睡眠中に分泌されている!体の成長に役立つ成長ホルモンとは

夜

睡眠は夜10時から2時までの間に睡眠をとることがおすすめできます。

この時間帯に睡眠をとることで、身体の機能を向上させる成長ホルモンが大量に分泌されます。ただ、この時間帯に睡眠をとることが常にできるとは限りませんので、そのような場合には成長ホルモンが含まれている栄養ドリンクなどを利用することもおすすめできます。

本稿では、睡眠と成長ホルモンの関係や成長ホルモンが体の成長や疲労の回復などのために果たす役割などを解説していきます。

スポンサーリンク

睡眠中に分泌される成長ホルモンとは?

ベッド

ホルモンという言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

ホルモンとは、体内で作られ、血液の流れなどに乗って体内をめぐり、体に様々な影響を及ぼす物質をいいます。目で見ることは通常ありませんが、私たちの体の成長や疲労回復などのために大きな役割を果たしているのがホルモンです。

ホルモンの中には睡眠中に分泌されるものがあります。睡眠中に分泌されるホルモンは体の成長や疲労回復などに大きな役割を果たします。ここでは、睡眠中に分泌される成長ホルモンについて、その作用や分泌促進のための睡眠法などをまとめていきます。256

成長ホルモンの主要な働き

睡眠中に分泌される成長ホルモンは体内でどのような働きをするのでしょうか。

まず、成長期にある子供の場合には、骨に働きかけを行い、身長を伸ばすという働きをします。後述しますように成長ホルモンは特定の睡眠中時間中に大量に分泌されますが、子供が夜早く眠ったほうが良いというのは、単なる俗説ではなく、成長ホルモンの働きから考えれば理にかなっています。

次に、睡眠中に分泌される成長ホルモンは大人にとっても重要な働きをします。成長ホルモンというと子供にしか関係がないように思われる向きもありますが、実は大人にとっても睡眠中に分泌される成長ホルモンは大切な働きをします。

大人にとっての成長ホルモンの働きとして重要なものは、まず疲労回復の働きです。成長ホルモンは披露を回復させて、明日への活力を回復させるために重要な働きをします。そのため、睡眠不足などの場合に疲労感が抜けないのは、成長ホルモンがあまり分泌されないということと無関係ではありません。

また、成長ホルモンは肉体の強化・美化のために大きな役割を果たします。成長ホルモンは、筋肉への働きかけによって、筋力を増強します。また、体内の中性脂肪を分解しますのでダイエット効果もあります。

さらに、肌の新陳代謝も良くするので、肌のハリ、つやなどにも影響を与えます。このように睡眠中に分泌される成長ホルモンは大人にとっても健康的な毎日を送るために、とても重要な働きをしているということができます。

成長ホルモンの分泌を増加させるためには

では、このように子供にとっても大人にとっても、重要な働きをする成長ホルモンの分泌を多くするためにはどのようにすれば良いのでしょうか。成長ホルモンの分泌を増やすにあたっては、睡眠時間が重要となります。

成長ホルモンは体内のリズムに従って分泌され、特に睡眠時間に影響を受けます。具体的には深夜10時から2時までの間に睡眠をとることで成長ホルモンの分泌量はとても多くなります。そのため、この時間帯に睡眠をとることが子供にとっては、体の発達のため、大人にとっては、疲労を回復したり、肌の健康を維持するなどのためにとても重要となります。

また、夜勤などのお仕事をされておられる方で睡眠時間を午後10時から午前2時間でとすることが難しい方は、成長ホルモンを摂取することができる医薬品なども販売されています。規則正しい時間に睡眠をとって成長ホルモンの活動を活発化させることが、体の自然の働きとして最も良い事に違いはありませんが、実際問題として、常にこのような時間帯に睡眠をとることが可能とは限りません。

お仕事などの関係によっては、医薬品を利用されるなどの形で成長ホルモンをとられることが、疲労回復などに役立つ場合もあります。さらに、加齢によって人間の体では成長ホルモンの働きが衰えます。これは人間の生理的現象ですのでやむを得ないことと言えます。

そこで、ある程度のご年齢に達した方などの場合には、睡眠だけではなく、医薬品も利用することで成長ホルモンの働きを補充するということをおすすめすることができます。

自律神経にやさしい音楽
メンタル・フィジック
デラ (2007-07-25)
売り上げランキング: 290

まとめ:可能な限り規則正しい睡眠を

以上述べましたように、午後10時から午前2時までの間に睡眠をとることで成長ホルモンが大量に分泌されることとなります。そして、その成長ホルモンは、睡眠中に、体の疲労を回復させたり、肌のつやを取り戻すなど、健康的な体を作る上で非常に大きな働きをします。

人間の体の成長ホルモンは深夜10時から2時までの間という、かつて科学技術の発展が未成熟であった時代には当然睡眠していた時間に最も活発に作用します。これは、人間の体の成長が自然の睡眠時間と適合していた状態であったということができます。そのため、可能であれば、午後10時から午前2時までを睡眠時間として成長ホルモンの分泌を促すことが望ましいということができます。

ただ、仕事の関係などから、そのような生活リズムを作ることが難しいのであれば、栄養ドリンクなどで成長ホルモンを補充するということもおすすめできます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment