睡眠障害ってどんな症状?睡眠障害による代表的な症状と治療方法

夜のビル

「最近眠りの質が低いように感じるんだけどこれって睡眠障害なのかな?」「睡眠障害ってどんなものがあるんだろう?」あなたはこのような疑問をお持ちではないでしょうか?

睡眠障害による症状は、主に3つの症状に分類することができます。それぞれの症状によって、あなたの日常生活に与える支障というのは変わってきます。

是非、本記事をご活用頂き、睡眠障害の代表的な症状とその治療方法について理解しましょう。

スポンサーリンク

1. 睡眠障害によるの代表的な3つの症状

睡眠障害による症状は、主に次の3つの種類に分類することができます。

  • 十分な質と量の睡眠がとれない
  • 体内リズムが乱れる
  • 睡眠中に異常行動がおきる

以下で、それぞれの症状について詳しく見ていきましょう。

1−1.睡眠障害の症状その1:十分な質と量の睡眠がとれない

次のような症状に一つでも当てはまる人は、 十分な質と量の睡眠がとれていない可能性があります。

  • 中々寝つけない
  • 夜中に目が覚めることが多い
  • 寝たりないのに早朝に目が覚める
  • 朝起床した時に寝不足感がある
  • 日中の時間帯に強い眠気に襲われる
  • 夜に大きないびきをかく
  • 夜に呼吸がとまっている時間がある

十分な質と量の睡眠がとれていない場合、あなたの日常生活に次のような症状を引き起こします。

  • 日中の急激な眠気がおきる
  • 記憶力や思考力が低下する
  • ささいなことでイライラする
  • 急に不安になったりすることがある
  • 肌質が悪くなる
  • 肥満になりやすい

十分な質と量の睡眠がとれていない場合の睡眠障害の代表的な症状には、次のものがあります。

  • 不眠症
  • ナルコレプシー
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 覚醒障害

睡眠は日常生活によって心身に溜まった疲労を回復させるとても重要な活動です。睡眠障害により、必要な睡眠がとれていない場合、あなたの身体に疲労が蓄積されていき、上記の様な症状を出現させてしまいます。

1−2.睡眠障害の症状その2:体内リズムが乱れる

次のような症状に一つでも当てはまる人は、 体内リズムが乱れている可能性があります。

  • 夜は目が冴えていて、昼は眠くなっている
  • 就寝したい時間になっても眠気がいっこうにやってこない
  • 布団に入って何時間も寝れずに過ごすことがある

体内リズムが乱れている場合、あなたの日常生活に次のような症状を引き起こします。

  • 日中の急激な眠気
  • 夜眠れないことによる睡眠の質の低下
  • 眠気による集中力の欠如
  • 眠気による思考力の欠如
  • 集中力や思考力の欠如によって仕事や勉強の効率がおち、自信喪失に繋がる
  • 夜眠れないことによる不安感の高まり

体内リズムが乱れている場合の睡眠障害の代表的な症状には、次のものがあります。

  • 概日リズム睡眠障害

人間の身体には体内リズムがあります。体内リズムにより、体温や各器官の活動ペース、またホルモン分泌などのリズムが変わります。正常なリズムであれば、活動したい日中に集中力を与えてくれ、就寝したい夜に深い眠りにつくための眠気を促してくれます。

一方で、不規則な生活によって体内リズムを乱している場合、反対に昼に眠気が起き、夜に目が冴えている状態になってしまうのです。

1−3.睡眠障害の症状その3: 睡眠中に異常な行動がおきる

次のような症状に一つでも当てはまる人は、 睡眠中に異常な行動がおきてしまう睡眠障害になっている可能性があります。

  • 夜中に夢で考えていることを現実世界でも実際に行動してしまっている
  • 夜中に叫び声を上げる
  • 夜中にうめき声やうなり声を上げる
  • 苦しげな寝言を言う

睡眠中に異常な行動を起こしている場合の睡眠障害の代表的な症状には、次のものがあります。

  • レム睡眠行動障害
  • 夜鷲症

睡眠時の異常行動は、本人よりも周囲にいる人にとって危害がある睡眠障害です。原因は、強いストレスや不規則な生活習慣、子供の発育過程における症状など様々です。パートナーに睡眠中の異常行動が見られる場合は、健康上の危険シグナルである場合もありますので、睡眠治療を行うことのできる病院にて診察を受けてみることをお勧めします。

睡眠障害は、多くの場合質の高い睡眠をとることで改善することができます。質の高い睡眠をとるために必要なことは、次の4つの要素を実行することが大切です。

  • 深い睡眠をとるための準備をすること
  • 睡眠中に快適な状態を維持できるように寝室の環境を整えておくこと
  • 規則正しい生活習慣を身につけて体内リズムを整えること
  • 自分に必要な睡眠時間を把握すること

これらの要素の具体的な実行方法については、今晩から安眠しよう!4つのステップでばちっと安眠する方法にて詳しく説明しています。是非ご覧になって頂き、質の高い睡眠を取るためのお役に立てて下さい。

また、必要であれば、睡眠治療を行うことのできる専門医に相談し、専門的なアドバイスをもらいながら計画的に睡眠治療を行うことも効果的です。現在は全国的に睡眠治療を専門に行う病院やクリニックがあるため、症状を不安に思う場合は、一度相談にいってみてもよいでしょう。

睡眠障害の治療を行える病院の探し方は、睡眠障害や不眠症が疑われる場合の専門の病院の探し方の記事で説明しているので、ご参考にして下さい。

まとめ

ここまでで、睡眠障害の代表的な症状と治療方法についてご紹介してきました。睡眠障害の代表的な3つの症状とは、「心身を回復するのに十分な睡眠がとれないこと」、「体内リズムが乱れること」、「睡眠中に異常な行動がおきること」です。睡眠障害を治療するためには、質の高い睡眠をとる工夫をすることと、睡眠治療を行うことのできる専門医に相談することが大切です。

是非、本記事をご活用頂き、あなたの快適な睡眠を邪魔している要因を解消して下さい。本記事が、あなたのお役に少しでも立てれば幸いです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment