怖い歯ぎしり何とかしたい!睡眠中の歯ぎしりの原因と対策

寝る男性

 

大したことじゃないと放置しがちな歯ぎしりですが、歯が削れてしまったり、一見無関係に思える頭痛や肩こりまでも引き起こす可能性があります。歯ぎしりも睡眠障害の中の一つです。興味深いことに他の睡眠障害のいびき、睡眠時無呼吸症候群、寝言がある人は歯ぎしりをすることと、レム睡眠中に発生する共通点があります。睡眠中の習慣を改善する必要がありそうです。

こちらでは、睡眠中の歯ぎしりの原因と対策方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

睡眠と歯ぎしり

睡眠中の歯ぎしり「睡眠時ブラキシズム」とは

歯

睡眠中、無意識に歯をかみしめたり歯ぎしりをする、食いしばるなどのくせがあり、それが原因で歯、歯ぐきや体に悪い影響を及ぼす習慣を、歯科医療では「睡眠時ブラキシズム」と呼んでいます。「口腔内悪習慣」の意味です。日本人は8~15%が歯ぎしりをしていると言われ、年齢を問わず子供から老人まで幅広く見られます。奥歯をかみしめる、食いしばりも含めて、それらのくせは歯と歯ぐきには強烈な負担をかけています。

歯ぎしりの原因

歯ぎしりも食いしばりもくせ、習慣なので、原因は明確ではありませんが、睡眠が浅いときに起こりやすいことが分かっています。睡眠時無呼吸症候群でも、無呼吸状態のときに高い頻度で歯ぎしりが起こることが報告されています。

噛み合わせによる歯ぎしり
元々の歯並びによって歯ぎしりが引き起こされる場合もありますが、顎筋肉の緊張がアンバランスになっていることが考えられます。つまり、歯を抜いた後にそのままにしていたり、虫歯治療をしたりしたことで、噛み合わせが悪くなってしまうのです。これが主な原因であると言っても良いでしょう。また、虫歯治療を行った際に詰め物が歯に対して大きすぎたりすると、歯ぎしりが引き起こされてしまいます。歯並びによる噛み合わせの悪さは、歯列矯正を考えなければなりません。しかし、歯列矯正は大きな費用が必要となるので、十分に考えてから治療をするようにしましょう。

ストレスによる歯ぎしり
ハードな仕事が続いていたり、人間関係がもつれたりすることで、人はストレスを感じてしまうでしょう。ストレスを感じないという方はいらっしゃらないのですが、負のストレスを感じ続けることで様々な悪影響が起こります。その一つが歯ぎしりです。これは、寝ている最中にギリギリと音を立てて歯ぎしりをすることによって、不安や憂鬱を解消していると考えられています。つまり、起きている時に感じている過度のストレスを、寝ている時に解消しているというわけです。歯をぐっと噛み締める歯ぎしりもストレスが原因であることが多くなっています。

喫煙や飲酒による歯ぎしり
歯ぎしりが引き起こされる絶対的な原因ではないのですが、喫煙や飲酒、そしてカフェインの摂取も症状を悪化させるのではないかと言われています。適度な摂取であれば問題はありませんが、歯ぎしりをしているという方は、これらを極力控えた方が良いかもしれません。

歯ぎしりが引き起こすトラブル

そのままにしておくと口の中のトラブルにとどまらず、顎関節症や肩こり、頭痛などさまざまな症状を引き起こします。通常であれば、奥歯にかかる力は最大で自分の体重程度ですが、睡眠時など、無意識のときでは「これ以上かむと歯が壊れてしまう」という抑制がきかないため、結果として想像以上の力が加わることがあります。放置していると歯が削れたり、折れたり、割れたり、歯周病悪化の原因になることもあります。また、治療後の差し歯が破損したり、詰め物が脱落することもあります。単なるくせでは済まず、治療が必要なことも多いです。特に、近ごろ人気が高いセラミックスを使った歯は、天然の歯や金属に比べてもろいので、注意が必要です。

睡眠中の歯ぎしりの対策方法

治療方法

睡眠時にマウスピース(スプリント)を装着するという方法があります。歯科で樹脂製の歯科用マウスピースを作製できますので、かかりつけの歯科医に相談してみてください。歯を擦り合わせることで起こる歯やかぶせ物、詰め物の摩耗を防いだり、歯にかかる力を分散させて歯の負担を軽減することは可能です。マウスピースは数カ月に1回のメンテナンスが必要ですが、健康保険が適用されるので、3割負担の場合、6,000円程度でつくることができます。

歯ぎしりの対策方法

ストレスを抑え、生活習慣を見直すことで睡眠が安定し、予防できる可能性があります。

意識してリラックスする
就寝前はリラックスタイムをとって、自分の好きなことを楽しんでください。 また顎や頬の筋肉をよく揉みほぐすようにマッサージをして、筋肉をリラックスさせると良いでしょう。

枕を替える
枕を見直してみましょう。枕を低くして、枕の上に首の付け根までのせ、上を向いた姿勢で寝るようにすると効果的です。

日中も意識する
昼間、歯と歯を噛みしめていると気が付いた時は、深呼吸をするようにしましょう。また、日常生活でなるべく笑うように心がけるとよいです。そうすることで歯と歯の接触が少なくなります。

まとめ:睡眠中の歯ぎしりの原因と対策

歯ぎしりは歯や歯茎、顎などに負担がかかり、体の至る所に影響が出やすくなります。噛み合わせ、ストレス、飲酒や喫煙などが原因だと考えられます。対策方法をおさらいしておきましょう。

  • 意識してリラックスする
  • 枕を替える
  • 日中も意識する

単なるくせでは済まなくなる前に、意識して治してくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment