睡眠の障害は睡眠外来で改善しよう!あなたのかかりつけの睡眠外来の探し方

広告ロゴ
医者の男性

「睡眠外来にかかってみたいんだけど、どういったところなの?」「睡眠外来ではどんな治療をしてくれるの?」あなたはこのような疑問をお持ちではないでしょうか?

睡眠障害を改善するためには、睡眠外来にかかり、睡眠治療の専門医にアドバイスをもたいながら治療していくことが大切です。

本記事では、睡眠外来について理解し、あなたのかかりつけの睡眠外来の探し方についてご紹介していきます。是非ご参考にして頂き、あなたを悩ませる睡眠の様々な障害を改善しましょう。

スポンサーリンク

1.睡眠外来とは

あなたのかかりつけの「睡眠外来」を探すためには、まず 睡眠外来について理解すること が必要になります。

睡眠障害の改善を行うことのできる病院の「科」には様々なものがあります。心療内科や神経科、内科などでも睡眠障害の診察、治療を行うことができます。睡眠外来について理解するためには、これらの科とどのような点で異なるのかについて理解しておくことが必要になります。

具体的に、睡眠外来を理解するためには、次の3つのポイントをおさえておくことが大切です。

  • 睡眠外来はどんなところか
  • 睡眠外来で改善できる症状
  • 睡眠外来に行く前に準備しておいた方が良いこと

では、それぞれの項目について以下で見ていきましょう。

1−1.睡眠外来はどんなところ

睡眠外来は、不眠症等の睡眠障害を改善するための治療を行っている睡眠治療の専門の医療機関 です。

現代は、現代型不眠などと呼ばれる症状があるように、睡眠に関する症状を抱える人が多くなってきました。従来までは、心療内科や神経科にて睡眠の障害を改善することが一般的でした。現在でも心療内科や神経科で十分な治療をうけることができますが、より睡眠障害の治療に特化した科を作ろうという働きにより、「 睡眠外来 」と呼ばれる場所ができたのです。

睡眠外来では、睡眠治療に関する専門的な知識を有する医師の診察をするため、次のような特徴を持っています。

  • 個人ごとの睡眠障害の原因を特定し、それぞれに合う治療方法を提案できる
  • 必要であれば連携している歯科と協力し、マウスピースの作成などをスムーズに行える

睡眠外来では、睡眠治療を専門的に扱っているため、より高度で専門的な知識を持って治療を行ってくれます。

1−2.睡眠外来で改善できる症状

睡眠外来では、睡眠に関わる障害の症状を改善していくことができます。

睡眠外来では、睡眠治療に関する専門的な知識を持っている医師が存在します。そのため、不眠症や過眠症をはじめ、あらゆる睡眠障害の症状の改善を行ってくれます。しかし一方で、睡眠は心のバランスと関係することも多いため、うつ病など心の病を持っている方は、心療内科にかかった方が良いでしょう。

睡眠外来にて改善できる症状には、次の様なものがあります。

  • 不眠症 :入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟睡障害
  • 過眠症 :日中の異常な眠気、ナルコレプシーなど
  • 睡眠覚醒リズム障害 :昼夜逆転の生活リズム
  • 激しい寝言
  • いびき
  • 激しい寝相

睡眠に関して困る様な症状が出た場合には、基本的には睡眠外来にかかることで原因を特定してくれます。

1−3.睡眠外来に行く前に

睡眠外来に行く前に、あなたの生活習慣や睡眠の状態について整理しておくことが大切 です。

睡眠治療においては、あなたの睡眠を阻害する要因を特定することが非常に重要です。睡眠を阻害する要因を特定するためには、普段どのような生活を送っているのかということや、睡眠のどの部分にどの程度の問題が生じているのかということに関して、医師は把握する必要があるのです。

あらかじめ、これらの情報をまとめておくことで、医師に正確な情報が伝わり、より精度の高い治療が迅速に行われるでしょう。

睡眠外来に行く前に用意しておくべき情報には、次のものがあります。

  • 睡眠のどの部分に障害が出ているか:入眠障害(寝つけないのか)、中途覚醒(夜中に何度も起きる)、早朝覚醒(朝早くに目覚めてしまう)、熟睡障害(寝た気がしない)
  • いつ頃から睡眠に支障が出始めたか
  • 朝太陽の光を浴びているか
  • 運動の習慣はあるか
  • 起床時間は一定か
  • いびきはかくか
  • 寝る前にコーヒーを飲んだり、PCやスマートフォンを操作したりしていないか
  • 日中に強いストレスを感じることはあるか
  • 睡眠時に呼吸が止まっていると言われたことはあるか

また、上記の情報に加え、あなたの睡眠の状況と日常生活の記録をとった、「睡眠日誌」を用意しておくとより良いでしょう。

睡眠日誌には、就寝時間、起床時間、目覚めの良さ、日中の活力の4つの項目を記録していくようにして下さい。

2.あなたのかかりつけの睡眠外来の探し方

あなたのかかりつけの睡眠外来を探すためには、 2つのステップ があります。

まず、「 日本睡眠学会 」という日本の睡眠治療のトップにある機関によって認定されている専門医を探し、あなたのお住まいの近くにいる専門医の所属する病院にかかることです。「日本睡眠学会」によって認定されている医師や機関では、より専門的な検査や高度な治療を行うことのできる体勢が整えられています。

日本睡眠学会によって認定された医師がお近くにいない場合は、「 インターネット検索 」によってお近くの睡眠治療を行うことのできる機関を探すと良いでしょう。睡眠治療は、医師から定期的にアドバイスをもらいながら行うものなので、近くて行きやすいというのも重要な病因選びの要素の一つです。

上記の具体的な方法に関しては、睡眠障害や不眠症が疑われる場合の専門の病院の探し方の記事にて詳しい実践方法を紹介しています。是非、参考にして頂き、あなあたのかかりつけの睡眠外来をお探しになって下さい。

脳に効く「睡眠学」  角川SSC新書
宮崎 総一郎
角川SSコミュニケーションズ
売り上げランキング: 33,082

まとめ

ここまでで、 あなたのかかりつけの睡眠外来の探し方についてご紹介してきました。睡眠外来は、様々な睡眠障害の治療を専門的に行っている機関です。あなたのかかりつけの睡眠外来を探すためには、まず睡眠外来の特徴について理解し、その上で日本睡眠学会やインターネット検索にて定期的にかかることのできる睡眠外来を探すことが大切です。

是非、本記事をご活用頂き、あなたを悩ます様々な睡眠の障害を改善してくれる医師を捜して下さい。本記事が、あなたの睡眠改善に少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。