睡眠時間を限界まで削ってはいけない理由と睡眠時間を確保する方法

眠い猫

睡眠を全く摂らないという状態には限界があります。その限界は人それぞれ異なりますが、睡眠不足が体の限界を超えると、集中力が無くなり、大きな事故を起こしてしまう危険があるでしょう。また、過度の睡眠不足は精神に異常をきたす、ということがあります。ですから、限界まで睡眠時間を削って、仕事や勉強を行なうのは望ましくないでしょう。

睡眠というのは自分の体を充電するために大切なことです。携帯電話やノートパソコンなどの電子機器も、電力が無くなってしまうなら正常に動かなくなってしまいます。とはいえ、よほどのことがない限り、限界ギリギリまで充電しないということはありえないのではないでしょうか?もしそのようなことをするなら、突然電源が落ちて大切なデータが消えてしまうことがあるかもしれません。

同じように私たちの体も、睡眠によって体力を充電する必要があります。体力を限界ギリギリまで使い切ってから充電するのではなく、ある程度余力を残した状態で充電することが必要です。そうしないと突然眠気に勝てなくなり、大きな事故を起こしてしまうかもしれません。

限界まで睡眠不足にならないように注意する必要があるでしょう。では、睡眠時間を削って自分を限界まで追い込まないようにするためにどのようなことを意識する必要があるのでしょうか?この記事ではその点を幾つかご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

睡眠を限界まで削らないようにするために意識すること

オフィス男

「自分は2,3日寝なくても大丈夫」と思っている人もいるかもしれませんが、実は睡眠不足が限界を超えており、予期していなかった時にその付けが回る、ということがあるかもしれません。では、限界まで睡眠不足にならないようにするためにどのようなことを意識する必要があるのでしょうか?ご紹介してみたいと思います。

限界まで睡眠不足にならないようにするために大切なことその1:計画を立てる

仕事や勉強で睡眠不足になる場合には、計画がしっかり立てられていないことが原因かもしれません。仕事の要領が悪いと、たくさん仕事をしているのもかかわらずなかなか仕事が終わらず、睡眠時間を限界まで削ることになるかもしれません。また勉強の計画を立てることができていない場合も同じことが言えます。

しっかり計画を立てることを習慣にするなら、限界まで睡眠時間を削ることを避けることができるでしょう。

限界まで睡眠不足にならないようにするために大切なことその2:断る勇気を持つ

無理な予定は睡眠時間を削る原因となります。遊びに誘われる、仕事の依頼を受けた、という場合、自分の睡眠時間を安易に削って行なおうとするかもしれません。しかし、限界まで睡眠時間を削って遊ぶなら、疲れ果ててしまい楽しむことができないことでしょう。また、睡眠時間を限界まで削って仕事をしても、質の良い仕事を行なうことはできません。

睡眠時間を限界まで削らなければならないような予定を断ることができる勇気を持つことが大切です。

限界まで睡眠不足にならないようにするために大切なことその3:時間を見つけて仮眠

限界まで睡眠不足にならないようにするために、可能であれば仮眠をすることができます。昼に軽く仮眠を摂るなら、午後の仕事に集中することができるでしょう。限界まで睡眠不足にならないようにするためには、夜しっかり眠ることが大切です。しかしそれに加えて仮眠をするように心がけることも、限界まで睡眠不足にならないようにするために役立ちます。

昼食後に15分くらいの仮眠を摂るのが効果的だと言われています。また午後の3時過ぎに仮眠を摂るなら、夜眠れなくなることがあるので注意しましょう。

限界まで睡眠不足にならないようにするために大切なことその4:寝る時間を決める

「もう少し、もう少し」と睡眠時間を削って作業しているなら、知らないうちに睡眠不足の限界に到達してしまうかもしれません。このようなことが頻繁にあるなら、慢性的な睡眠不足になってしまうことでしょう。何時には必ず寝て、何時には必ず起きる、という予定を立てておくなら、限界まで睡眠不足になることを避けることができるでしょう。

誰でもできる! 「睡眠の法則」超活用法
菅原 洋平
自由国民社
売り上げランキング: 7,149

まとめ:意識して、限界まで睡眠を削らないように注意しましょう

この記事では、睡眠時間を限界まで削ることが良くない理由と、睡眠時間を限界まで削らないようにするために大切な事柄を幾つかご紹介致しました。参考にしていただけたでしょうか?

睡眠は人間の体力を充電するために大切なものです。それを限界まで削るなら、質の良い作業を行なうことはできないことでしょう。意識して睡眠時間をしっかり確保し、限界まで睡眠時間を削ることがないように注意しましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment