よく眠らせてあげたい子供の睡眠障害を招く要因について

子供の睡眠障害の原因は、主として3つの原因に分類することが可能です。子供は通常の発育過程では睡眠障害などに罹らないことが一般的であり、睡眠障害を発症した場合には、特殊な理由があることが一般的です。その理由は1つの見方ではありますが、3つの原因に分けて理解することができます。

本稿では、子供の睡眠障害とその原因について1つのまとめを行っています。子供の睡眠障害にお悩みの方のご参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

睡眠障害は子供にも起こる

満月

「夜眠れない」「日中眠くてしかたがない」このような睡眠についての悩み(睡眠障害)は成人の悩みと考えられがちです。しかし、睡眠障害は実際には子供でも数多く発症しています。子供の睡眠障害の原因の多くは、子どもの生活が夜型になってしまってきていることなどが原因ですが、まれに精神的な疾患の現れである可能性もあります。

子どもの睡眠障害の場合、精神的な疾患などが原因の場合には早期に治療を受けることが必要です。また、子供の場合、睡眠が子供の成長にとって、とても大切な役割を果たします。そのため、子供に睡眠障害がある状態は、子供の成長にとって非常に悪影響を及ぼします。この意味からも子供の睡眠障害は早めに治療を受けさせることが重要となります。

子供の睡眠障害の種類や原因はどのようなものとなっているのでしょうか。

子供の様々な睡眠障害の種類と原因

子供が罹患する睡眠障害の種類や原因としては、主要なものとしては以下のように整理することができます。

夜型の生活リズムやストレスが原因となっている場合

まず、子供の睡眠障害の原因として挙げることができるのは、夜型の生活リズムやストレスです。本来、子供は長時間の睡眠を必要とします。それは睡眠中に成長ホルモンの分泌を通して、心身の成長を促すためです。一般的には小学生の子供の場合は8時間から10時間程の睡眠時間が必要となります。

しかし、中学校受験に向けての受験勉強やインターネットの普及による夜ふかしなどが原因となり、子供に夜型の生活リズムが形成されている状況にあります。このような状況の中で、生体リズム(いわゆる体内時計のリズム)が乱れてしまい、夜眠ろうとしても眠ることができない(不眠症)という症状や夜中に何度も目を覚ましてしまう(中途覚醒)などの睡眠障害が子供に発症することとなります。

また、受験という具体的に目に見えない不安・プレッシャーが過度のストレスとなり、不眠症などの睡眠障害を子供のうちから発症してしまう場合もあります。
このように夜型の生活やストレスが子供の睡眠障害の原因となっていると言われます。

このような子供の睡眠障害への対応としては、インターネットなどは使用時間を制限するなどの生活指導により行い、受験などのストレスは学校や心療内科などで相談するなどが重要となります。

体質・体格などが原因となっている場合

次に、子供の睡眠障害として多いのは、睡眠時無呼吸症候群です。睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に気道が閉塞して呼吸が止まってしまう状態です。睡眠時無呼吸症候群の場合、夜間の酸素不足により、起床時の頭痛・日中の集中力低下・意識障害などをもたらします。

子供の場合、肥満体質や骨格や扁桃腺構造が原因となって睡眠時無呼吸症候群という睡眠障害が発症する場合があります。

子どもの睡眠時無呼吸症候群の場合、いびきの大きさが異常であったり、朝頭痛を訴える、日中の集中力低下を学校から指導される、意識障害の連絡を受けるなどで発覚します。望ましいのは、集中力低下や意識障害に至る前に、いびきなどから子供の睡眠障害の可能性を疑い、適切な治療を受けることです。

睡眠時無呼吸症候群の治療方法としては、通常はマウスピースを利用した治療などが行われますが、子供の場合には原因が扁桃腺の形にある場合があるなど身体的な原因のこともあり、その場合には手術が実施されることもあります。

精神的な疾患が原因の場合

その他精神的な疾患が原因で子供の睡眠障害が発症する場合もあります。子供の場合、統合失調症やてんかんなどの症状として不眠症などの睡眠障害が発症する場合があります。
このような場合には精神科医による専門的な治療を受けなければなりません。

このように、まれなケースではあるものの、子供の精神疾患の一症状として睡眠障害が現れるケースがあります。この場合には幻覚や妄想(統合失調症の場合)やてんかん発作など他の症状と合わせて発症することが多いと言えます。

子供の睡眠障害は早期の対策を!

以上、本文で述べました子供の睡眠障害の原因についてまとめますと以下のようになります。

  • 子供の睡眠障害の原因①―子供の夜型の生活やストレスの可能性
  • 子供の睡眠障害の原因②―睡眠時無呼吸症候群の可能性
  • 子供の睡眠障害の原因③―精神疾患が原因となっている可能性

1つの分類方法として、子供の睡眠障害の原因をこのように分けることが可能です。
子供の睡眠障害は、いずれにしても子供の健康に悪影響を与えます。早期に専門医に相談して治療を受けることが子供の健全な成長のためにとても大切です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment