睡眠障害の様々な種類

夜の家

睡眠障害に立ち向かうためには、様々な睡眠障害の種類を理解することが重要です。睡眠障害は、睡眠に関して何らかの問題がある状態を指し、その種類はとても多岐にわたっています。そのため、睡眠障害の改善のためには、睡眠障害の種類を把握して自分自身がどの睡眠障害に該当するのかをつかむ事が状況改善の第一歩となります。

本稿では睡眠障害の種類のうち、不眠症と睡眠時無呼吸症候群についてまとめています。睡眠障害にお悩みの方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

様々な種類がある睡眠障害

夜空

厚生労働省の理解によれば、睡眠障害とは、睡眠に関して何らかの問題がある状態・症状をさします。このような一般的な定義を用いているのは、睡眠障害の種類や症状がとても多様であるために、一義的な定義づけをすることが難しいためです。

いまや睡眠障害は日本人の20パーセントが罹患していると言われます。睡眠障害の背後には、24時間稼動する社会やストレスなどの背景があるとされます。

かつては夜になれば睡眠をとり、朝は起きるという生活が、科学技術的な側面からも当然であったものが、現在では社会は24時間稼動するようになり人々は忙しくなりました。それとともに、目には見えない精神的な圧迫(ストレス)を受けるようになり、このような背景が睡眠障害の根底にはあると言われます。一方で、睡眠障害は精神的・身体的な病気から生じる種類のものもあります。

このようにして睡眠障害は様々な理由から生じるため、その種類も多様なものとなります。そのため、睡眠障害の克服のためには睡眠障害の種類を把握することがスタートとして重要となります。本稿では紙面の関係から睡眠障害の種類の中で代表的な不眠症と睡眠時無呼吸症候群を説明したいと思います。

睡眠障害の種類と原因について

睡眠障害の種類には主として以下のようなものがあります。

不眠症

睡眠障害の種類の中で最も罹患される方の数が多く、「メジャー」なものが不眠症です。不眠症は眠たいのに寝れないという症状が継続的に続く睡眠障害です。不眠症はその具体的症状によってさらに細かく種類が分類されます。

例えば、寝付くこと・入眠が困難となる「入眠障害」や眠りについたあとでも目が覚めてしまう「中途覚醒」、またじっくりと眠ることができないといった「熟眠障害」などがあります。このように不眠症はその症状態様によって種類がさらに細かく分類されることになります。

不眠症の原因には、過剰なストレスを溜め込んでしまい交感神経の働きが常に活発化してしまっていることが原因の場合やうつ病や認知症などの精神疾患が原因となっている場合などがあります。

不眠症は自覚症状があることが一般的ですので、不眠症かなとご自身で疑わる場合には、ご自身で睡眠障害の専門医に相談されることがおすすめできます。睡眠障害の治療を受けることは現在では一般的なことであり、特殊なものではないので、気軽に専門医を受信されることが重要です。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は睡眠障害の種類のうちでも身体的な理由によって生じるものです。具体的には肥満体質や顎の形(顎の形が小さい方)が罹患されてしまいます。睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に鼻や喉といった気道(上気道)が閉塞して呼吸が停止してしまうというものです。

その結果、睡眠中の無呼吸により、睡眠による休息をとることができず、朝の頭痛や1日中の倦怠感、場合によっては突然の意識喪失などを引き起こすという種類の睡眠障害です。
社会生活上の困難を引き起こす可能性があり、危険な種類の睡眠障害ということができます。

睡眠時無呼吸症候群の原因は、肥満体質の方の場合には脂肪が顎に堆積してしまい、気道が塞がることにあります。顎の形が原因の場合には、骨格により気道が狭くなるのが原因です。

睡眠時無呼吸症候群は、アメリカで発見されましたが、日本でもポピュラーな種類の睡眠障害として認識され、睡眠障害の治療を行っている専門医も増えてきています。睡眠時無呼吸症候群の専門医は、特殊なマウスピースなどを利用して治療にあたってくれます。

自律神経にやさしい音楽
メンタル・フィジック
デラ (2007-07-25)
売り上げランキング: 377

他にもいろいろな種類の睡眠障害がある

以上、本文で述べました睡眠障害とその種類についてまとめますと以下のようになります。

  • 睡眠障害の種類のうち、不眠症は最も罹患されている人が多い睡眠障害です。不眠症の原因にはストレスの他、うつ病や認知症などがある場合があります。
  • 睡眠障害の種類のうち、睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が停止してしまうものです。深刻な場合には日中の意識喪失などを起こすことがあるので、早めの治療が必要です。睡眠時無呼吸症候群の原因としては肥満体質や顎の形などが原因となります。

本稿では睡眠障害の種類のうち、不眠症と睡眠時無呼吸症候群を挙げましたが、これ以外にも過眠症など様々な種類の睡眠障害があります。睡眠障害の種類や原因は極めて多種多様にわたるので、睡眠に問題を感じられた場合には専門医に早めに相談することが重要です。

睡眠は健康的な生活を送るための第一歩と言っても過言ではありません。睡眠障害の種類を特定され、適切な治療を受けることで、活き活きとした生活を取り戻すことにつながります。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment