睡眠導入剤の副作用を理解して正しく利用する方法

薬

「夜なかなか眠れくて睡眠導入剤を使うか迷ってる…」「睡眠導入剤にどんな副作用があるのか気になる…」あなたはこのような疑問をお持ちではないでしょうか?

眠れない夜を解消するためには、まず質の高い睡眠をとるための工夫をしてみることが大切です。それでも眠りが改善されない場合は、一時的な応急処置として睡眠導入剤を利用することで、夜の時間を楽に過ごすことができます。

本記事では、睡眠導入剤を利用する際に注意すべき副作用についてご紹介していきます。是非、本記事をご活用頂き、睡眠導入剤の正しい使い方について学びましょう。

スポンサーリンク

1.睡眠導入剤の副作用

睡眠導入剤はあなたに眠気を促し、眠れない夜を助けてくれる心強いアイテムですが、正い使用方法をしないと副作用によって日常生活に支障をきたす恐れがあります。

睡眠導入剤の代表的な副作用は、次の3つです。

  • 依存性
  • 持ち越し効果
  • 筋弛緩作用

以下で、それぞれの副作用について詳しく見ていきましょう。

1−1.睡眠導入剤の副作用その1:依存性

睡眠導入剤は、現在ベンゾジアゼピン系の睡眠薬が主流です。これは、従来の睡眠薬に比べて副作用等が低くなるように開発されたものです。ですが、ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤においても、間違った利用方法は副作用を引き起こします。その一つが、依存性です。

ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤の依存性による症状は、次のものがあります。

  • 強いイライラがおきる
  • 吐き気を催す
  • 服用前よりも強い不眠症状が出る
  • 同じ服用量では効果が出にくくなり、どんどん服用量が増え辞められなくなる

ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤における依存性の副作用が出る原因には、次のものがあります。

  • 1ヶ月以上の長期服用:長期服用は、身体に睡眠導入剤に対する耐性ができるため、効果を得るためにより多量の服用が必要になってしまう
  • 医師との相談なしでの急な服用中止

「依存性」の副作用を出さないためには、医師と相談をしながら睡眠導入剤を利用することが非常に重要です。専門的なアドバイスを基に、定められた用量用法を守り、少しずつ服用を減らしていくことが大切です。

1−2.睡眠導入剤の副作用その2:持ち越し効果

持ち越し効果は、起床した時に睡眠導入剤の睡眠作用の効果がきれておらず、頭がぼんやりとしてしまう副作用です。

睡眠導入剤の持ち越し効果による症状には、次のものがあります。

  • 運転中の居眠り
  • 日中に頭がぼんやりして働かない
  • 頭痛、頭重感
  • めまい
  • 判断力や思考力の低下

睡眠導入剤の持ち越し効果の副作用が出る原因は、次の通りです。

  1. 睡眠導入剤は、その種類毎に内服時間と効果時間が定められている
  2. 睡眠の効果が睡眠時だけに限るように内服時間は決められている
  3. 内服する時間が定められた時間とずれている場合、睡眠の効果がくるまで遅くなったり、起床してからも眠くなったりする
  4. 持ち越し効果は、睡眠導入剤は内服した時間が定められたものより遅く(主に就寝直前に内服することで持ち越し効果がおこる場合が多い)、睡眠導入剤の催眠効果が翌日まで持ち越されることが原因で起こる

「持ち越し効果」の副作用を出さないためには、定められた内服時間をしっかりと守ることが大切です。ついつい飲むべき時間を忘れてしまい、就寝直前に飲んでしまうということがありがちですが、その場合は持ち越し効果により翌日の活動に支障が出てしまいます。

専門的なアドバイスに従いながら、定められた用法・用量を守ることが大切です。

1−3.睡眠導入剤の副作用その3:筋弛緩作用

筋弛緩作用とは、睡眠導入剤の効果により筋肉が弛緩し、力が入らない状態になる副作用です。

筋弛緩作用によって起こりうる問題には、次のようなものがあります。

  • 夜中のトイレに起きた時の転倒
  • 起床して立ち上がった時の転倒

睡眠導入剤の効果により、立ち上がろうとした時や歩いている時に足の踏ん張りがきかない可能性があります。睡眠導入剤の効果時間中の可能性が高い夜中や早朝においては、特に転倒に気をつけて慎重に行動をする必要があります。

特に高齢者の方は一度の転倒で骨折などに繋がってしまう可能性も考えられますので、十分にご注意下さい。

朝昼夕3つのことを心がければOK!  あなたの人生を変える睡眠の法則
菅原洋平
自由国民社
売り上げランキング: 310

まとめ

ここまでで、睡眠導入剤の副作用についてご紹介してきました。睡眠導入剤は、眠れない夜を助けてくれる心強いアイテムでもありますが、同時に「依存性」「持ち越し効果」「筋弛緩作用」といった副作用が生ずる可能性もあります。正しく利用するためには、専門の医師と相談をして、専門的なアドバイスをもらいながら正しい用法用量を守ることが大切です。

質の高い睡眠をとる方法については、今晩から安眠しよう!4つのステップでばちっと安眠する方法の記事にて詳しく説明していますので、是非一度ご覧になって下さい。

あなたの辛い夜の解消に、本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment