自分の体に合う睡眠障害の治療の探し方

医者の男性

睡眠障害の治療法には薬物を用いたものと薬物以外の方法とがあります。

睡眠障害の背後には病気が潜んでいることもあるので、このような場合には病気の治療のために薬物投与が必要です。

一方で生活リズムの回復を目的とするのであれば、必ずしも薬物などを用いる必要はないので、症状などに応じて様々な非薬物治療法を用いることがおすすめです。

スポンサーリンク

もしかしたら睡眠障害!?

目が覚めた男

「夜眠ることができない」「よく寝ているはずなのに、昼間眠くてしかたがない」このような悩みを抱えておられる方は、睡眠障害に罹ってしまっている可能性があります。

不眠症や過眠症に代表される睡眠障害とは、睡眠に何らかの問題を抱えてしまわれた状態をいいます。眠れなかったり、ねすぎてしまうことを睡眠障害などと呼ぶのはやや大げさとお感じになる方もおられるかもしれません。

もちろん、単に一時的なストレス(試験前など)や個人的な体質によって、よく眠れない・少し寝すぎてしまうという方もおられます。しかし、現代では5人に1人は睡眠障害を患っているという研究結果もありますので、知らず知らずの間に睡眠障害を患ってしまっていても全く不思議はありません。

生活スタイル・ワーキングスタイルの多様化により、私たちの体内リズムが乱れてしまい、いつの間にか睡眠障害となってしまうことは現代人なら誰にでも可能性があることです。

ここでは、万が一、睡眠障害にかかってしまった場合の治療法について見ていきたいと思います。睡眠障害の治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。

睡眠障害の治療法1.薬物による治療法

睡眠障害の治療法としては、まず薬物による治療法があります。

睡眠障害は、一時的なストレスなどが原因であれば自然の体調リズムに従って治癒することもありますが、背後に精神的な病気が隠れている場合もありえます。睡眠障害が症状として現れる病気の典型例としては、例えば、うつ病があります。

うつ病は、誰でもがかかる可能性がある、「心の風邪」であり、薬物による治療で多くの場合には完治します。他方で、うつ病を単なる「気持ちの問題」「頑張れば良くなる」などとして治療を放置してしまうと、激しい抑うつ感・やる気の減退による仕事効率の低下・自殺念慮など大きな問題を抱えてしまう可能性があります。うつ病の場合には心療内科などによる治療を受け、素早い対処が極めて重要となります。

このうつ病の身体症状の一つとして睡眠障害が現れることがあります。例えば、抑うつ感などから過眠症となってしまうなどの形で現れます。また、中途覚醒(夜中に目が覚めてしまう)などの睡眠障害の形で現れることもあります。このようにうつ病のひとつの症状として睡眠障害が発症した場合には、医師の処方のもと薬物による治療が行われることになります。

ストレスと多忙さに追われる現代人がうつ病などの病気にいつ羅患してしまっても全くおかしいことはありません。また、うつ病(それに伴う睡眠障害)の治療を受けることは、恥ずかしいことなどでは全くありません。忙しい現代社会の中で少し気持ちに風邪をひいてしまったというだけのことです。睡眠障害や気分の抑うつ感などうつ病のサインとみられる症状があった場合にはすぐに心療内科などで治療を受けられてください。

睡眠障害の治療法2.薬物以外による治療法

一方で薬物投与をせずに睡眠障害を治療する方法も存在します。

薬物投与以外の方法での睡眠障害の治療は、継続的なストレスや生活リズムの不規則などが原因の場合に効果があります。これらのような病気以外の原因の睡眠障害の場合には、体内のリズムを正しく戻すことによって睡眠障害を治療することが可能ですので、薬物以外の方法で治療を行います。

薬物を用いない睡眠障害の治療法は多様なものがありますが、一つの著名な治療法として高照度光療法と呼ばれる治療法があります。高照度光療法は、2500ルクスという明るさの光(蛍光灯など)を朝の時間帯に浴び続けて体内のリズムを元に戻すことによって睡眠障害を治療するという方法です。

高照度光療法はもともとうつ病の治療法として1980年代に提唱されたものですが、効果があることが確かめられ、しかも体への悪影響がないことから睡眠障害を取り除く治療法としては大変おすすめすることが出来る方法です。器具は安いものであれば、数万円程度で購入することができますので、継続的に病院に通うなどよりも低額で睡眠障害の治療
をすることができます。

この他にも睡眠障害の治療法としては、リラックス療法や分断睡眠方法などと呼ばれる様々な方法があります。

ぐっすり眠れるクラシック
オムニバス
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) (2007-08-22)
売り上げランキング: 111

まとめ:睡眠障害の治療は病気かどうかによって大きく異なる

以上述べましたように、睡眠障害の治療法には薬物を用いた治療法とそれ以外の治療法とがあります。そして、うつ病などの病気の治療目的もある場合には、薬物治療を用いることが必要です。

一方で、一時的なストレス・不規則な生活リズムなどが睡眠障害の原因の場合には、高照度光療法をはじめとする非薬物による治療法を用いることがおすすめです。このように睡眠障害治療は原因によって治療法を分けることが大切になります。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment