睡眠だけじゃない!枕なしで寝ることのメリットとは

枕

睡眠をとると首・肩・腰が痛い。しかも痛みは朝だけでしばらくすると痛みは治まってしまう。大したことはないのかもしれないけれど、毎日のことだから身体に悪そうな気がする…。このような症状にお悩みではありませんか?もしかしたら、その原因は枕にあるのかもしれません。

自分に合った枕が見つからないときは、枕なしで睡眠を取ってみませんか。

どんなに高価で質のいい枕を使ったとしても、あなたの身体に合ったものでなければ質の良い睡眠をとることはできません。もし自分に合った枕をみつけたとしても、使用し続けるうちにヘタってしまい、最適な高さをキープし続けることは難しいでしょう。

みなさん、枕選びには苦労しているのではないでしょうか。そこで、本記事では枕なしで快適に睡眠をとる方法や枕なしの効果をご紹介していきます。

枕なしというと、きちんとした睡眠が取れなさそう…というイメージもあるかもしれません。けれども一度本記事を見て、それから結論を出してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

身体に合った枕を使わないと

ベッド

睡眠には枕の高さやサイズはとても重要です。快適な睡眠をとるには、身体に余計な負担を与えない、立っているときと同じ姿勢をするのが最も良いとされています。

しかし、枕の高さが高すぎたり低すぎるとこの姿勢が保たれないため、身体に余計な負担をかけてしまいます。枕によって疲れが取れない、深い睡眠をとれない、身体が痛いといった症状が出るのはこのためです。

高すぎる枕の弊害

特に、高すぎる枕には気をつけましょう。高すぎると首が圧迫されるため、筋肉の緊張、神経の圧迫、血行不良を起こします。

また、高い枕は寝返りも打ちにくくなります。通常、人は寝返りを睡眠中20~30回程度打つことで疲労の回復を行っています。しかし、寝返りが減ると、睡眠中のリンパ液や血液の循環が滞ってしまい、満足な疲労回復ができなくなってしまいます。

高すぎる枕を使うと下記のような症状が出ることがあります。

  • 肩コリ
  • 首の痛み
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 指先のしびれ
  • 眠りが浅い

このような症状が無いか、一度自分の睡眠を振り返ってみてはどうでしょうか。

睡眠の質は毎日のコンディションにも大きく左右されます。そのため、通常より高価なオーダーメイド枕、安眠枕、骨盤矯正枕などに人気が出ているようです。しかし、そんな高価なものを買うのは躊躇してしまう…という方は、簡単にできる枕なし睡眠法を試してみてはどうでしょうか。

枕なし睡眠法

「枕なし睡眠法」のメリットは4つあります。

  • ①痛みやしびれの改善
    枕なしだと頸椎の圧迫がなくなるため、頭や首に行く血液がスムーズに流れるようになります。そうすると、血行不良によっておこる肩コリ、頭痛、しびれといった症状が解消されます。病院によっては偏頭痛で悩む人に枕なしを薦めることもあるそうです。
  • ②呼吸が楽になる
    事故をおこすこともある「睡眠時無呼吸症候群」は睡眠中に呼吸がうまくできなくなる病気です。このことからも私たちの生活に睡眠中の呼吸は大変重要だと言えるでしょう。枕なし睡眠にすると喉が圧迫されないと共に鼻腔が上を向くため、呼吸がしやすくなります。
  • ③頭部の血流が良くなる
    発毛に必要な栄養は血液から送られるため、頭部の血行不良は薄毛の原因にもなると言われています。薄毛の治療薬であるミノキシジルの効能は、血行を促進し育毛に必要な栄養を頭皮に与えることです。「枕なしで寝たら髪が太くなった」という声もあるようなので、頭皮が気になる人は試してみるのもいいかもしれません。
  • ④首にシワができない
    睡眠中、喉が圧迫されないので首にシワができにくくなります。身体のシワは何度も後をつけていると深くくっきりしたものになってしまいます。首のシワが気になる人は、深くなる前にパソコンの姿勢に気をつける、首にも化粧品を使うといった対処の他に、枕なし睡眠を試してみてはどうでしょうか。

枕なし睡眠のやり方

枕なし睡眠とは、枕を使わずにそのまま寝ることです。しかし、時には枕なしの高さが身体に合わない人もいます。そこで、枕なし睡眠をする前に一度自分に合った高さのチェックをしてみましょう。

枕なしで布団に入って横になった姿を鏡で見たり、誰かに見てもらって、立っているときと同じような角度になっているか確認します。一般的には、地面の線と横になったときの鼻と口を繋げた線の角度が5度になるときが理想的な高さだと言われています。

このとき、もし自然な角度でないようなら、家にあるタオルなどを丸めて頭の下に敷いて高さを調節します。使うものはタオルでも毛布でもなんでも構いませんが、洗濯のしやすいものを選びましょう。寝るときにずっと同じものを置いておくと、雑菌やダニが繁殖してアレルギーの原因にもなります。特に口に近い寝具は常に清潔にしておきましょう。

合わない枕は病気をつくる―奥山式「首にやさしい枕」徹底解明
奥山 隆保
ハート出版
売り上げランキング: 603,916

まとめ:枕なし睡眠には多くのメリットが

ここまでで、合わない枕を使うデメリットと枕なし睡眠のメリットについてご紹介してきました。枕なし睡眠には下記の4つのメリットがあります。

  • 肩・腰・首の痛みや頭痛、しびれの改善
  • 呼吸が楽になる
  • 頭部の血流がよくなる
  • 首のシワができない

枕が合っている気がしない、頭痛や肩こりが酷いという人は、枕なし睡眠法を一度試してみてはどうでしょうか。睡眠だけでなく、美容や毛髪にも影響がある枕なし睡眠、試す価値はあるかと思います。

枕なし睡眠法は大した費用もかからず、簡単にできる方法です。無理をして高い枕を買ったとしても、自分に合っていなければ宝の持ち腐れです。それならば、一度枕なしを試してみてから枕の購入を検討してみてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment