市販の睡眠導入剤の効果と副作用について

満月の夜

「最近眠れなくて市販の睡眠薬を使ってみたいんだけど副作用とか大丈夫なのかな?」「市販の薬とお医者さんで処方される薬にどんな違いがあるんだろう?」あなたはこのような疑問をお持ちではないでしょうか?

市販の睡眠薬の多くは、「睡眠改善薬」と呼ばれる種類のものです。お医者さんで処方される「睡眠導入剤」とは効果や副作用が異なります。

本記事では、市販の睡眠薬の効果と副作用について、お医者さんで処方される睡眠薬との違いに触れながらご紹介していきます。是非本記事をご活用頂き、睡眠薬の正しい使い方に関する知識を手に入れて下さい。

スポンサーリンク

1.市販の睡眠導入剤の効果・副作用

睡眠薬には 「睡眠改善薬」 「睡眠導入剤」 の2種類があります。

市販で販売されている睡眠薬の多くは「睡眠改善薬」という種類のものであり、お医者さんで処方される睡眠薬の多くは「睡眠導入剤」という種類のものです。

これらはそれぞれに効果や副作用が違います。以下で、それぞれの睡眠薬について詳しく見ていきましょう。

1−1. 市販の睡眠薬の多くは「睡眠改善薬」

睡眠改善薬とは、抗ヒスタミン薬の副作用である催眠作用を利用した、眠りやすくするための薬 です。有名なドリエルなどがこれにあたります。

抗ヒスタミン含有の内服薬には、次のものがあります。

  • 風邪薬
  • 鼻炎薬
  • 乗り物酔い薬
  • アレルギー用薬
  • 解熱鎮痛薬

抗ヒスタミン薬の 作用増強 の恐れがあるため、睡眠改善薬を利用する際は上記の薬を併用しないように気をつけて下さい。

睡眠改善薬の適した使いどころは、どうしても眠れない夜の一時的な睡眠導入です。

抗ヒスタミン薬の睡眠作用を利用した睡眠改善薬は、抗ヒスタミン薬の催眠作用によって眠気を促してくれます。しかし、眠気を促すだけであり、 質の良い深い睡眠をとることを助けてくれるわけではありません

一時的にどうしても眠れない夜などに使用することは効果的ではありますが、継続的に使用することは質の低い睡眠を続けることになり、反対に体調を崩す要因にもなりかねません。

継続的に質の低い睡眠を取り続けた場合、あなたの日常生活に次のよな支障をきたす恐れがあるのでご注意下さい。

  • 日中の急激な眠気
  • 急なイライラや不安感
  • 集中力や思考力不足
  • 肌荒れ
  • 記憶力の低下
  • 精神不安定

また、睡眠改善薬の副作用については、強い副作用の効果は見られませんが、次のような副作用が出る場合もありますのでご注意下さい。

  • 急なイライラ
  • 昼間の眠気
  • 多夢
  • 頭痛

ここまでで「睡眠改善薬」の効果と副作用について見てきました。市販の睡眠薬を利用する場合は、突発的に発生する眠れない夜のみの使用に留め、継続的な不眠症を患っている場合には、以下で紹介する「睡眠導入剤」を医師に専門的なアドバイスをもらいながら利用して頂くことをお勧めします。

1−2. お医者さんが処方する「睡眠導入剤」

睡眠導入剤は、現在ベンゾジアゼピン系睡眠薬が主流で、これはGABAという脳内の抑制系の神経伝達物質の催眠作用を増強し、深い眠りへと導く睡眠薬 です。

睡眠導入剤は、主に専門の医師によって処方されるもので、代表的な種類には以下のものがあります。

  • ハルシオン
  • レンドルミン
  • マイスリー

睡眠導入剤は、眠れない夜を解消し、一時的に質の高い睡眠を得るために効果的ですが、正しい利用方法を守らないと以下のような副作用を起こす危険性があります。

  • 依存性:長期での服用は体内に耐性を作り必要とする内服量が次第に増えていってしまいます。長期的に服用した後にぱっとやめると、服用する前以上に不眠の症状がひどくなる症状が出る場合があります。
  • 持ち越し効果:睡眠導入剤には定められた内服時間と効果時間があります。内服時間を間違えると日中まで催眠作用が働いている状態になり、特に運転事故などの危険性が高まります。
  • 筋弛緩作用:睡眠導入剤は脳の活動をスローダウンさせるため、全身の筋肉も弛緩状態にさせます。そのため、夜中のトイレや寝起きの時にこの効果が作用していると、足の踏ん張りが効かずに転倒し、大きな事故に繋がる恐れもあります。

睡眠導入剤を利用する際には、 必ず専門の医師にかかり、適切な用法用量をお守り下さい 。また、特に辞め方が大事で、眠れない夜が解消されたからといってパッと辞めてしまうと、よりひどい不眠症状が出現する場合がありますので、医師の診断に最後まで従うことが大切です。

睡眠薬はあなたの眠れない夜を一時的に解消するのに役立ちますが、 あなたが眠れない根本的な原因を解消してくれるわけではありません 。充実した毎日を送るためには、質の高い睡眠をとることが必要です。睡眠薬を利用する前に、まずご自身の生活習慣に問題がないか確認してみて下さい。具体的な方法は、今晩から安眠しよう!4つのステップでばちっと安眠する方法の記事で詳しく説明しているのでご覧になってみて下さい。

朝昼夕3つのことを心がければOK!  あなたの人生を変える睡眠の法則
菅原洋平
自由国民社
売り上げランキング: 310

まとめ

ここまでで、市販の睡眠導入剤の効果と副作用についてご紹介してきました。睡眠薬は「睡眠改善薬」と「睡眠導入剤」に分けられ、市販の睡眠薬は「睡眠改善薬」に多くが分類されます。どちらの睡眠薬を利用する場合も、適切な方法で利用し、副作用を発症させないようにすることが大切です。

眠れない夜は誰でも辛いものです。是非、本記事をご活用頂き、あなたの眠れない夜を正しい方法で解消して下さい。あなたがぐっすりと眠れた日が来た時に、本記事が少しでもお役に立てていれば幸いです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment