睡眠相後退症候群に対する病院での様々な治療法

医者

睡眠相後退症候群に対して病院では高照度光療法や専門的な判断に基づいた薬物療法などが実施されます。また睡眠相後退症候群に対して適切な治療を行ってくれる病院はあまり多くないので、治療を行ってくれる病院を探すことも大きなポイントとなります。病院を探すためにはインターネットが大変便利です。

スポンサーリンク

睡眠相後退症候群に対する病院で治療の必要性

寝ている男

睡眠相後退症候群は、生体リズムの乱れによって睡眠時間が大幅にずれ込んでしまい、仕事などの社会生活に大きな影響が出てしまう睡眠障害をいいます。睡眠相後退症候群にかかってしまうと、例えば、9時から5時まで勤務の会社において、起床時間が午後3時頃となってしまい、勤務を続けることが到底できなくなってしまいます。

睡眠相後退症候群の原因は体内時計のリズムが大幅にずれてしまうことにあり、生活リズムを見直すほか病院での専門的な治療を受ける必要性があります。睡眠相後退症候群は一般にあまり認知されていない睡眠障害ですので、単に大幅な遅刻・欠勤が続いてしまうだけでは勤務先からの評価に大きく関わってしまいます。現在の遅刻や欠勤は睡眠障害の一種として治療を受けているということを知らしめるためにも病院での治療は必要です。

そしてなによりご自身が健康的な生活リズムを取り戻すために、睡眠相後退症候群の場合には病院で専門的な治療を受けることが重要となります。

睡眠相後退症候群にかかってしまった場合(あるいは過剰な睡眠時間のずれ込みがある場合)には、病院での診察・治療を受けることが必要です。

睡眠相後退症候群に対する病院での治療法

睡眠相後退症候群に対する病院での治療方法としては以下のような治療法があります。

高照度光療法

睡眠相後退症候群に対する病院での治療方法としては、まず、高照度光療法が実施されます。高照度光療法は、1時間から2時間程度の時間、最大1万ルクスの光を照射するという方法です。病院の特殊な機器を利用して行います。

高照度光療法によって体内にメラトニンという、夜眠気を誘う物質が生成され睡眠を促すことになります。この高照度光療法は病院でしか行うことができない治療法です。

薬物療法

睡眠相後退症候群に対する病院の治療法としては薬物療法も行われます。とはいえ、病院が行う薬物療法は、単に睡眠薬を処方するという治療法ではありません。睡眠相後退症候群の場合、単に睡眠薬を処方してもあまり効果がありません。なぜなら、原因は体内リズムの乱れにありますので、その体内リズムを治さなければ根本的には睡眠相後退症候群を治療することにはつながらないためです。

睡眠相後退症候群の場合、病院では、作用時間が短いものの、眠くなる時間を調整することが期待できる薬を処方することになります。睡眠相後退症候群に対する薬物療法は専門的な判断が必要となるものということができます。

睡眠相後退症候群に効果があるものとしてはメラトニンなどがあります。ただ、現在、日本では保険認可されていないものもあります。

生活指導

病院の処方・監督のもと生活指導をするということも効果的です。病院が行う生活指導は、生活のリズムを医師に定期的に伝え、相談、アドバイスを受けるという形で対処が行われますので、ご自身で判断されるよりも効果的ということができます。

病院からは、カフェインやアルコールの制限、テレビやパソコンを控えること、ケースによっては入院によって生活リズムを適切にすることを強制化することなどが実施されます。

生活リズムを正すということは一見すると簡単に見えますがなかなか難しいことです。また睡眠相後退症候群となると、病院での治療によって症状を改善しなければ社会的な生活に差し障りが出てしまうこともありますので、なんとしても改善したい状態と言えるでしょう。

睡眠相後退症候群の場合、病院の生活指導をしっかりと受けてケースによっては入院も考えるということがとても大切ということができます。

なお、睡眠相後退症候群に対して治療を行ってくれる病院はそれほど多いとは言えないのが現状です。睡眠相後退症候群の病院はインターネットでの検索や大学病院を当たるなどしてしっかりと探すことからスタートすることが大切です。

DVD付き もっとスゴイ! 大人のラジオ体操 決定版 (講談社の実用BOOK)
中村 格子
講談社
売り上げランキング: 448

まとめ:睡眠相後退症候群に対する病院の治療のまとめ

以上、本文で述べました睡眠相後退症候群に対する病院で行われる治療についてのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 睡眠相後退症候群の場合、病院では特殊な機器を利用して高照度光療法という治療法を実施します。高照度光療法は1時間から2時間程度、1万ルクス程度の光を照射することによりメラトニンという物質を生成します
  • 睡眠相後退症候群に対しては、病院では睡眠薬などの薬物療法も実施されます。睡眠薬などの処方は病院の専門的な判断によって行われます
  • 睡眠相後退症候群に対して治療を行っている病院はあまり多くはありません。睡眠相後退症候群の治療を受けるためにはインターネットでの検索や大学病院への問い合わせ等を通して適切な治療を行ってくれる病院を探すことがスタートということができます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment