睡眠とセロトニンの関係とは?!セロトニンを増やす3つの方法

夜明け

「朝すんなりと起きれない」、「夜は布団に入ってもなかなか眠れない」そんな経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

人間が目覚め、そして眠気をもよおすのは体内の神経伝達物質の働きがとても大きく関係しています。神経伝達物質が一定量分泌されていなければ、朝すぐに起きれなかったり、夜寝つきにくくなるという現象を引き起こしてしまいます。

本記事では、人間の睡眠に重要な役割を果たしている神経伝達物質「セロトニン」を増やす3つの方法をご紹介します。 快適な睡眠を得たいという方は、是非本記事と一緒に、睡眠とセロトニンの関係、セロトニンを増やす方法について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

神経伝達物質「セロトニン」と睡眠の関係

朝日

「セロトニン」とは人間の脳内に存在している神経伝達物質です。

セロトニンは、朝が来ると体内の交感神経を刺激し、脳を覚醒させることで人間を目覚めさせる働きをしています。また、目覚めた後もセロトニンは交感神経を絶え間なく刺激し、人間を活動的にするための役割を果たしています。

そして、夜になるとセロトニンが徐々に活動を弱めることにより副交換神経が優位になります。この状態が、人間の心を落ち着つかせ、睡眠を促すことへと繋がるのです。

セロトニンが不足するとどうなる?

朝起きなければいけないのに頭がボーっとして起きれない、夜寝つきが悪くなりなかなか眠れない、そんな時は、セトロニンが不足していることが考えられます。セロトニンが正常に働いていないため、睡眠と覚醒の状態がうまく切り替えられていないのです。

また、セロトニンは人間の心のバランスをとっている物質とも言われています。満足感を得たり、心を落ち着かせたり、安らぎを感じる癒しの効果があります。セロトニンが不足してしまうと、怒りっぽくなったり、攻撃的になったり、集中力がなくなるなどの症状を引き起こす可能性があります。ひどい時には、不眠症やうつ病になど心の病になることもあるのです。

現在、多くの人々がセロトニン不足だと言われています。すぐにキレてしまう、自殺願望、うつ病患者の増加、これらは、セロトニンが不足していることが大きく関係している可能性があります。

セロトニンが不足しないようにするには、次の3つの方法が効果的です。上記のような症状に当てはまる方は、是非参考にしてみてください。

セロトニンを増やす3つの方法

セロトニンを増やすことで、満足感のある質の高い生活を得ることができ、またより良い睡眠をとることができるようになります。

セロトニンを増やすためには、次の3つの方法が効果的です。

  • 光を浴びる
  • 適度なリズム運動をする
  • 食べ物から摂取する

それでは次の項で、それぞれについて具体的に見ていきましょう。

セロトニンを増やす方法1:光を浴びる

セロトニンは、「光」がとても重要と考えられています。

朝起きた時に浴びた太陽の光は、人間の網膜から「縫線核(ほうせんかく)」という場所へ送られ、セロトニンを合成する働きがあります。そのため、朝起きたらまずはカーテンを開け、外の光を浴びましょう。雨で太陽が出ていない日は、電気をつけて部屋の中を明るくすると効果的です。

セロトニンを増やす方法2:適度なリズム運動をする

単調なリズムで運動をすることにより、セロトニン神経が活性化されます。

ウォーキングやジョギング、スクワット、階段の上り下りなど一定のリズムで行う運動を生活の中に取り入れましょう。仕事中や授業中でもできる簡単な方法として、首のストレッチも良いとされています。このような運動を長期的に継続することによって、よりセロトニンを増やす効果が高まると言われています。

また、食べ物をしっかりと噛んで食べる「咀嚼(そしゃく)」も単調な動きのため、効果的と言われています。

セロトニンを増やす方法3:食べ物から摂取する

セロトニンは、必須アミノ酸であるトリプトファンという物質より作られます。

トリプトファンは人間の体内で作り出すことができないため、食べ物より摂る必要があります。トリプトファンが多く含まれている食べ物として次の物が挙げられます。

  • 大豆製品類…豆腐、味噌、納豆など
  • 乳製品…チーズやヨーグルト、牛乳など
  • その他…バナナ、アーモンド、くるみ、卵など

なお、トリプトファンを含んでいるサプリメントも数多く販売されていますので、食生活に取り入れてみるのも一つの方法かもしれません。

また、血液中にブドウ糖が不足していると、トリプトファンは脳内に取り込みにくくなるとされています。そのため、食後にブドウ糖が含まれている甘いデザートなどを食べると、セロトニンを合成する働きに、より強い効果をもたらします。

上記の方法を実践することで、セロトニンが分泌されると考えられています。明日からでも始めることができるような簡単な内容ばかりなので是非試してみてください。

誰も知らないサプリメントの真実 (朝日新書)
高田 明和
朝日新聞出版
売り上げランキング: 14,854

まとめ:セロトニンを増やして質の高い睡眠を得よう

今回は、夜落ち着いた気持ちで眠りにつき、そして朝気持ちよくスッキリと起きるために不可欠な神経伝達物質「セロトニン」を増やす方法をご紹介してきました。再度、セトロニンを増やす3つの方法をおさらいしましょう。

  • 光を浴びる
  • 適度なリズム運動をする
  • 食べ物から摂取する

セロトニンを増やし適度に働かせることで、良質な睡眠を得ることができるのはもちろん、やる気や集中力をもらたしたり、人間を活動的にする作用があります。毎日を気持ちよく過ごすためにも本記事を参考にしてみてくださいね。

皆さんが快適に毎日を過ごせるよう少しでもお力になれれば幸いです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment