短時間でバッチリの睡眠法!?効果的な睡眠で充実した時間を過ごそう

朝日

短時間で効果的な睡眠法は主として2つのポイントに着目することで容易に実行することが可能です。

短時間睡眠法は体のリズムや科学的な実験結果に基づいて実行すれば健康的に実行することができます。本稿では、短時間で効果的な睡眠法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

短時間睡眠法を身につけたいあなたへ

青空

睡眠時間は、本来、長い時間とりたいものです。具体的には6時間から8時間の睡眠を毎日とることができればどんなに素晴らしいことかと思います。しかし、実際には、仕事の忙しさ・やりたいことの多さから十分な睡眠をとることができない方はたくさんおられます。現代人にとって長時間睡眠をとるには時間がなさすぎるのです。

また、睡眠時間の取り方も考え方次第です。睡眠時間は人生の3分の1を占めるといいます。実に人生の25年間は睡眠時間に充てることになります。これを「もったいない」と考えられる方も多いのではないでしょうか。

そこで、本稿では、効果的に短時間で睡眠欲を充足させる睡眠法について述べていきます。短時間睡眠法身に付けたいあなたのご参考になれば幸いに存じます。

短時間睡眠法を実践するためのポイント

短時間睡眠法を考える上で最も大切なポイント(譲ってはいけないポイント)は健康を維持するというポイントです。いかに短時間睡眠をとって起きている時間を効率的に使いたいといっても、健康を害してしまっては全く無意味です。また、短時間睡眠法を実践しても、起きている間にぼんやりしてしまうようでは何も意味がありません。
 
短時間睡眠法を実践しつつ、「体調が悪い」「結局は起きている間ぼんやりしてしまう」といった場合には、短時間睡眠法について見直すことを必ずなさってください。

具体的な短時間睡眠法

以上を踏まえて効果的な短時間睡眠法をご説明します。効果的な短時間睡眠法としてまず、挙げることができるのが「コア睡眠時間」に睡眠をとるということです。コア睡眠とは造語ですが、つまり、午後10時から午前2時の間に睡眠をとるということです。

この午後10時から午前2時までという時間は、いわば睡眠のゴールデンタイムとも言うべき時間帯であって、成長ホルモンが最も分泌される時間帯なのです。成長ホルモンは、体調を整え、肌の荒れなどを修復し、健康的な体を作ります。(成長ホルモンの詳しい効果は今回は省略させていただきます。)

短時間睡眠法を実践するにあたっては、この午後10時から午前2時までの間を睡眠時間とするということは、短時間睡眠法のいろはの「い」に当たるということができます。この時間帯なら、多くの方が睡眠にあてることが可能なのではないでしょうか?短時間睡眠法の基本は午後10時から午前2時までの4時間は睡眠時間に当てるということです。まずはこの点から実行されてみてはいかがでしょうか。

短時間睡眠法のもうひとつのおすすめ方法としては、短時間の昼寝時間をつくるという方法です。睡眠法として昼寝はとても効果的です。つまり、昼間のわずかな昼寝は、仕事の効率を劇的に高めるのではないかという実験があります。とある高校で、毎日15分の昼寝の時間を設けたところ、センター試験の成績が向上したり、現役東大合格者が増えるなどしたそうです。(久留米大学医学部研究者による研究)

昼寝は仕事の効率を非常に向上させる睡眠法ということができます。昼寝時間をとるという睡眠法は、長時間である必要はありません。高校でも実施可能な方法なのですから、職場でも昼休みなどに15分程度睡眠をとることは差支えがないはずです。
 
15分という、まさに短時間の睡眠法を実施することで午後からの仕事の効率がアップするのであれば、こちらも是非とも試していただきたい睡眠法です。

この他に効果的な睡眠法としては、寝る前の2時間前までに食事は済ませてしまうこと(寝る前に食事をすると消化をするため、深い睡眠をとることができなくなります。)や睡眠前にお酒を飲まないこと(お酒は睡眠導入には効果的ですが、睡眠中に体温が向上し、体が休まらなくなります)などが効果的な睡眠法として挙げることができます。

ぐっすり眠れるクラシック
オムニバス
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) (2007-08-22)
売り上げランキング: 111

まとめ:効果的な睡眠法は生活リズムから

このように効果的な短時間睡眠法としては、(1)午後10時から午前2時までを睡眠時間にあてること(2)昼寝を1日15分取り入れることで可能となります。(その他、本文で述べましたように睡眠直前の食事やお酒を控えるということも重要です)

効果的な短時間睡眠法をとることは決して難しく、特殊な睡眠法を学ばなければならな
いというわけではありません。夜の数時間を睡眠時間に充てるということと短時間の昼寝をするということで実現することが可能です。

睡眠法には様々なものが提唱されていますが、まずはすぐに(しかもお金などをかけずに)時間のやりくりを考えることだけでできる睡眠法から初めてみられてはいかがでしょうか。
 
健康的かつ効率的な睡眠法を導入して活き活きとした毎日を送られることをお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment