病気をしない健康な体でいるために。睡眠中に生成される成長ホルモンとは

海の子供

健康的な体づくりのためには成長ホルモンの働きを活性化させることが重要となります。

成長ホルモンは主として睡眠中に脳で生成、体に分泌されて新陳代謝や体内組織の活性化を促すためです。成長ホルモンを活性化させるためには、適切な睡眠時間をとることやタンパク質を多く含む食べ物を摂取することがおすすめできます。

スポンサーリンク

睡眠と成長ホルモンの関係

花

 健康で快適な毎日をおくるためには、良質な睡眠を欠かすことができません。人間にとって睡眠がなぜ必要となるのかという科学的な問いに対する正しい答えはまだ発見されていません。ただ、睡眠が私たちの健康的な生活にとって重要な働きをしていることを私たちは経験的に知っています。

例えば、睡眠不足によって疲れが抜けなかったり、肌の調子が良くなかったり、場合によっては病気にかかってしまうこともあることを感覚的に私たちは感じ取ります。このように睡眠は健康を維持するために欠かすことはできません。

先ほど、なぜ睡眠が必要となるかについての理由ははっきりとはわかっていないとは書きましたが、睡眠が健康にとって重要であることの理由に関しては、実はある程度科学的な分析が進んでいるのです。

つまり、睡眠が健康に及ぼす影響としては、睡眠中に活性化する成長ホルモンが強く影響しているということが判明しています。成長ホルモンは主として脳で生成され、体の代謝や身体組織の成長に役立つ物質です。この成長ホルモンが人の体の健康に良い影響を与えています。

つまり、睡眠をとることで成長ホルモンが活発化し、その成長ホルモンが体の代謝や組織成長を助けることによって、健康的な体が作られています。このように睡眠と成長ホルモンは密接不可分の関係で人間の体の健康のために作用します。

なお、成長ホルモンの働きというと、小さな子供などに限定して意味があるのではないかというイメージを持たれる方もおられるかもしれませんが、成長ホルモンは大人でも睡眠中を中心に生成・分泌されています。そのため、大人の健康にとっても成長ホルモンはとても重要な働きをしています。
 

成長ホルモンが不足した場合の健康への影響

 では、睡眠不足などによって成長ホルモンの生成、分泌が少なくなった場合には健康へどのような悪影響が生じるのでしょうか。

 成長ホルモンが減少すると、まず、代謝が下がってしまうため体の疲労が抜けなかったり、病気にかかりやすくなったりしてしまいます。新陳代謝は私たちの体の老廃物を体外に放出するもので、いわば、「体のクリーニング」をしてくれるものです。

成長ホルモンの減少により新陳代謝が衰えれば、体には多くの老廃物がたまってしまうので、疲労感がぬけなかったり病気にかかりやすくなったりすることになります。

次に、成長ホルモンが不足すると、体の組織が成長しなくなってしまいます。子供の場合には身長が伸びないなどある程度明白な形で成長ホルモンのバランスが崩れた状態が露見しますが、大人の場合には、肌が老化したり、脂肪が増えて肥満になりやすくなるなどの形で成長ホルモンの崩れがあらわれます。

女性で「最近肌が荒れてきている」とお悩みの方は、ご自身の生活リズムを顧みられて、睡眠不足による成長ホルモンのバランスが崩れてしまっている可能性を検討されることが
肌荒れ解消のために有益なケースもあります。

 このように睡眠不足により生じる成長ホルモンのバランスの崩れは、体の代謝の低下や組織成長の阻害などの形で体に悪影響を生じさせることとなります。

成長ホルモンを活性化させる具体的な方法

 では、成長ホルモンの働きを体内で再び活性化させるためには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

成長ホルモンは睡眠中に活発化しますので、第一には睡眠時間を見直すということが重要な方法となります。例えば、成人の場合には、6時間や7時間半などの睡眠時間を取ることが健康に良いと言われます。

しかし、仕事が忙しいなどの理由からなかなか睡眠時間を確保することが難しい方もおられると思います。その場合には、成長ホルモンとの関係で言えば、少なくとも3時間は確実に睡眠時間を確保することが重要となります。

成長ホルモンは少なくとも3時間程度は睡眠しなければ、十分な分泌がされないためです。もちろん、実際には6時間や7時間半程度の睡眠が健康には最も良いということができます。

また、睡眠時間が十分ではない場合には、食べ物の摂取によって成長ホルモンの活動を活発化をめざすこともひとつの方法として挙げることができます。成長ホルモンは、タンパク質から作られるため、タンパク質を多く含む乳製品(牛乳・チーズなど)や豆類(納豆など)から摂取することで成長ホルモンの活動を活発化することができます。

このように成長ホルモンは必ずしも睡眠だけからではなく、食べ物で摂取することも可能となります。

老けない、病気にならないホルモン革命
藤森 徹也
現代書林
売り上げランキング: 66,268

まとめ:最も重要なことは睡眠

 ここまで述べたことを簡単にまとめますと以下のようになります。
 まず、子供か大人かを問わず、成長ホルモンは新陳代謝や体の組織形成などにとって重要な働きをします。そして成長ホルモンは睡眠中に生成・分泌されるため、成長ホルモンの働きを活発化するためには、適正な時間、睡眠をとることが重要となります。

 適正な睡眠時間は、大人の場合には6時間や7時間半という程度の時間が望ましいのですが、成長ホルモンの分泌との関係で言えば少なくとも3時間は睡眠時間を確保することが重要です。

 また、成長ホルモンは食べ物で摂取することも可能です。具体的には、タンパク質に成長ホルモンをつくる原料となるので、タンパク質を豊富に含む、チーズや牛乳などの乳製品、納豆などの豆類を摂取することがおすすめできます。
 
 睡眠の神秘はまだまだ完全には解き明かされてはいません。しかし、少なくとも睡眠が成長ホルモンの活性化を促すことで、健康な体を作るということは研究によって明らかとなっています。

 可能な限り睡眠時間を増やすこと、場合によっては食物で補うことなどを通して、成長ホルモンの働きを活性化させ、健康な体を作っていかれることをお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment