認してもらううと良いですよ。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。