睡眠改善薬の効果と副作用、正しい利用方法について

駒ヶ岳の夜明け

「睡眠改善薬を利用したいんだけど効果や副作用はどうなってるの?」「睡眠改善薬と睡眠薬で何が違うの?」あなたはこのような疑問をお持ちではないでしょうか?

睡眠改善薬は、睡眠薬の1種であり、市販などで簡単に入手できるものです。睡眠改善薬を利用する際には、その効果や副作用をしっかりと理解し、適切に使用することが大切です。

本記事では、睡眠改善薬の効果と副作用、正しい利用方法についてご紹介していきます。是非参考にして頂き、睡眠改善薬を正しく利用できるようにしましょう。

スポンサーリンク

1.睡眠改善薬を正しく利用する

睡眠改善薬を利用する際は、睡眠改善薬に適した目的の上で、効果が出るように正しく利用することが大切です。

睡眠改善薬を正しく利用するためには、 催眠効果の出るメカニズム 副作用 利用上の注意点 について理解することが欠かせません。

以下で、それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

1−1.睡眠改善薬のメカニズム

睡眠改善薬とは、 抗ヒスタミン薬の催眠作用を利用して眠気を促す睡眠薬 です。

主要な睡眠改善薬には、抗ヒスタミン剤である「 塩酸ジフェンヒドラミン 」という成分が配合されています。塩酸ジフェンヒドラミンには、鼻水などのアレルギー症状を抑制する作用がありますが、その副作用として眠気を促す催眠作用があります。

睡眠改善薬とは、この抗ヒスタミン薬の催眠作用を利用して眠気を促すもの です。また、睡眠改善薬は眠りを促すことはできますが、浅い睡眠を促す作用もあるため、深く質の高い睡眠を阻害することがあります。そのため、長期的な使用は質の低い睡眠を継続することになり、心身に悪影響を及ぼす場合があります。

睡眠改善薬を利用する際は、 突発的に発生する眠れない夜の対処方法としてのみの使用に留め 、継続的及び習慣的に利用することは止めましょう。

市販で入手できる睡眠改善薬には、次のような種類があります。

  • ドリエル、ドリエルEX
  • ネオディ
  • カローミン
  • ドリーネン
  • ナイトール
  • マイレスト
  • おやすみーな
  • グ・スリーP

また、上記の睡眠改善薬を利用する際は、抗ヒスタミンが含まれる一般的な薬を併用することを避ける必要があります。抗ヒスタミンが含まれる薬には、以下のものがあります。

  • 総合風邪薬
  • 鼻炎薬
  • アレルギー用薬
  • 乗り物酔い薬
  • 解熱鎮痛用の薬

これらの薬と睡眠改善薬を合わせて利用すると、抗ヒスタミン薬の 作用増強 が起こる恐れがあります。日中の急激な眠気などが起こりやすくなり、運転など非常に危険な状況を招く恐れがありますので、しっかりと注意しておくことが大切です。

また、睡眠改善薬とは別の睡眠薬で、医師から処方されるものが「 睡眠導入剤 」と呼ばれるものです。こちらも副作用などの危険性はありますが、深い睡眠をとるための手助けをしてくれます。睡眠導入剤について詳しく知りたい場合には、睡眠薬の代表的な3つの種類と効果時間による分類の記事で詳しく説明しているので、是非参考にしてみて下さい。

1−2.睡眠改善薬の副作用

睡眠改善薬は、その催眠作用を促す抗ヒスタミン薬は風邪薬など一般的な薬にも使用されるものであるため、 医師が処方する睡眠導入剤と比べ重大な副作用を引き起こすことは少ない です。

しかし一方で、長期的及び継続的に利用した場合や、上記で紹介した作用増強を引き起こした場合は、次の様な副作用が大きく出現する場合があります。

  • 日中の急な眠気
  • 急なイライラ
  • 夢を見る回数が多い
  • 頭痛
  • 吐き気

基本的には、睡眠改善薬を利用すると質の高い睡眠をとることができません。浅い睡眠では、心身の疲労を十分に回復することができないため、上記のような副作用を生じる場合があるのです。

特に、睡眠改善薬を利用している間は、 車の運転は控えること が大切です。日中に急な眠気が襲ってくる場合があり、その時に運転をしていると重大な事故を招く原因にもなりかねません。睡眠改善薬を利用する間は、事情を周囲の方に説明し、できるだけ車の運転はしないように工夫しましょう。

1−3.睡眠改善薬の正しい利用方法と注意点

睡眠改善薬は、 どうしても眠れない夜の一時的な利用に留めること が大切です。

睡眠改善薬は、あなたの質の高い睡眠に導いてくれる効果はありません。また、睡眠に障害をきたしている根本的な原因を解消してくれるわけでもありません。継続的な利用は心身に悪影響を与えますし、値段も比較的高いため経済的にも良くありません。

睡眠改善薬で一時的な眠れない夜に対応し、質の高い睡眠をとるための工夫をしていくことが大切です。質の高い睡眠をとる方法については、今晩から安眠しよう!4つのステップでばちっと安眠する方法の記事で詳しく説明しておりますので、是非ご活用下さい。

また、睡眠改善薬は、以下に該当する人は使用してはいけません。

  • 妊娠の可能性がある方、妊婦の方
  • 15歳未満の子供
  • 授乳期間中の女性は避けた方が良いです

また、睡眠改善薬を利用する夜には、 寝酒などアルコール類との併用は絶対に避ける ようにして下さい。

まとめ

ここまでで、睡眠改善薬の効果と副作用、正しい利用方法についてご紹介してきました。睡眠改善薬は、一時的な眠れない夜を解消するために利用する場合は有効です。しかし、睡眠改善薬の長期的及び継続的利用は重大な副作用を引き起こす危険性もあります。正しい利用方法を守り、安全に効果を得るようにしましょう。

眠れない夜が続くと不安になり、薬の力を頼りにしたくなりますよね。しかし、睡眠薬の類いはあなたの根本的な眠りの原因を解消してくれるわけではありません。睡眠薬の利用は一時的な対応策としての利用に留め、日常生活を工夫して、自然な眠りを得られるようにしていきましょう。本記事が、あなたの快適な睡眠のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment